16-11-15(2016年 第55号)   
1 丸の内朝飯会の3人が来宅     11/08 2 日比谷図書館と国会図書館     11/09
3 岡本太郎美術館と生田緑地     11/10 4 歯科医へ         11/10、11/15
5 川柳句会             11/11 6 雑談会             11/13 

⦿丸の内朝飯会の3人が来宅 11/8 
   
         撮影:田中真知子               撮影:市原 実
千葉県から市原さんと吉田さんが、埼玉県から田中さんが来宅。遠いところを恐縮した。12時から4時まで。市原さんのメールに「あっという間に過ぎました」とあったが、楽しいおしゃべりができた。私は酔って、何だかデカいことも言ったよう。そしてケロリと忘れている。

市原さんは立派なアルバムを作って持ってきてくれた。ファイルの背中に「丸の内朝飯会と阿部審也さん」とあって、大いに照れた。懐かしいスナップがたくさんあった。金子兜太の新聞切り抜き、氏が大学教授を務めた地・長崎の記念の酒やワイン、ビネガーなど。
吉田さんは講演のレジュメ「世界古代史入門」のほか、「世紀の遺書」のコピー17枚、文春文庫「巻頭随筆」2冊、新潮文庫「ドストエフスキーの人間力」(齋藤孝著)、加えて酒の肴数種など。田中さんは刺身と寿司を買ってきてくれた。皆さんから沢山いただいてしまった。
私はそれらをテーブルに並べればいい。そして、せっせと食べかつ飲んだ。
話題には事欠かない。充実の午後。

なお、市原さんが事務局次長を務める「日本で最も美しい村」連合の「観光物産展2016」が17日・18日、日本橋プラザイベントスペースで開かれる(加盟する長野県などの名産品展)。

⦿日比谷図書館と国会図書館 11/9
借りていた本を返しに日比谷へ、新しく利用するため国会図書館へ行った。日比谷の貸出券、国会の登録利用者カードの手続きが済み、どちらも直ぐ利用できるようになった。

国会図書館は何をするにもカードとパスワードが必要で、パソコンが使えないと本の検索もコピー依頼もできない。また、本が出て来るにも、コピーにも、20分ほど時間がかかる。
待つ間、中をあちこち歩き回った。ほとんどの机はパソコン用で、読書机は少ない(別に閲覧室があるらしい)。

早速上記「世紀の遺書」の実物を見、少し読み、試みに少しばかりコピーを頼んでみた。昔のある時期、せっせと通い、主に「一休」の史料をコピーした。コピー代は当時より値下がりしていた。
一段落と理由をつけ、帰途、近くの居酒屋で焼鳥で一杯やってきた。

⦿岡本太郎美術館と生田緑地 11/10 

小田急線登戸の隣り駅が向ケ丘遊園で、そこから歩いて15分程で生田緑地。その中に岡本太郎美術館などがある。緑地と言っても山あり巨木の林ありで、コースによって、坂を上ったり、木製の急な階段を降りたりする。

美術館はいい場所にあった。なかなかに贅沢な感。私立かと思ったら市立だった。太郎の寄贈による設立のよう。高さ30㍍のシンボルタワー「母の塔」はいい。ぐるりと回って楽しんだ。

←↓シンボルタワー「母の塔」(屋外彫刻)  ↓吹抜けにある「女」
  


常設展から見た。遊び心というのか、所々に太郎の人形がある。テレビ画面で何かしゃべっている。悪趣味だろう。アイデア溢れる作品だけでいい。で、人形太郎に向かって、拳骨で殴りかかろうとする私を撮ってもらったが、人形自体が嫌いなので、掲載しないことにした。バックのやや官能的なレリーフはいい。
      太郎人形とレリーフ ? →
「坐ることを拒否する椅子」があるコーナーも、坐っていいし撮影もオーケー。これまで写真で見ただけだったので、実際に坐って、拒否されてみた。おもしろいと取るか否かは人による。

企画展「震災≪明日の神話≫」も見た。CGを使った福島原発の巨大な作品は「原発(ママ)」とタイトルされていた。絵画では大学生グループの作品「方舟計画」が200号か300号か、これも大きい作品。また、大きい模造紙にクレヨンなどで描かれた子供たちの落書き風の絵が壁一面、天井まで貼り付けられていて、意味もなく明るかった。天真というものか。

太郎の本を2冊買った。いつ読むか当てもないのに、そう分かっているのに、調子のいい爺は癖が治らない(「日本の伝統―縄文の美」と「沖縄文化論―忘れられた日本」)。調子に乗ったついでに太郎のマグカップも買った。

急階段を降りて美術館に行き、帰りは林を抜けて広場に出た。
 
⦿歯科医へ 11/10 11/15
生田緑地から戻り、その足で近くの歯科医へ行ってクリーニング―欠損部分の手入れとか―をしてきた。あと何回かあるらしい。院長と近くの居酒屋の話などをした。

次に行ったとき、院長も看護師も焼鳥屋のことを覚えていて、治療の前に少しおしゃべり。看護師(歯科技工士 ?)が「この近くの焼き鳥屋さんは美味しいか」と訊くので、「いやぁ、普通だね、美味しいところは、遠いけど根岸だね」と答えた。歯のクリーニングも終わり、次回は3か月後。

⦿朝柳会句会 11/11  レストラン「レインボー」 世界貿易センタービル39F
3か月に一度の句会。今回はまとめ役なので、会場で集計作業。その結果を基に鑑賞、批評などのやりとりと先生の講評。
投票結果一覧と句会の様子は「まとめ」として書き、メールに添付して送信した(11/14)。この作業は私のパソコン操作の限界に近い。

⦿雑談会 11/13 銀座7丁目ライオン
定刻ぴったりに3人が揃った。私は黒生をしこたま飲んだ。大橋さんもほぼ付き合ってくれた。食べるほうは各人とも大体例月通り(私はフライドポテトと塩えんどう。今回はみんなでサイコロステーキなど)。

・氏のバルト3国の旅を聞いた。複雑な歴史を私はまるで知らない。田中さんは地図で調べてきた。場所だけだと笑っていたが。
ソ連の「占領50年」は大きかった…。そこから社会主義(国)のその後のことになり、発展して中国の国家体制・経済システムを何と称していいのか、資本主義の次はあるのか、となった。トランプは話にならなかった。

・次には日本に革命はなかったのか、なんてことを私が言い出した。
まずは革命とは何かの定義から考えなければならない。ソ連は革命を目指し起こしたが、他国で結果的に革命的な変化をもたらしたいろいろな「革命」も革命と言えるのか、となると私は分らなくなる。

「革命としての応仁の乱」の小見出しを付けたキーンとの対談で、司馬遼太郎は、自然発生的な革命戦争としたが、はっきり「革命」とは言っていない。
も1つ、明治維新についての論争(結論)はどうだったっけと、私はだらしがない。王政復古と尊王攘夷といった主張、行動、思想転換などの経緯もきちんと頭に入っていない。日本の天皇制がむずかしいと思ってしまう。

これからの世界の問題は「神、国家、貨幣=3K」からの解放という言葉にショックを受けた。知らなかった。

・死刑制度廃止運動の活動家がアメリカで調査した詳しい現状の講演記録を、氏から借りて読んでいたので、その話へ。
日米の違い、殊に情報公開の著しい遅れなど。たまたま11日、日本で死刑を執行した記事が出たが、そこでも情報公開の必要性が強調されていた。
つれて、裁判関係のあれこれへ。検察官と弁護士のやりとり、陪審制度、裁判員制度、氏が関わった訴訟のこと、私が証人として公判廷に出た経験、アメリカの裁判映画(「12人の怒れる男」「陽の当たる場所」)など。

・氏が見た展覧会「禅―心をかたちに」(国立博物館平成館)から、その内容のあれこれ。氏の座禅体験、臨済禅と曹洞禅、私は田中さんと見た仙厓展のことなど。

・俳句と川柳については、氏は両方に堪能で、レベルが高い。11日に丸の内朝飯会の「朝柳会」句会で一緒したばかり。
私はその日の「朝日俳壇」を持参し、金子兜太選と稲畑汀子選の違いなどについても話した。氏は兜太が選ぶような句はつくらない、汀子選のほうが近いという(それほど簡単な言い方ではないが)。私は今日の稲畑選はいいと思うと言った(例外的かも)。

・雑談だから話題は飛び跳ねる。お互いの日比谷図書館や千代田図書館利用のこと、飛行機のアルコールサービス、バルト3国やイタリアの自動販売機のこと、氏のエッセー集「管見千字」のことなど、際限がない。
                                 おわり

   
     明治神宮の杜(10/25付「稲城だより」参照)  「大人の休日倶楽部」11月号から転載

                 
TOPへ戻る