16-11-05(2016年 第54号)  
儚儚老随筆第13号(11/4付)に書いたことだが、加藤陽子の著書2冊は私の学習書にしたい本となり、紹介も書評もできなかった。ここで、とってもいい本だからお勧めします、と断わり、お仕舞いに…。

⦿「十四代」を飲む 10/29 居酒屋さくら 神泉 
念願の日本酒を飲んだ。小振りのグラス1杯が3千円。
一升瓶などでは買えないから、居酒屋で安く飲むことを考えていた。
1年以上も前、函館で日本酒通として知られる山田先生に紹介してもらっていたが、なかなか行くチャンスがなかった。
その夜、ハロウィーンでにぎわう―混雑する―渋谷ハチ公前を避け、隣りの神泉駅で待ち合わせ、マイムの佐々木さんとMさんと3人で、初めての店に出かけた。歩いて2分。

神経を集中し味覚を確かめ…。うーん。うまい。ちがうなぁ。もうひと口…。さすがだ。いくらでも飲めそう。こりゃ、困った。

比べてみようと、次は「ばくれん」、次はお店でいちばん安い800円の酒2杯。そして、5杯目にまた十四代。いくらでも飲めそう。こりゃ、また、困った(ほかの酒が飲めなくなる)。

おかずがまたどれも旨い。
10人も入ればいっぱいになる馬蹄形のカウンターの上に、すぐ食べられる手作り料理がずらりと並んでいる。いまは女将さん1人で切り盛りしている老舗。

全体に家庭料理風。ピーナッツ味噌、蓮根とこんにゃく煮、キーマカレー、ブロッコリー、ポテトサラダ、砂肝・レバ、たくあんとがっこ漬、玉子焼きetc.
よく食べたが、まだほんの一部(ほかにゴボウの煮物、枝豆と高菜の和えものなどいろいろ)。

40年以上もやっている女将さんが絶妙のあしらい、というのだろう、ごく自然に楽しくさせてくれるのだった。おしゃべりでもなく寡黙でもなく。何でもすぐ通じるとでも言おうか。居心地がいい。気に入ってしまった。冨田勲や小林亜星らが顧客だったとか。

おしゃべりは、佐々木さんのマイムを動画=映画に記録することを考えようという提案になった。本人も乗り気と見た。まだ海のものとも山のものとも言えないが、氏の代表作は映像として遺したいと思う。カメラマン―パーソン!?―兼監督を探さなくてはいけない。当てもないが。

⦿「鳥茂」の焼き鳥を食べる 11/4 入谷 柳通り
念願の焼き鳥を食べた。30年以上も前、近くに住むOさんに紹介されて食べたのが始まり。職場の連中とカウンターや、ときには2階座敷で宴会をやったこともある。

肉がいい。仕入がいい。だから、どれも旨い。値段を言えば、大串で1本440円するが、焼いてから縦半分に切るから1本220円の計算でいい。肉がいいだけに、安い。
ピーマンも肉詰め。ねぎまももちろん肉が挟まっている。肉の串以外何もない。

2本ずつ5種類を注文。Mさんと2人で食べきれるかと思ったら、足りなくなって追加。絶品は消化もいいか。ジョッキ2、酒300ml。旨い焼き鳥を堪能できる小さな焼鳥屋さん。

⦿飛鳥山公園 11/4
王子駅南口を出て階段を登ればもう公園。線路伝いに林が続き、反対側の一段低いところは運動・遊びの広場。花見どきは賑わうが、いまは静か。
巨木が多く、巨石も目についた。林を往復し、広場も歩いた。
私は巨木も巨石も好きらしい。いつからだろう。トンと見当がつかない。
  
噴水は止まっていた。水場? にも水がなかった。紙の博物館は振替休日。
で、区立博物館で「滝野川反射炉展」を見た。函館の五稜郭を築造した武田斐三郎の滝野川大砲製造所建設の説明パネルがあった。併催の「岩田専太郎と挿絵画家たち展」も見た。中一弥の挿絵などがあった。係員みんなの愛想がよかった。
渋沢資料館、青淵文庫辺りを眺め、ぶらついた。それから古河庭園に行った。

⦿旧古河庭園(都立) 11/4
秋薔薇にはやや遅かったか。それでも美しい。庭全体がとてもいい。
  

   

心字池の奥に枯滝の大きい石組みがあった(飛鳥山公園の噴水の脇の石組みは水枯れだろうが…)。池の石橋も立派な石2枚の組み合わせ。
いろいろな材料がよく吟味されている。贅沢だ。よほど儲けたのではないかと憶測。貧乏人のひがみ。灯籠も大きく立派 ↓
  
 ↓ 崩れそうで崩れない石積みとか。なるほど巨石が傾いている…。

歩いて王子に戻った。外出は歩く日でもある。
飛鳥山公園下に都電が走っていた。王子駅前という「停車場」に行き、先に来たほうに乗ることにした。早稲田行きは間に合わなかったので、三ノ輪へ行った。前方に見える線路が真っ直ぐなことを知った。初めて乗るコース。

終点で降り、長いアーケードの商店街「ジョイフル三ノ輪」をぶらついた。
お茶の老舗「大佐和」で焼きのりを買い、専門店「増英」でさつま揚げを買った。歩きながら食べるパンと水を買った。焼きたての焼き鳥も店先にずらりと並んでいたが、これから焼鳥屋へ行くのだから食べるわけにいかない。

下町情緒と言っていいのか、いや、簡単に片づけないほうがいいだろう。ただ、どの店の人も明るく元気だった。

アーケードの中ほどに銭湯「大勝湯」があったので入ることにした。都電も湯も、行き当たりばったりの散歩。タオルを借り、泡の出る浴槽にぼんやり浸かった。

地下鉄路線図を見たら入谷は隣り駅。知らなかった。逆方向の早稲田行きに乗らないでよかった。それから入谷の「鳥茂」へ行った次第。

       ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇

「新聞遊び」は儚儚老随筆に載せたり稲城だよりに回したりして無原則。それをいいことに、今日もここで一つ遊びをさせてもらおう。「政府も日銀も」となろうか。

「政府は10月の月例経済報告で、前月に続き『景気はこのところ弱さもみられるが、回復基調が続いている』との判断を示した。しかし何か空しさを覚える。実際…景気回復の形にはなっていない」「一般家計は苦しい。…将来不安がさらに高まる悪循環となる」(コラム「経済気象台」11/5 朝日)。
 ―空空しい、空しい、と空の字を3回続けたくなるほど。

「東証1部の売買代金は…アベノミクス以降、最低水準に落ち込んでいます」「市場関係者が閑散市場の元凶と口をそろえるのが日本銀行による株の大量購入です」「…機関投資家は株価の適正水準を判断できなくなり、日本株を敬遠するようになりました」「市場に安定感をもたらしていることは確か」だが「それと引き換えに…その機能を低下させ、勢いを失って」いるという。「日本株は開店休業ですよ―」(コラム「東洋経済の眼」11/5 朝日)。
 ―人為的な株価支えは結局は…、となるのではないか。        おわり

              TOPへ戻る