16-10-31(2016年 第53号)  
⦿浜離宮恩賜庭園 10/26
広々としていい庭だが、高層ビルに囲まれてしまった。「都心の自然」もサマ変わりのところが多い。
海から入れる池の水もきれいとは言えない。それでもいい庭だから、切ない。
一筆書きのような廻り方でなく、ところどころはなぞってゆっくり歩いた。客は西欧人が多かった。中国人は1人も? 見なかった。
        
              汐入の池  借景ではなく邪魔物か
  
                後ろのビルはどうにもならない 
  
←「300年松」の幹

木蔭に置かれたここかしこのベンチで本を読んだりおしゃべりしている人。広さがもたらすゆとりだろう。
3人連れのおばさんの1人が声高にしゃべるのが耳に障るくらい静か。

休憩所では銘々が持参した弁当を広げていた。凝った弁当箱があった。
新郎新婦を超望遠レンズで遠くから写しているカメラパーソンがいた。

汐留駅から庭園までの短い距離を工事のためうんと遠回りさせていたが、不自由を強い、恣に遮るその工事が済んだら、また行ってもいいところ。65歳以上150円(半額)。

⦿篠山紀信展「快楽の館」 10/26 原美術館
つまらなかった、ので、かえってよかった。というのは、メディアの宣伝記事や本人のご挨拶の「お見逃し無く」などに、もっともらしい芸術論が混じっていたが、実際はそうではない普通のヌード写真展だったので、ナーンダと納得したから。言ってしまえばコケオドシ。会場はガラガラと言っていい入り。

モデルの何人かはたしかにいい体を持っていた。一番は、片足を真っ直ぐ上まで上げた裸女のぷりぷりの尻。鍛えられ、締まった上でふくらみを持った…。あれには壇蜜も敵わなかった。女体美の表現は際限なく深い!? 
私は氏の婦人公論の表紙写真のほうが、その人らしい美しさを抽き出していて、よほどいいと思っている。 70歳以上550円(半額)。

後味がよくなかったので、品川駅のスタンドバーでひと休みのあと(ビール1)、新橋烏森に出、神社にお参り。      烏森神社

それから飲み屋街をぐるぐる回って昔を懐かしんだ。明るいうちから開いていた居酒屋(看板に「朝から朝まで」!)で焼鳥4、5本とビール2。Mさんは昼にインドカレーを食べたのでもつ焼き1本だけ。私は昼にも2杯+1、計5杯。                                 
帰りの電車も立ったまま。で、前号と同じ川柳を。「席譲る習慣ない都市大東京」。

⦿虎の門病院と日比谷図書館 10/27
3か月前のx線結果を訊くために出かけた。PET検査で癌がないことは判ったが、胸水の減りようが気になっていた。写真を見て医師は、減っていて、心臓も少し縮小(肥大気味だった)していると言った。よくなっている、と。私は殊勝に、お陰さまで、ありがとうございますと答えた。やはりうれしくなるものだった。
診察待ちの人が大勢いたが、なぜか、全然待たずに診てもらった。次回はなんと6か月後。胸水が溜まった原因が分からないから、ということで。
 
映画館から出てきたMさんと落ち合い、銀座煉瓦亭で遅い昼飯。彼女が見たのはピアニストの映画とか(「シーモアさんと大人のための人生入門」。その夜のメールによると、「好きだからやっている。アマチュア音楽家でありたい、と言っていた。分析はいらない、とにかくその音楽の美しさにそのまま浸ればいいんだよ」と。また、私のやった曲がたくさん出てきて「わぁー、私は全然音が聴けていない!」と恥ずかしくなったけれど、もう一度練習し直そう、という気にもなった。良い刺激になった」とあった)。

☆日比谷公園・公会堂・図書館
それから日比谷公園に行った。ほとんど変わっていないと思ったが、記憶がないほどご無沙汰していた。最初に行ったのは昭和で言えば31年の憲法記念日。お花畑で待ち合わせた。それが高校報道部OBの「つばき会」発足の日だったと思う。花壇の前で顔合わせ。卒業後4年、22歳、いや、21歳か。

池の石の上の亀は置物だろうが、望遠レンズを向けて動くのを待っているかのような人がいた。近ごろそういう大型老写真家! が目につく。

花壇の周りのベンチは日向ぼっこの老人たちが占めていたが、娘さんもいた。夜勤とか非正規の人もいるのだろう。年金暮らしの私もひと休み。それから木立ちの中などあちこちぶらぶら。
なにやらのイベントがあったが、私には公園のムード壊しとしか思えない。

公会堂を見てまた昔を思ったが、省略しよう(改修工事のため閉館中)。図書館の思い出も省略。いまは「千代田区立日比谷図書文化館」という。

常設展を見、読みたかった本を検索し、在りかを教えてもらい、貸出券を申し込み、早速1冊借りてきた(「完本池波正太郎大成24」)。

  

  
                                     おわり
                 TOPへ戻る