16-10-25(2016年 第52号) 
◎高校同期2人来宅 10/21 
1人は鎌ヶ谷からだが、1時間強で来られたという。(首都圏の交通網はたしかに発達している)
駅に近いスーパーで刺身・寿司などを買って3人でランチ会。取り合わせは悪かったが、私の作った牛すじの煮込みも食べてもらった。

70年に及ぶ付き合いだから貴重な友だち。昭和で言うと21年、敗戦の翌年(1946)、中学1年からだから長い。ひとりのO(呼び捨て)は、疎開先のわが家の五右衛門風呂に入ったことを憶えていた。もう1人のOは東武日光線の隣り駅の村に、やはり、疎開していて、同じ電車で栃木市まで、6年間も通学した間柄。(―懐旧談はチラッと挟まるだけだった―)。

狭いマンションのテーブルで、いきなり私が言った。「世界はどうなるんだ」。2人とも取り合わない。次は「日本はどうなるんだ」。どちらも苦笑い。それで病気比べなどしないで済んだかもしれないが…。あとはおしゃべり延々3時間余。

身近なところに「結婚しない、したくない、できない」男女がいるという。テーマとすれば、若者の貧困と結婚、少子高齢化となろうか。どれも大問題だが、政治家は将来を語ると落選するから考えない。次に当選するためだけの、例えば景気対策を唱える…。
物価を上げる金融策はインフレ期待ということか。庶民は喜ばない。政府・日銀の勘違い。

「資本主義の次はないのかね、世界はずっと資本主義でいくのかね」「経済学はいまどこにあるのかね」。かつての大学の経済学部教授に堂々と「吹っかけ」て苦笑させた。
グローバル時代とピケティの「20世紀の資本」も少し話題に。

電通の残業問題については、ビール会社の元部長がかつての夏季長期に亘る働きぶりを話してくれた。 
一々は書けないから、以下適当にまとめると「米大統領選挙支持率両者僅差のおかしさ」「プアホワイトの内情(闇)」。とうとう世界一の大国アメリカに(女)大統領か。当選の日のヒラリー評価が見もの・読みものだね。

それにしても日本の(女)防衛大臣のあの逃げ言葉は何だろう。代弁すると「立場上いまはウソをつくしかないのです」となろうか。特に政権側の言葉の軽さはもう…。「日本の形式民主主義は民主主義そのものの揺らぎ」。

小泉元首相の原発論は、いいことを言っている。しかし、在任中にやったことが悪すぎて、まだ水面に出ていない―総合点はマイナス。プラスになるかね。

「イスラム型新戦争」による空爆・誤爆!?で破壊される遺産。ヨーロッパ大陸に築き上げてきた文明とその遺産。戦争=破壊と文明・文化創造の繰り返し。
それをユーラシア大陸世界にまで広げるとどうなるか。この戦争の成り行き次第で「イスラム戦争型遺産破壊」となるか。戦後の創造はあるか。

日本の内乱も出てきた。応仁の乱。司馬遼太郎の対談集のことが出、ドナルド・キーンとの「日本人と日本文化」にも少し触れた。革命という見出しがある。キーンの学識と読みやすい名文のことにも及んだ。

それにしても、物資欠乏時代の中学・高校教育のお粗末さは大したもの! と嘆いても始まらない。にも関わらずなお頑張っている向学心、勉学の実績!?をここで高らかに―これは阿部のホラ。 

明治神宮の杜  10/24
都心の自然を見て歩こうと、今回は明治神宮へ。入場料を払って御苑をぐるぐる歩いた。それからただの本殿、神楽殿などをぶらついた。総面積70万㎡。巨木の多い神宮の森は深かった。写真にならない杜の中の散歩が一番だった。ドングリを幾つか拾った。

平日の午前だったが、内外の観光客がいっぱい。おどろく。若い人が独りでのんびり歩いていたりする。数人のグループはあったが団体ツアーはなさそう。

   
       本殿左側の大木               本殿右側の大木
   
        菖蒲田と四阿                隔雲亭と盆栽    
清正の井戸は滾々と湧き出ていた。透明な水だった。一人ひとり敷石の脇に進み、同じところから写真を撮るのが、儀式のようでおかしかった。私もその一人!
 ←清正井

原宿の竹下通りを少し歩き、欅並木の表参道辺りを歩いた。どちらも私などお呼びでない、私に言わせれば面白味のない、ただの商店街。変わったものだ。

新宿南口に行き、大型文具店で腕時計の鎖を調節してもらい(無料)、日記用ノート、名刺用紙やノック式蛍光ペンを買い、隣りのデパートレストラン街で寿司を食べた。Mさんの食欲は旺盛。私もペロリの上、ビール2、日本酒1(奥播磨―私向きか)。

帰りの電車も立ったまま。目の前の優先席に娘さん。私の川柳―「席譲る習慣ない都市大東京」。
                                     おわり
                  TOPへ戻る