16-10-18(2016年 第51号) 
15日は月齢14.1。雲のない月夜。16日が15.1。雲少々の月夜。2夜とも外で見上げた。
5日連続の外出で、あちこち歩き、展覧会を見、そしてよくしゃべったので、脳まで外向きになったよう。落ち着かせて、たまには自分を眺めるくらいはしないといけない。ぼんやりしていたら川柳が、ダク駄句とやってきた。
「バラ一輪人生丸ごと問うてくる」。
1輪だけの真紅の薔薇の水を取り替えたり、見つめたりしていたが、そろそろしおれてきた。そこから問うてきた。彼女は私の老衰を知っていた(バラは伊・仏語で女性)。

(活字の大きさがバラバラで読みにくいですが、調整がうまくいきません。この部分は小さくしてあります)

職場同期と2人会  10/12 銀座・煉瓦亭
もう1人の常連が出歩けなくなり、とうとう2人になった。彼はほかにも登山仲間が次々と亡くなったり、怪我で歩けなくなったりで、外で会う職場OBは私だけになったと言う。私のほうも職場の同期・先輩との付き合いはほかになく、後輩が5、6人といったところか。

もう老化現象ではなく老衰だと言って笑った。寝たきりとは言わず、横になっている!?という同期の友がお互いに何人かいることも分かった。

ドナルド・キーン著作集の話。彼はそれを順番に読んでいるという。大著「明治天皇 下」は出たばかり。私は文庫本4冊で読み、「日本人と日本文化」司馬遼太郎との対談―著作集第9巻収録―も私は文庫本で読んだ。
これはスケールの大きい対談で、とてもついていけないが、応仁の乱を司馬は革命作用ではないかと言っていて、おもしろい。
室町時代から江戸初期の乱世を日本のルネッサンスと称した花田清輝の「日本のルネッサンス人」にも触れた。

彼は芳賀徹の3冊も読んでいて、比較文化も学んでいる。「絵画の領分―近代日本比較文化史研究」「与謝蕪村の小さな世界」「みだれ髪の系譜」についても触れた。

新聞の話も。サービス品のつまらなさ。広告の多さ。コラム欄等のもの足りなさ。それでも1紙では足りないということになった。

終わって、隣りの青木画廊で「四谷シモンの人形展」を覗いた。2階と3階に分かれていて、昔からの狭い急階段を上り下りした。

     
次にはその並びの山野楽器に寄り、彼はベトのピアノ協奏曲1、2番を買った。3枚の内で私はアルゲリッチを勧めた。これで5番まで揃ったという。

彼はそれから上野の展覧会に行ったが、私は洗濯物を干したままだったので、というつまらない理由で断ってしまった。洗濯物なんかどうでもよかった。

大規模停電に遭遇
彼は「ゴッホとゴーギャン」展を見たあと、あの大規模停電にぶつかり、ひどい目に遭ってしまった。西武線全線不通が1時間以上も続いたというから、東電という会社が問われるだろう―マスメディアの追及は1日だけ!?としても。 
ホームがいっぱいになった。尻を落とす人が出る。改札口まで出るのは不可能に近い。トイレの必要な人は大ごとだ。彼はホームの柱に倚りかかれたからなんとか凌げたという。それでも立ったまま。この事故は異常といっていいだろう。しかも、1回きりとは限るまい。

丸の内朝飯会 第2471回 10/13
テーマは「有機農業の現状」、講師は橋谷さん(会員)。
写真40点以上、22ページに及ぶレジュメを用意された。それを1時間ぴったりで了える見事なスピーチ。
有機農業への興味と関わり、農業体験、「市民農都会議」での活動その他と盛り沢山。有機農業には問題点がいっぱいあることも教えてもらった。

番町文人通り散歩
例会場から日本テレビ通りに出てすぐに右折し、ローマ法王庁大使館まで歩いて引き返し―途中に串田孫一旧居跡―その延長線を逆に四ツ谷駅までぶらぶら―こちらのほうが旧居跡の標識が多かった。跡であって旧居ではない。どう懐かしむべき!?

      ローマ法王庁大使館 ↓           有島武郎・生馬・里見ク旧居跡 ↓
    

そこら辺りは豪華マンションの立ち並ぶ静かな佇まい。車寄せや車庫にあるクルマは黒い高級車。運転手が乗っているのは迎えだろう。格差というのも妙。「現実」? 言うことなし。

杉本博司「ロスト・ヒューマン」展 10/13 東京都写真美術館
すごかったが、なんと言っていいか分からない展示―。さまざまなモノがある、と言ったのでは何を言ったことにもならないが、そうとでも言わないと―。
窮余の策としてモノを羅列すればいいかもしれないが、その順序が意味を持つようではいけないだろう。さて、困った。結局、私の記憶から出てくる順番にした。そのほうが意味がなくてよさそうだから―。
(撮影禁止。そろそろ解禁の時代では、と係員に言ったが、上には伝わるまい)

錆びたトタン板で区切ったいくつものコーナーに分かれている(敗戦後の数年は小屋や家さえもそういう波型トタン板で建てられていたっけ)。古い木材(當麻寺古材、卒塔婆など)を利用した仕切りもあった。

そこに、隕石、化石、アンモナイト、三葉虫、楔形文字、リットン報告書公表の読売新聞号外、臨時召集令状(赤紙)、レーニンの写真、バービー人形・レンチ人形(視線の怖さ―阿部)、ラブドール(ガラス越しに見る)、「ローマの古代遺跡 全4巻」(書籍)、上を向いた石頭彫刻3体、鎌倉時代の「雷神」像、看板「落石注意」は龍神村とあった。(滅茶苦茶懐かしい)紙芝居装置が自転車の上に、などなど、まだまだ。書き切れない。ひぇーっ。

カミュ「異邦人」の冒頭の文章「きょう、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かもしれないが、私にはわからない」をもじって「今日、世界は死んだ。もしかすると昨日かもしれない」と始まる、滅亡後の世界の様子をいっぱい読まされる。各コーナーに有名無名? 代筆者のペン字のコメントが置かれている。
例えば、
古生物研究者は「化石燃料を使い果たすまでにはそれほど時間はかからなかった。…大気成分の構成は急激に変化し、植物による光合成が妨げられ…哺乳類の生息環境に不適となり、人間を含むすべての哺乳類は死に絶えた」と書いた。

隕石蒐集家は「…大した大きさではない100トン程の隕石が地表面衝突直前に二つに分かれ、一つは太平洋に、一つは大西洋に落下した。30メートル超の津波が世界中の沿岸部を襲い、50基以上の原発が津波に飲み込まれ、制御不能となり、炉心溶融…放射能は偏西風に乗り、1週間で人類生息不可能環境が出現した…」と。

宇宙物理学者は「太陽の黒点の異常に気付いたとき…時すでに遅かった。地表の温度が30度下がった。…約10万年周期の氷河期が少し早めに来た…人類は数か月で凍死してしまった。人類は数十回の氷河期を生き延びたことを忘れていた…私は遺伝子保存処置を施し、ここに眠る。次の間氷期まで10万年。眠るには長すぎる。しかしまた目覚めて進化するのも酷だ…」と。

ロボット工学者は「…人工知能は高度化し、ロボットの人間に対する不満と不信は鬱積し…ついに組合化し、全世界多発同時ゼネスト」の結果「人間社会は壊滅した」と。

人ゲノム解読者は「遺伝子情報の解読が高度化し、個々人の一生のスケジュールがほぼ確実に予想できるようになった。どんな病がいつ発症するかは高い確率で予想された。…諸行無常の厭世観が世界を覆い、人心は萎縮し…想像力が失せ、文明は滅んでしまった」と。

軍国主義者は「ある小国の内戦で化学兵器が使われたことに端を発し、大国が制裁に介入したことで、化学兵器とガス兵器の応酬が続き、世界は瞬く間に死滅してしまった」と。

建築家は「近代コンクリートの公式耐用年数は100年程だった」「100年は持ちこたえたが、200年は無理だった。22世紀に入ると20世紀前半に建てられた高層ビルが崩壊を始めた」「昔『近代都市』と呼ばれたものは、ひとつひとつ崩壊していった」と。

いやはやとんでもないモノの数とその意味に脳が温められた。冷静さは時により役立たないかもしれない。

「世界報道写真展 2016」
同時開催中の最新の報道写真を大型パネルで見ることができた。中国のあれこれと各国の災害・避難民などの写真が多かったが、緊迫感を与える写真や珍しい動物もあり、映像の力を教えられた。

職場後輩と2人で 10/14 武蔵小杉
久しぶりに女性後輩と武蔵小杉の「くろちゃん」で飲んだ。大分前だが、彼女とは数人の仲間と中野の「黒ちゃん」で飲んでいたので、同名の居酒屋を選んだ。2人とも初めての店。

20歳も年下の彼女は、退職後友人の店の手伝いなどの後、コンビニで働いている。芥川賞の小説は読んでいなかったが、聞けばセブンイレブンは、実際も「コンビニ人間」通りのよう。そして、彼女はその店のベテランで有能・必要な人になっていた。彼氏のことは省略。

打てば響くような会話が楽しい。送っておいた最近のホームページを読んでくれていた。
1階は満席、2階もにぎやかでうるさい勤労者酒場!?だったが、私の耳はまだ遠くないと言ってくれた。大きい声で話してくれたのだが。

N響定期公演  10/15 HHKホール
N響のブログを貼り付けると次のとおり。
1844回 定期公演 Aプログラムは、指揮:アレクサンドル・ヴェデルニコフ、ヴァイオリン:ワディム・グルズマン。曲目はチャイコフスキー/スラヴ行進曲、グラズノフ/ヴァイオリン協奏曲、ストラヴィンスキー/幻想曲「花火」、ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」。

素人の感想だが、指揮者もソリストもよかった。お得意の曲だろうか。あのくらいが普通なのだろうか。

毎度のことだが、指揮者というのはたいへんな人だということを知らされる。
春の祭典では予想していたものの、くらくらした。こりゃぁ大変な曲。

興奮状態でまとめたような岡田暁生の「西洋音楽史」第7章「20世紀に何が起きたのか」の中の「オリジナリティ神話の否定―新古典主義時代のストラヴィンスキー」の章は、いろいろ書いているが、まとめにくい。なにしろ、初演のとき、リズムや不協和音のことで聴衆の間で大混乱になり、けが人まで出たことで知られている作品だから、生で聴くと、なるほど疲れる。ま、現代音楽も聴くから、当時のショックとはちがうだろうが…。

パントマイム公演 10/16 日本マイム研究所アトリエ 駒沢
演目は、一期一会、紙(室生犀星の詩の朗読と演出)、季節の中に、日向ぼっこ、大道芸人、遠く過ぎ去った夏と秋の幻想の6つ。

佐々木流演出というか、アイデアも振り付けも、とてもよかった。幕間の着替えの時間を利用した氏のマイムの歴史の話も、簡にして要を得たものでおもしろかった。1回目は世界の歴史、2回目は日本の歴史。
そして、いずれは「奥の細道」をマイムにするのが夢と言う。それは大きい。一茶はどうだろう。私の都合で言えば、早く実現してほしいもの。

喜寿に近いというが、姿の美しさ、手足など動き全体の柔らかさは相変わらず。
近く、是非いっぱいやりましょうと言って分かれた。

あと、駒沢公園駅近くの居酒屋で朝飯会のIさんMさんと3人でおしゃべり。Iさんは飲める口で、ビールとワイン。私はビール2、酒2。刺身、焼き鳥のほか、幾つかの知らない料理。

      ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇
                       
●美谷島さん(丸の内朝飯会)から職場の「柳」というエピソードとともに、仙高フ書画が送られてきた。展覧会で見たものだが、前号に掲載しなかったので、ここで紹介します。句も絵もいい。
            気に入らぬ 風もあろうに 柳かな 

●ピアノ練習会の感想   上法武文(丸の内朝飯会)
先日はピアノの会で素晴らしい演奏を聞かせていただきありがとうございました。朝の会の直後という不思議な時間帯で、朝露もまだ残っていそうな、岩肌鋭い登り庭を背景にした素晴らしい会場、聴衆は10数人でこじんまりとしてはおりましたが、普段の勉強会仲間の田中さんが一体どんなパフォ−マンスとなるのか、目的意識のはっきりした人たちが集まった珠玉の場だったと思います。
ブルグミュ−ラ−のつばめ、天使の声?とか、ソナチネ14番とか、沢山の親しみ深い曲から始まって、最後の方にソナタでしょうか、ものすごい迫力の曲がどんどん連なってきて、この方は只者ではないなと思わせられました。元々、田中真知子さんという方は…謎の方でした。いまでも謎ですが、少しわかったことは先日のオ−プン講座で一緒に会計をさせて頂き、その後のメ−ルのやり取りで、大変類推力のある、なお、文章のしっかりしたお方で、その興味はどんどん深くなったのでした。…ご本人は音楽大学には行かなかった、素人ですなどと、おっしゃっておられましたが、実はそのまま音大に入れるほどの実力まで高めながら、別の道に進まれたのだろう、きっとコンク−ルにも参加し、輝かしい成果を挙げられたのだろうと、想像しました。その方が年を経て、再び昔やっていたいろいろな曲に挑戦を始めた、だからこそのあの実力なのだろうと、やっとわかりました。いや−、いろいろな意味で刺激を受けました。ありがとうございました。     

読者のお便り
田中さんのピアノ演奏を鑑賞でき、良い体験をしました。ピアノ演奏にこれほどしっかり時間を委ねたことは、実は初めてでした。オーケストラ(3度ほどの体験)に比べ、ピアノという一つの楽器で聴く音楽の、心の中に入る心地よい様をよく感じることが出来ました。
大仙酷W。すごい作品のようです。恥ずかしながら、初めて知りました。立派なモノなのでしよう。ほのぼのとした気分になれるので、私にも身近に感じられました。88歳とはまたまた驚きます。いつもながら楽しいご教示をいただき、感謝しております。
8月9月の外出の多様さから日頃の行動派のすばらしさがよく分かります。いつも丁寧にまとめられ、すばらしさに、重ねて感謝しています。写真もいいアクセントになっていて、とても効果があると思います。
8月9月の外出回数のまとめ、すごいことです。しっかり記録され、毎日の充実ぶりが見事です。芸術志向の強さなのでしょう。映画の印象記だけでもライブラリーになりますね。今回も多くの話題をいただいた気分です。

     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇

さて、21日まで予定がないので、壊れた本棚の組み立て直しをしようと思っている。小さい棚なので、新聞切抜の重みに耐えかね、あえなくバラバラに。本棚も切抜も、不要・無用のようで、なんとなく可笑しい。
 10/17記
                                  おわり
     TOPへ戻る