16-10-09(2016年 第50号)  
丸の内朝飯会 第2470回 10/6
タイトルは「子孫しか知らない上杉謙信の秘密」講師は上杉孝久氏。
紹介者三室洋子さんのメールを引用すると「上杉謙信・鷹山を祖とする上杉伯爵の分家・上杉子爵家の9代目当主。丸の内朝飯会では3回目のご講演です」。テーマは「親族だから話せる上杉謙信の秘密」。例として「女性説?」、また「歴史的に貴重なお品もお持ちいただきます」「上杉氏は日本酒アカデミーの専務理事で日本酒についての造詣深い講演も国内外で年100回以上なさっていて、その道でも有名な方です」。

事実、謙信直筆の「書」は見事なもので、まだ完全には読み解かれていないとか。金箔入りの当時としては貴重な紙(ほぼ色紙大)にしたためられたもの(中に「柳」の一字が大きく書かれている。酒のことか)。も一つは、これも国宝級の「一節切」(読み方も独特というか)。どちらもごく近くからゆっくり見せていただいた。

厖大な系図のコピーで、まずは藤原鎌足から始まるからおどろく。武田信玄との関係は有名だが、氏の話はいろいろあって、とてもおもしろい。
江戸時代になると吉良上野介が出てくる。本家伯爵家になると上杉鷹山。氏は分家の子爵家で女系家族の系列だそうである。

謙信女性説も幾つもの根拠を挙げて説明してくれた。2度の上洛についても興味ある理由を挙げてくれた。愉快と言っては失礼だが、謙信が生き生きと描かれた。

ピアノ公開演奏(練習)  10/6 いきいきプラザ一番町
田中真知子さん(丸の内朝飯会。アマチュア)の演奏会。本人は練習と言ってきかない…。
例会が終わり、歩いて1分の会場まで、十数人(橋谷夫人を含め)が聴きに来てくれた(阿部が名目プロデューサー)。プグラムに従って1時間強、休憩なしで演奏。
     
            初めの緊張した様子 ↑
     
            ピアノのすぐ傍で聴いてもらった ↑
プログラム
 バッハ      平均律クラヴィーアより 前奏曲 主よ人の望みよ喜びよ
 ヘンデル     ラルゴ
 ブルグミューラー 清い流れ 天使の声 つばめ
 モーツアルト   ソナタ きらきら星変奏曲 ほか
 ベートーヴェン  エリーゼのために ソナタ「月光」「悲愴」ほか
 ショパン     ノクターン 子犬のワルツ ほか
 シューベルト   即興曲
 ピアソラ     リベルタンゴ 
 ほかに赤とんぼ変奏曲、ロンドンデリーの歌など。省略。

定刻前に開けてもらい、1階レストランで懇親会。朝食会のあとだから腹は減っていない。30分ほど―おしゃべりをしたあと、めいめいで料理を注文。食べながらも話題は多岐にわたり途切れることがない。丸の内朝飯会の「すごい」ところ。

大仙酷W 10/6 出光美術館
代表作と言ってよいらしい「□△◯」だけの図もいいが「◯」だけのも幾つかある。指月布袋図として有名な「を月さま幾つ十三七つ」が私は好き。書もいい。      ↓ →

これだけの仙高見られる機会はそうそうはないから、小さい目をらんらんと光らせ!? きょろきょろと見た。我慢できなくなってカタログを買った。

その日の丸の内朝飯会の講演で見せてもらった「一節切」は一休和尚も好んで吹いていたが、風変わりな禅僧と言えば日本では―時代はちがうが―その一休と仙高ニ良寛だろうか。

達磨を描き、寒山拾得を描き、梵字を書き、行基、動植物―天狗、河童、章魚、子ども―などなど、自由にして奔放。そして88歳まで生きた(1750〜1837 因みに一休も数え88歳。1394〜1481)。

●映画「ある天文学者の恋文」 10/6 TOHOシネマズシャンテ 日比谷
これも考えながら楽しむというか、仙酷Wのあと、ごちゃごちゃした頭にふさわしい、またもや、想像を働かせなくてはいけない、宇宙論がらみのラブストーリー。
美しい女優キュリレンコの裸を見ることもできたが、彼女のニックネームは"カミカゼ"で、アルバイトでやるスタントの幾つものシーンはホントかしらと思うほどに壮絶。
                            キュリレンコ ↓
彼女が天文台で覗いた満天の星空は、一瞬しか映さないが、記憶に留まる美しさ。星ってあんなにあるのか、そう思える美。そして、宇宙という限りなく不可思議なモノ。それを論じる学者の言葉…。

高名な天文学者と優秀な教え子との秘めやかな愛、教師の死後も届く数々の手紙などの謎。ミステリアスな運びを教え子の目で追いかける。そして母との和解と目覚めた本当の愛。

小川洋子は新聞(広告)で「会話が実に知的で美しい」と評していた。「謎解きをしていたらいつしか永遠の愛につかまりました」とも。

凝っているが(ヴィスコンティほどではない)後味がいい。それ以上のストーリーは省略。監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」などのトルナトーレ。湖の中のサン・ジュリオ島、エディンバラの佇まいなどもいい。モリコーネの音楽が身に染みる。一見一考の価値あり。

職場OB3人会 10/7 鳥居坂分館
年2回のおしゃべり宴会の2回目。彼らは71歳と69歳だった。和食のコース膳とビール、ワイン、日本酒。3時間半。
「シン・ゴジラ」を4DX(体感型)で見たという。風が吹き、水がかかり、体が揺すられる(椅子がガタガタ動く)という。ハハ、おもしろそう。「南総里見八犬伝」から上総と下総の位置のこと、昔の寄席や歌舞伎座、国技館の升席のこと、塩野七生のローマ関連書あれこれ、加藤陽子の「戦争まで」、海外・国内旅行のことetc.

食堂からバーのソファへ移り、アイスクリームとコーヒーを飲みながら、なおもおしゃべり。男もしゃべる。
                                おわり

阿蘇の爆発的噴火の夕刊写真を見ながら…。桜島の降灰に遭ったことがあるが、それは、ひどいもの。お見舞い申し上げます。 10/8記 
             TOPへ戻る