16-10-05(2016年 第49号)  
女のふんどし

パリ市内で発表されたあるブランドの17年春夏コレクションに、ふんどし様のファッションが発表されたのには驚いた。 →
ランジェリーでなくアウター(と言うのかな)だろう。これで原宿とか六本木を歩くのだろうか。

私はふんどしが好きで、特に夏は愛用している。金子兜太の影響かもしれない。
数年前のいっとき、私がデザインし、型紙を取り、布地を買い、縫製を依頼するところまでいったが、肝心の縫子さんが突然引っ越したため、あえなく頓挫。そのときすでに女の間で静かに!?流行していることを知った。
その後、たまたま近くにふんどしを作る女のグループができ、作ってもらったり、贈ってもらったり。コレクションは10枚近いかも。
だから、女がふんどしをしているのも知っている。効用もあり、下着としてけっこう流行っているのである。しかし…。

世界の先進地域(国とは限らないので)のファッションショーなるものが新聞に出ると、私は思わず吹き出す。そして狂気をさえ感じる。「まさか」が現実として迫り、ゾッとする。シャナリシャナリと歩く動画を見るだけで非現実世界に入れられる。「奇天烈」以上の形容詞を考えあぐねる。そしてとうとう、外着としてのふんどし。

世界にたった1着の、間違いなく私だけが着ている服、というものを欲しがる女がいることは分かる。外交官関係とか芸能界とか大金持ちとからしい。着たらそのことを知ってもらわないといけない。目立つためには奇抜にならざるをえない。もう、その究極に向かっているのではないか。方向は、裸すれすれに決まっている。
私の予想では、あと70数年以内の早い時期に、あちこちでほぼ裸体でうごめくファッションショーが見られるであろう。アーいやだいやだ。
「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」。
しかし、書かなくていいことまで書いている…。

●世にもおもしろい本
「日本語のために」池澤夏樹=個人編集 日本文学全集30 河出書房新社
日本語に関するアンソロジーと言おうか。目次からしてメッチャおもしろい。届いたばかりだから読んでいないが、1ページずつ500余ページを、めくったことはめくった。
最初は「祝詞」。初めて見た。池澤の訳。次は辞書のコピー! 「古語基礎語辞典」のうち、「なる」「こと」「もの」など。うまく選んだものだ。「漢詩と漢文」の中に富士正晴の「一休宗純」があり、私の好きな詩が載っている。訳もいかにも彼らしい(以前に読んでいる)。暗記型の「般若心経」は、詩人‣伊藤比呂美の訳。易しいけれどまだむずかしい。良い難しさ。「どちりな-きりしたん」も初めてみた。問答が真剣。「琉球語」「アイヌ語」も初めて(「アイヌ神謡集」から抜粋)。「いろはうた」にも「色は匂へど」以外にいろいろあるのを知った。「ハムレット」の例の「to be or not …」の各種の訳。やはり「これぞ」の決定打がないことを知る。登場するのは他に丸谷才一、福田恒存、大野晋、鶴見俊輔など目配り十分。中身もまたいろいろ…。

といったわけで、編者池澤が言うように「何かおかしな本ができてしまった」(あとがき)ようだが、飛び切りおもしろいのも間違いない。私はしばらくは読まないけれど、本があるだけではしゃいでいると思う。                       おわり
                                  
             TOPへ戻る