16-10-02(2016年 第48号)     
     短い近況報告です。いろいろあるようですが、ワンパターンのようでもあります。

丸の内朝飯会 第2469回 9/29
インプットの週。各人3分ずつのテーブルスピーチ。紹介したり要約したりまとめるのはむずかしい。翌週、ひと言メモを集めた「たより」が発行されるのでここでは内容に触れない。いい「お話」をした人に投票でインプット賞が与えられる。今月は中村さん。
初めのほうに、ちょっと話が長くなった人がいたので、途中、気を利かせた2人がパス。それでもやや時間オーバー。スピーチ全体に、熱というか、気合が入っている。

ピアノ演奏会(公開練習)のための練習  9/29 カスケードホール
10月6日、丸の内朝飯会のあと、メンバーに歩いてもらい、聴いてもらう演奏会のその練習。歩いて1分の会場「いきいきプラザ一番町」のホールで田中さんが初めてのピアノに触った。指馴らしの時間もないから、本番はより厳しいが、会場を借りられるのが9時からだから致し方ない。
ホールは広い。そこにポツンとピアノだけ。聴く者1人。
予定のプログラムに沿って弾いていった。使いにくいピアノではないと言うからひと安心。12時まで立ち会った、というか熊のように歩きながら聴いた。3時間弱はあっという間。

日本伝統工芸展 9/29 日本橋三越
そのあと、入場無料の展覧会へ。63回という伝統ある展示は賑わっていた。
金工は私には目立たなかった。漆芸がよかった。ゆっくり見た。染織の着物にいいものがたくさんあった。木竹工もいい。陶芸は、ありすぎた、と言うとおかしいが、さまざまずぎる感じ。人気があるのだろう。人形は、これぞ、という1点がなかった。公募展に属さない名人がいるのだろう。
漆ものは手にとって見たかった。象嵌あり、蒔絵あり、蓋物あり、伝統あり。撫でてみたかった。

民芸公演「箆棒」 9/30  サザンシアター
民芸の俳優はみなうまい。18人もの人物が出てくるが、全員がちゃんと役になり切っているからたいしたもの。誰も違和感がない不思議。人物が多いだけに、中味ももぎっしり詰まっている。
新聞から引用すると、「一代で築いた飲食店グループの創業家の光と影を描いた…」「倒産しそうになった自社を救い銀行融資を引き出すため凛(ヒロイン樫山文枝―阿部注)は、ある『屈辱』を受け入れる」「会社は拡大するが、利潤優先で従業員を切り捨てる夫のやり方に凛は立ち向かう…」(9/26 朝日夕刊)」。「民芸の仲間」新聞は「高度経済成長からオイルショックへと移りゆく日本社会、その時代にうごめく人間たちの息吹き、明日への希望、そして、のっぴきならない駆け引きや欲望…」などとある。

ストーリーは、分かりやすいが、言ってしまうと、平凡。凛の「屈辱」「試練」をバラしちゃうと、融資してもらうために銀行家に身を任せてしまうこと。夫の事業は成功するが、そのことがとうとうバレて―というよくある話。それなりに見せるが―東北大震災まで出てくるし、若い人には訴える力があるかもしれないが―私には陳腐な筋書き。役者の演技を楽しんだ芝居と言おうか。また、日本では井上ひさしのような劇作家は稀有な存在だと知ったような…。

「カブト」でうなぎの串焼き 9/30 新宿西口思い出横丁
芝居帰りはMさんとうなぎの串焼き。「一通り」という7本セットでは足りず、えりと蒲焼とお新香を追加。飲むほうもビール大瓶1、黒の中瓶1、焼酎1、日本酒1と、やや多目。駅で分かれ、立ちっぱなしの電車で帰宅し、パタンキュー。翌朝はすっきり目が覚めたが。
                                     おわり
   ←9/29 小原さんが撮ってくださったので… TOPへ戻る