16-09-27(2016年 第47号)    
N響定期公演 9/24 NHKホール
モーツアルトのピアノ協奏曲第27番とブルックナーの第2番。
ピアノは70年生れのドイツ人ラルス・フォークト。私は初めて。
何しろ曲がいい。美しい。私など、誰が弾いてもしびれてしまう。批評など要らない作品とでもいうか。あいまいな言い方だが、ドイツっぽく固く、しかし、歌うところもあって、まじめ。ま、内田光子ほどには歌わない、くらいは言えるか。

ブルックナーは、まだ私に苦手意識がこびりついているのか、居眠りするかも、なんて考えて聴き始めたら―とんでもない。素晴らしい曲であり演奏だった。
弦の各部がそれぞれに、合奏し、協奏し、独奏するとでもいうのか、あるところはコントラバスが、ヴィオラが、チェロが、第1・第2ヴァイオリンが、別々に、または一緒に、そして、金管や木管と語り合い、響き合い、美しいハーモーニーをつくり出す。ティンパニーが気合いを入れ、驚かす。そして大音響の大団円。拍手が長かった。
特にそれぞれの弦の、さまざまの音色を、充分に、そして、聴き分けられるように、作られているように思った。

終わって私は第2番のファンになったと自分に言ったが、なんと、同じヤルヴィの指揮でこの2月に第5番を聴いていて、それを素晴らしい、興奮したと書いているではないか。呆れた。すっかり忘れているのであった。私の記憶はもう、ひどいことになっている。

雑談会 9/26 銀座7丁目ライオン
今月は4時間のおしゃべり。大橋さんと私は黒生中3、小1。田中さんはジンジャーエール。氏が今度行くバルト3国の歴史のことなどを聞いた。私は国名さえ言えないお粗末さ。ヨーロッパ史のおさらいから入ったよう―。
第1次・第2次世界大戦後の領土併合のことなどから教えてもらった。中世に戻ったり―。
王位継承をめぐって戦争するのはいずこも同じか。外国からやってきた国王の継承で神聖ローマ皇帝やオーストリア大公国が戦争するのだから、知らない私にはややこしい。領主にも選帝侯とか辺境伯とか、昔受験参考書で見ただけの言葉が出てきたりした。日本の天皇の継承はどうだったか。
「お気持ち」の話になった。皇太子のときの教育係(家庭教師、クエーカー教徒)ヴァイニング先生や小泉信三の影響なども想像した。古来からの象徴的天皇時代、突発的のような後醍醐、後白河天皇のことにも及んだ。明治・大正・昭和、そして「新」憲法初の現天皇。考えに考えた末の「ご意向」。
「日本会議」が出てきた。神社本庁と生長の家と元左派の活動家たち。戦前回帰傾向。生長の家3代目のことなど。

中国とインドの歴史・文明・文化は少し大きすぎて、苦笑交じりの未来展望か。フランス音楽の特徴などは中途半端だったか。

氏の話は大学ゼミの幾つかをいっぺんに聞くような内容だから、とても追いつけないが、学ぶには最高。

田中さんは途中、スマホを見ていたが、ヴァイニング先生や小泉信三のことを検索していたのだった。そして、初めて知りましたと言った。あとでメールが来た。
「…それにしても、毎回のことですが、お二人がどんな話題でも通じ合うし、ご存知なので驚かされます。それが教養なのでしょうが、二人ともレベルが高くて素晴らしいです」(もっと書いてきたが、褒め言葉なので省略)。

話にならなかったのは現首相のことか。暮らしと政治が遠くにされているからか。巨大与党とマスコミが今の形で「(経済的)友好関係」を続ければ「多数決万能形式的民主主義議会」は思いのままに運営するだろう。かつての花森安治は、もっと近い「暮しの政治」を考えていたはず。テレビドラマは見たことないが…。
                                おわり
             TOPへ戻る