16-09-24(2016年 第46号)   
丸の内朝飯会 第2468回 9/15  (9/22は祝日により例会は休み)
タイトルは「定年後ユーラシア大陸単独バイク横断」、講師は東伊一郎氏。
定年を機に大きい目標を立て、先ずはバイクの免許取り、バイク購入、1年間の練習、ロシア語学習、そして旅の準備へと、周到な計画を立てた。
サハリン経由でロシアに渡り、延々14,000キロを走った冒険旅行。

氏はパソコンを自在に操作し、コース地図や地形図は拡大したりし、スナップは一枚一枚映し出し、場所によっては動画で見せてくれた。

アムール川、バイカル湖、シベリア鉄道、モンゴル、オビ川、ウラル山脈、ヴォルガ川など、私は名前だけしか知らないところが頻出。コースを追うだけでもやっと。
モスクワ、サンクトペテルブルクへ。国境を越えようやく自由主義圏フィンランドのヘルシンキに入り、そのちがいを実感し、スウェーデン、ドイツのデュッセルドルフから日本へ。46日間の大旅行に、映像を見てくらくら、聞いてクタクタの1時間余。旅の中身はとても話しきれないボリュームだろうが、見事に収められた。逸話もいっぱい聞いたが、とても書き切れない。何倍もの時間をかけて詳しく聞きたい大旅行だった。

         
         楜澤成明氏(丸の内朝飯会)設計のホテル ネパール高原(講演と関係なし)

友人と宴会 9/15
所用で上京した札幌の友人Yさんと3年振りに会い、家の近くの居酒屋でおしゃべり宴会。彼女は友人ℕさんを連れて来た。私の連れのMさんも私も一度だけだがℕさんと札幌で会ったことがある。4人でよくしゃべり、3人で大いに飲んだ。

Yさんはエッセイスト、編集者、団地自治会の役員・自治会新聞の制作・発行者であり、本も何冊か出版し、俳句をよくする才女。

彼女は丸の内朝飯会を元祖とする異業種交流勉強会の全国組織「知恵の輪」札幌大会のとき、主催者側の役員として大会の運営に携わっていた。

現役時代に東京から参加した私は、大会後の懇親会場の旅館で彼女と初めて対面した。畳座敷で日本酒を気持ち良さそうに傾けていた彼女の隣りにずかずか行って自己紹介し一緒に飲んだ。それ以来の付き合いだから20数年になる。

Yさんの俳句は季語を入れる派だが、私は金子兜太の受け売りで季語はあってもなくてもいい派。百日紅―と詠むよりも、その5音をその句の世界を広げるほどにも有効に使うほうがいい、などとデカいことをしゃべった。彼女は納得しなかったが、ℕさんは、なるほどと言った…。

ℕさんは「縄文の諏訪」の縄文人と弥生人の接触の歴史などを縷々話してくれた。私は国宝「縄文のビーナス」も写真で見ただけだし、尖り石遺跡も知らない。諏訪大社の御柱祭の木落としも、昔テレビで見ただけというお粗末。沢山教えてもらった。

札幌から矢野口なんぞへ来てくれてうれしかった。おしゃべりは4時間半続いた。飲み過ぎで、翌日はやや疲れ気味。

オペラ映画「チェネレントラ」 9/20 東劇                  Cenerentola=Cinderella=シンデレラ。ロッシーニのベルカントオペラと言われる。ソプラノもテノールも聴かせどころいっぱい。ストーリーは分かっているし、うっとり聴いていればいい歌の数々。このシリーズでお馴染みのテノール・フローレスはむずかしそうなアリアを楽々と歌う。メゾソプラノ・ディドナートは歌も演技も巧い。イタリア人歌手3人組も大事な役どころを長年の共演歴でおもしろく、引っ張るほどにも演じ歌ったと思う。幕間のインタビューではピエロ風のどぎつい化粧姿のまま英語で答えていた。
初めてのオペラだったが、笑えた場面が幾つも。前奏曲が独立して演奏された、と言っていいのかしら。ルイージの念の入った丁寧な指揮ぶりが初めからムードを盛り上げた。

オペラ映画「カルメン」 9/22 東劇
これもよく知られたオペラ。ハバネラ、花の歌、闘牛士の歌など、聴きどころが多いのでも有名。カルメン役は今回はメゾソプラノのガランチャ。闘牛士も上演当日に代役となったローズという人。ドン・ホセはアラーニャ。

熱演のあまり2人は血だらけ、あざだらけ、と言ったらオーバーだが、幕間のインタビューで、アラーニャの掌には血の跡―細工したのだろうが―。ガランチャはどこかにホントにあざができていたかも。
ガランチャはフラメンコを踊りながら歌うし、スカートをまくって美しい脚を見せるし、ホセと2人で上下に重なり、仰向けと下向きで朗々と歌ったりするから参ってしまう。

がらりと変わる舞台装置がみな大がかりで、堂々としていて、それにも圧倒された。演出も、パドドゥが入ったりして魅せた。セガンの指揮もカッコよかった。
アンコールシリーズの最後にふさわしい演目になった。

これでMETのライブビューイングアンコール2016という映画シリーズは終わった。私は去年12月3日の「タンホイザー」から17本見たことになる。オペラを堪能できた。

ここで、唐突だが、これからは「合唱」をいろいろと聴きたいと思っている。合唱の深さ、多様さ、良さ、おもしろさを、もう少し知りたい、と。
                                 おわり
           TOPへ戻る