16-09-14(2016年 第45号)   
●オペラ映画「セヴィリャの理髪師」 9/6 東劇
METライブビューイングというこのオペラ映画シリーズは、各所に配置した10台ものカメラの映像を的確に選択し、しかも、曲に合わせて、自在に映し出し、日本の場合はさらに日本語字幕を入れているから、「本物」を見るよりよほど分かりやすい。私のような無知な素人!?にとって、こんなにおもしろく見られるなんて、と思ってしまう。

このロッシーニの「セヴィリャの理髪師」は「フィガロの結婚」の前日談とでもいうもので、何でも屋の床屋が、伯爵の恋の取り持ちのご褒美として?!のちに伯爵家の召使になるのだが、その前のフィガロの活躍ぶりが見せ場の喜劇といえばよいか。私には騒ぎ過ぎの感があったが、いい歌がいくつもあるから、それぞれをうっとり・惚れ惚れ聴くことができた。もう、しびれるほどにも。演出も、比較はできないが、アイデアがいろいろ。伯爵の高いほうのテノール!?は、聴かせた。フィガロも朗々、音楽教師も堂々の歌唱。ソプラノはまじめだった!? このオペラも(特に)序曲がすばらしく、始まる前にもうしびれてしまった。

丸の内朝飯会 第2467回 9/8
タイトル「(事例紹介)横浜市の或る老人クラブの場合」講師・小原芳郎(会員)。
団地管理組合から自治会部分を独立させ、緩やかなルールを作り、自発的に生まれた各種活動を見守る(支援・少額補助金)仕組みができたという。以来14年、シニアの会員240名、年間のイベント534件という活発さ。1000戸の大団地とはいえ、にぎやかというか、源氏物語講座、コーラス、麻雀などなど、いかにも楽しそうなグループがいっぱいスクリーンに映し出された。地域との連携も心がけている。その「あざみ野クラブ」現会長がこの朝の講師。あまりにも「うまく」回っているので、終わっての質問は、なぜそんなにうまくいくのか、その理由をもっと詳しく、というのが繰り返された、と言ってよいほど。たしかに、聞いたこともないような、自由でしっかりした学びと歓びの活動―活動なんていう言葉が固く感じられる―だった。
なお、会員で米シアトルに住んでいるSさんが脳梗塞で倒れリハビリ中ということで、お見舞いのひと言メモや思い出の写真、「丸の内朝飯会だより 臨時号」を発行してお送りした。もう1人赤羽在住のYサンも同じ病気でリハビリ中という報告があった(後日私にも電話があり、元気で明瞭な声を聞くことができた。足に来たという)。

●竹久夢二美術館と三四郎池 9/8
「やるせない」顔の美人を描きミーハー族に人気があった大正時代の画家、というくらいの知識しかなかった。弥生美術館にも行ったことがないので、ぶらりと見に行った。「竹久夢二とモダン都市東京展―夢二のいた街、描いた街」。 

なんとなんと、なかなかの人だった。一流画家を目指す方向ではなかったから、絵はいわゆる夢二式美人画に留まる。後期の軸は上手くなったかと思ったが、絵については言うことがない。
別の面での時流に合った多彩な活動がなかなかのもので、おもしろいと思った。ブックデザイン=装丁、雑誌の表紙デザイン、レタリング、ポスター、チラシ、千代紙、絵はがきシリーズ・絵封筒、モダンガール(モガ。男はモボ)のモード図鑑。そして詩人として「宵待草」の歌詞、複数女性との関係。一方に荒畑寒村ら社会主義者との出会い・傾倒。

1884(明治17)年〜1934(昭和9)年の生涯は、日本の急激な勃興と破滅との間だったか。氏にまとわる「大正ロマン」だけではなかったのではないか。
第一次世界大戦の戦時景気と関東大震災。彼は地震後の現地を歩き「東京災難画信」を「都新聞」に連載し、また「新方丈記」を「婦人世界」に執筆する一面もあった。また、評判をとった「港屋絵草紙店」の経営もおもしろい。目敏い。先見の明か。

「日本美術史」には「…『画壇』に所属することなく独自の芸術を創造していく竹久夢二なども現れる。彼の作品は画壇の若き画家たちにも大きな影響を与えていた」。また、「詳説日本史研究」には「抒情的な美人女性の風俗画で広く庶民の心とらえた」と書かれている。

各地に美術館、記念館があることも初めて知った。行く気はないが。

☆「竹久夢二作品展」 9/12
9/12に、たまたま伊勢丹府中店で開催中の「竹久夢二作品展」を見た。 
← 復刻木版画

買い物し、遅いランチでいっぱい機嫌のとき、会場の看板が見えたので、ふらりと入った。
小品ながら保存のいい作品が並んでいた。
感心していたら、どうです? と強く誘われた。10万円以下だったのでふらっとした。
と思ったら、それは復刻版だった。保存がいいのも当然の新作。極端に言えば真似絵。摸刻と言ってもいいか。

もちろん、本物!?の肉筆画もある。中でもやや大きい作品の値段を見たら10百万円を超えていた。これにはびっくり。小さいものでも百万円を少し下回る程度。

チラシには「今なお多く人々の心を魅了し続けてい」て「ますます入手困難となってきている…」が、「木版画(初版)や人気の復刻木版画を取り揃え」とあった。復刻木版画というところが…。
熱烈なファンがいて、市場=流通ルートがあるということか。

☆三四郎池 9/8 つづき
久しぶりの三四郎池だった。弥生門から入り、池に突き出た石の上でしばらくぼんやりしてから赤門を出た。
ご存知、漱石「三四郎」の有名な場面―「ふと眼を上げると、左手の岡の上に女が二人立っている。女のすぐ下が池で、池の向こう側が高い崖の木立で、その後が派手な赤煉瓦のゴシック風の建築である。」
もう少し引用すると、「女の一人はまぼしい(ママ)と見えて、団扇を額の所に翳している」。やってきた美禰子と看護婦の2人は、近くまで来て三四郎の前に白い花を落して行ってしまう。…三四郎は小声で「矛盾だ」とつぶやく―。

漱石の青春小説と「婦女子」相手の!?夢二のいろいろを同じ日に見た。

講演会「古代の怪異をのぞく―日本霊異記の世界へ」―第76回「講座歴史の歩き方」
                               9/9 読売ホール
「日本霊異記」は読んだことがなく、初めて教えてもらい、おもしろく聴いた。
講師は多田一臣(二松学舎教授、東大名誉教授)と吉田一彦(名古屋市大教授)。2人とも原文を取り上げ、具体的に紹介してくれた。
仏教説話集と簡単に片づけず、正式書名「日本国現報善悪霊異記」の「日本国」の意味についても考察(多田氏)し、吉田氏は本書が「中国の宗教・信仰」に基づく「霊験譚」の影響を強く受けていると解説した。私には初めての知見だらけ。

          
          雲崗石窟(の1部分)   撮影:美谷島克実(丸の内朝飯会)

片山杜秀「クラシックの迷宮」 9/10 9.-- HNK FM
「柴田南雄とオイルショック」と題し、先ずは「交響曲"ゆく河の流れは絶えずして"第1部第5楽章の途中から第2部第6楽章の途中まで」柴田南雄作曲を聴かせてくれた。解説にいわく、いわば"オイルショック前とオイルショック後"をつなげて(切らずに)演奏するようになっているという。それにぴったりのいい曲だった(普通には、モダニズムとポストモダンというところ)。

そのあとに聴かせたのは映画音楽「ゴジラ対へドラ」のオープニング。エッ。
続いて「日本沈没」や「ノストラダムスの大予言」の「滅亡のテーマ」など。ン。
鴨長明「方丈記」の冒頭をタイトルにした柴田南雄。飢饉大火など災害の多い、そして変革前の当時と現在の大災害時代をつなげた=Drillした、天晴れな切り口=取捨選択だと思う。(9/3の日フィル定期演奏会は同氏の作品を取り上げた)

彼は私の意見では、或る意味吉田秀和の後継者である。私が言うのはヘンだが大成するのを見たいものである。(この番組については前にも少し触れている)
                                  おわり
            TOPへ戻る