16-09-05(2016年 第44号)   
8月の外出回数 15回
ものは試しと書き出してみたら、近いところへの外出も含めると月の半分。多かったかもしれない。
  2日 映画「いしぶみ」 中野ポレポレ座と新宿のレストラン
  3日 稲城市役所 写真入りマイナンバー申し込み
  4日 丸の内朝飯会と展覧会 ホテルオークラ、東京ステーションギャラリー
  6日 芝居「頭痛肩凝り樋口一葉」 日比谷シアター・クリエ
 10日 矢野口クリニック
 12日 オペラ映画「連隊の娘」東劇 銀座7丁目ライオン
 14日 オペラ映画「魔笛」東劇 銀座三越とんかつ屋
 15日 日本橋三越本店と日銀
 16日 「誤診」を祝う会 丸の内朝飯会有志 銀座7丁目ライオン
 17日 矢野口郵便局 城南信金稲城支店 弁天通
 18日 丸の内朝飯会とルノワール展(国立新美術館)と朝柳会句会(浜松町)
 24日 雑談会 銀座7丁目ライオン
 25日 丸の内朝飯会と展覧会3つ びわ湖長浜観音HOUSE(上野)と都美館 
 27日 オペラ映画「マノン」東劇 松屋銀座で買物
 31日 新宿ヨドバシカメラ プリンター購入

ちなみに9月の予定を見ると、すでに11回。
  1日 丸の内朝飯会とオペラ映画「イル・トロヴァトーレ」東劇
  2日 オペラ映画「フィガロの結婚」東劇
  6日 オペラ映画「セヴィリャの理髪師」東劇
  8日 丸の内朝飯会
  9日 講演会「歴史の歩き方」読売ホール
 15日 丸の内朝飯会
 20日 オペラ映画「チェネレントラ」東劇
 22日 丸の内朝飯会とオペラ映画「カルメン」東劇
 24日 N響定期演奏会 NHKホール
 29日 丸の内朝飯会
 30日 民芸公演「箆棒」紀伊國屋サザンシアター(新宿)

オペラ映画のシリーズを見ているので9月も東劇が多い。

オペラ映画「「イル・トロヴァトーレ」 9/1 東劇
短く書くことにしよう。聴かせどころだらけ、といっていいような、歌の数々。三角関係とその嫉妬と、運命的な血のつながりと復讐の派手な悲劇。ストーリーの運びはオペラにありがちな荒っぽさだが、大事な場面場面でいい歌をたっぷりと聴かせてくれる。
脳腫瘍から恢復して堂々と歌ったバリトンの伯爵役には、登場しただけでまだ歌わないうちから暖かい拍手。ファンはよく知っていた。吟遊詩人=トロヴァトーレのヨンフン・リーも見事だった。テノールの中でも高い声が出せる人気歌手らしい。その通りだった。インタビューのやり取りでは頭のいいところも見えた。そのインタビュアがソプラノ・フレミングという贅沢さ。グラマラスになったネトレプコの声にも惚れ惚れと聴き入った。ロマの老婆も主役級の歌手。

オペラ映画「フィガロの結婚」 9/2 東劇
よく知られているオペラ。テンポよく、面白おかしく、そして楽しく聴かせ・見せてくれた。レヴァインがこのオペラ75回目の棒を振ったのもおどろき。
超一流歌手は出なかったが、粒揃いで好感度が高かったように思った。このオペラにふさわしい人柄で選んだわけでもなかろうが…。
今では聞かれなくなった初夜権という言葉が出てくる喜劇だから、貴族社会の痛烈な風刺になっている。それがめでたし―伯爵の反省―になるのだから、ま、おめでたい。

生ビールを飲みながら、ポップコーンを食べながら、が習慣になってしまった。

丸の内朝飯会 第2466号 9/1
テーマ「自動運転とIOT」講師松崎禎夫会員。業界最先端の技術開発競争の現況と将来、世界の進捗状況と日本の遅れ具合などを分かりやすく説いてくれた。免許証さえ持っていない私には分からないことが多いが、話しはおもしろかった。日産には足を運んで取材していた。もう高速で走っており、実用間近ということにもおどろいた。全面的に良しとはしない主張もポイントだったかも。みんなを笑わせ、大量の鳩サブレーを提供しながらの「松崎節」。

読者のお便り 
 老いたれば可愛さを増す半ズボン
  夏の夜の女に生気雨の音
  汗のシャツ脱ぐ様遺影見ていたり
  髪黒き頃の青空百日紅

宮城県現代俳句協会会長、宮城県俳句協会幹事長兼事務局長を務める中村孝史氏(日銀OB)から近作を送ってもらったので紹介する。氏はある大学でシニアカレッジの俳句講座を担当しているという。いずれもさすがにいい句、私が好きになる句。傘寿というが元気一杯。
上の講座で取り上げた俳句は、例えば、「花冷えの違ふ乳房に会ひに行く 真鍋呉夫」「ペニスより太きものなし宝石店 島津亮」。元気な証拠だろう。

相変わらずのボリューム、内容のユニークさに驚き、楽しく拝読させていただいています。「悲しみを抱きしめて―御巣鷹・日航機墜落事故の30年」、朝飯会で講演を聞きかつ著書を手にすると感じ方もまた格別なのでしょう。上法さんの人柄もあって、『リポート』も一層注目されたのでしょう。歴史的事件に、いまも関係して考えることはすごい教材なのですね。
いろいろ考える機会をいただいたことに感謝しております。10ページに亘る便りに感動しました。今回もいろいろな報告があって充分楽しませていただき、感謝申し上げます、重ねて。

☆相変わらずの徘徊、スゴイですね!先週、先々週と五木寛之の金子兜太さんのインタビュー番組を見ましたが年齢と元気とは関係なし、とつくづく…。阿部様も同じ!ですねー。何が?そうさせるのか…不思議。まあ一つは良く食べる。食べられる?まだ食べていない物がある!欲望が元気の元?でしょうか。
展覧会紹介記事、「木々との対話」はお絵かき教室の先生も良かったとお勧めでした。あと、東京ステーションギャラリーのも、ポンピドーもそれなりに。
暑さにも負けず芸術の夏、満喫のようですね。こちら、暑い暑いとヘロヘロ…。
ポケモンなしでも何処でもGO!ですね。

○読みかけ本のそのまた一部
「青の廻廊―消えた交脚の仏」喬木柊一著
読み始めた本のこと。
Tさんからいただいた本を読み始めたところ。新書版だが2段組みで360余ページの大作だから、簡単には読めない。しかし、おもしろい。というか―ここからもう回り道に入るのだが―全く知らない中国のあれこれが、すべて新鮮なおどろきでやってくる。途端にうれしくなる。何も知らなくてよかったと言いたい。
麦積山石窟の微笑む菩薩と仏弟子像を実際に見たら、そこで動けなくなるにちがいない。そこをなんとか離れたとしても、例えば、莫高窟に行ったとしたら、もう帰れなくなっただろうような気がする。 炳霊寺石窟、雲崗石窟まで考えたらどうなる?
中国の山水画(日本の想像画ではなく)を見ただけでも、あるいは大河の流れに近づいただけでも、私は天を仰ぐと思う。行かなくてよかった。見ないでよかった。見なかったから、いま写真などで平気で! 見られる。そのほうがいい。それでいい。ヘンな言い方だが、あまりのショックに耐えられないと予想できてしまう。
私は私の「新」中国を―たった1冊の本を―いま、そろりそろりと読み始めたところ。

「改憲を許さない日本人の無意識―柄谷行人インタビュー」 文学界
Hさんからコピーをもらって読んだ。一読では到底理解できない。最初の小見出しからして「(憲法)九条と第一条の密接な関係」という―。カント、フロイト、マルクスなどが出て来、徳川時代の象徴天皇制とか、九条が徳川体制の高次元での回帰などと語られる。観念語を駆使し抽象論で展開すると言ったら失礼か。しかし、神が出、召命が出、無意識、つまりは意識の問題となると文学的過ぎて分からなくなる。論旨全体を頭に入れるには充分な予備知識が必要だろう。再読したいが、するかどうか…。創見に溢れ、刺激性に富んでいるとも言えようが、私には拡散的で掴み切れなかった。インタビュアーの鋭い質問と問題意識が快いほどだった。

ある書評の中に著者の言葉として「よく見ると、実は何一つ書かれていないことが多い」とあった。それをここに当てはめようとは思わないが。

【近事片々】
8月の電気料金は3,271円(7月―2,260円)。クーラーを入れた月にしては少ないが、外出が多かったせい。ガスは1,674円(7月―1,572円)。こちらもわずかな額。

☆プリンターを買い替えた。「50」というインクが使えるのはこの機種だけというのでA3までプリントできる大型のものになり、机上がますます狭くなった。

直前に買ったA4版までの普通の品はインクタンクの容量が小さく、しかも1セットが7千円以上(「50」は5千円台)なので、ろくに使用せず物置へ(新規設定用のインクを使っただけ)。

というのも、買い置きのインク残量のほうが、プリンター本体の価格より多かったので、それなら本体を買い替えたほうが後々を考えて安くなるというアンバランスな価格設定のためだった。
インクの高価格は異常と言える。本体が安いからだと言うのだろうが、それにしても儲けけ過ぎだと勘繰っている。

   
              9月はじめの夕空
                                        おわり
                  TOPへ戻る