16-08-29(2016年 第43号 )  
●オペラ映画「マノン」 8/27 東劇
待望のソプラノ、アンナ・ネトレプコを見た、聴いた。当代屈指と言われている歌手。なるほど、いい声、上手い演技、そして美貌(と若さ)と3拍子。ほかのことは考えないで、聴き惚れた。
声の質がテノール・ペチャワのそれと合っているように思った。大きく開ける口の形も合っていて!? だからか、二重唱もぴったり(知ったかぶり)。

プッチーニの「マノン・レスコー」よりマスネーのこの「マノン」のほうが、私には分かりやすくおもしろかった(反対意見も多いと思うが)。ストーリーは荒っぽいが、派手な暮らしと惨めな最後との対照がはっきりしていた。

演出がシャレていた。大がかりな舞台装置が幕ごとに変えられ、その舞台裏の動きをそっくりそのまま見られるのだからうれしい。作られた「映画オペラ」。

●丸の内朝飯会 第2465回
 8/25
インプット(各人3分スピーチ)の週は、傾向として出席がやや少なく、特に女性が少ないと思っていたが、今週は全体に少ない中、女性4人が出席(3歳に近いメーンバーは除く)。つまり、男性の少なさが目立った!? インプット賞は母子で出席のMさん。

それぞれいい話を聞くことができた。内容は省略するが、オペラ映画や上野の「観音ハウス」やポケモンGOも出た(途中で突然便意、中座失礼)。

で、その日、早速仏像を見、27日はオぺㇻ映画を見た(上掲。シリーズの一環)。

「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」は、チラシによると「国内初! 地方自治体による、『観音』がテーマの都内情報発信拠点」で、約2か月交代で「長浜からお出ましいただく観音像1体を展示」するという(9月6日からは常楽寺の観音像を展示)。京成上野駅から徒歩1分。

小ぶりなものの、いいモノを見せてもらった。
1点だけだから、ついで、または相当なファンでもない限り行かないかもしれないが、雰囲気もいいし、見て良かったと思った。
              平安時代・十二世紀  木造 古色 彫眼 像高・53.0 尊住院蔵 
      
 ← 第1回展示品

展覧会2つ
●お勧め展覧会「木々との対話」 8/25 都美舘
めったに見られない展覧会だった。興奮した。会場で最初に見た国安孝昌の丸太と煉瓦の―それからの表現が難しい―構築物は、好みと言ってしまえばそれで終わるが、いきなりは声を出さないタイプだと思っていた私が「なんだ、これは」と大声を出してしまった。

その前に、先ずは舟越桂の木彫。
氏の作品はこれまで写真で見ていたが、実物を何体も見るのは初めて。新境地というしかないのだろうか。おどろくような世界を発見・創作した才能と努力を目のあたりにして私は方言が出た―びっくらこいた。
とんでもない「手」が生きる。どれも尋常ではない。

下右のカタログ写真はよくない。実物は、ほぼ原寸大の、生きている紳士で、品があって、しかも親しみやすい。私は膝を少し曲げ、左横に寄り添い、しばらく付き合った。会話した―これが「木との対話」だったか。離れたくなかった。連れて帰りたかった。

       
        言葉をつかむ手               急がない振り子
     *****    *****    *****    *****    *****   *****
土屋仁応の作品。もっと掲載したいところだが…。撮影オーケーなので以下は私の撮影。
        
           獅子                    麒麟
これまた、なんと言えばいいのだろう。木彫界を知らないからだろうか、悲鳴に近い声を出してしまった。それから唸りながら歩き回った。見事だった。見ものだった  ↑ ↓
動物としては架空のものもある。また、実在する猫も豹も緻密極まりないが、写実とは言えない。人間の表情―。
          
                  
        *****  *****    *****    *****    *****
次は国安孝昌の作品。「静かに行人は、遠くへ行く」―なんというタイトル!?―
      

    
広い空間に大小の木材=丸太と小さい煉瓦でボリュームたっぷりに組み上げられた、私の想像力をはみ出た木の風景。3階建てくらいの高さか。テニスコートより広いか。初めに見下ろしたとき、思わず声が出た。地上!?に下りて行って細かく見た。呆然の態。

この3人の作品については、言葉に詰まる。…なら、言うまい。
     *****  *****    *****    *****    *****
あとの2人、須田悦弘の小さい花作品には翻弄された。ポケモンGOではないが、どこにあるか探し歩かされたりして…。田窪恭治の作品は分からなかった。

展観の副題は「再生をめぐる5つの風景」。そんなもの要らなかった。
全体に凝った構成。私は作品とタイトルが噛み合わないとも思った。
ここはカタログも凝っていて―凝り過ぎ―見にくく読みにくかった。10月2日まで。

●勧めない展覧会「ポンピドー・センター傑作展」 8/25 都美舘
大部分が、私の好みに合わない―つまらない―作品だった。5、6点だが、いいものがあったので、割高だが、まぁ、シャーナイ。

新聞社主催の(共催が多いか)大型展は、宣伝があくどいから、心して選ばなければならない。針小棒大というか、少しはいいものがあるから悩ましいが、比較考量し(一般1600円、シニア1000円。「木々との対話」はシニア500円。シニア料金のないものもある)、自分で判断することになろう。

ピカソ1点は群を抜いていた。あと、いいのはカンディンスキー、マティス、シャガール、ジャコメッティか。
ビュッフェ、デュビュッフェがちょっと目立ったか。マリー・ローランサンの「不思議さ」もしくは「不気味さ」が目に留まった(彼女は「女性的なものに心地良さを感じる」という説明あり)。女を知っているのだろう!
それだけ!! 

庶民的猛暑日? 8/25
路上と観測点気温とはちがうから、予報の最高気温は非庶民的と思ったほうがいいかも。8/25日の外は「猛暑日」。外を歩く勤め人、年金生活者などの体感から言って「庶民的猛暑日」となろうか!?

上記展覧会3つに付き合ってくれた介護士見習を兼ねたMさんとひと休み。
池之端「東天紅」からスカイツリーを遠望し、不忍池を俯瞰した。涼しいところで中国料理と生ビールでゆっくり。
しかし、飲んだあとの乗り換え帰りはさすがにしんどい。
      *****  *****    *****
【近事片々】
中村紘子のピアノは、いい演奏そして録音のものは、たしかにいいと思う。ほかの人=演奏にも言えることではあるが。「名演奏ライブラリー 中村紘子さんをしのんで 8/28 NHK FMを聴いて。

前日(8/27)朝の「ビバ合唱―合唱で行く世界旅行」はコーラスの美しさを堪能させてくれた。惚れ惚れと聴いた。合唱する人の熱が伝わってきた。合唱もさまざま。

ときどきはインスタントものを食べる。カップヌードルはしょっぱくて少量だが、まあまあ。マルちゃんのたぬきも同じ。ラーメンは、食べたとは思うが記憶がはっきりしないので、また食べてみよう。冷やしなんとかは食べたことがない。そういえば、素麺、冷や麦も食べてないなぁ。かき氷も。          おわり
           TOPへ戻