16-08-20(2016年 第41号 )   
「『誤診』を祝う会」 8/16 6.- 銀座7丁目ライオン 2F 
丸の内朝飯会の有志8人が祝ってくれた。お祝いと言えるかどうか、まことに妙な・愉快な宴会。しかし、メンバーがメンバーというか、わきまえているというか、私の願いどおり、ダシにしてくれたので、楽しいおしゃべり会となった。

虎の門病院の守衛室まで本人が歩いて行って、急患の受付をしてもらったのが、そもそも普通ではないらしい。救急車で運び込まれるのが条件ではないか、と言われたが、私がすんなり、いとも簡単に、受け入れてもらい、すぐ幾つもの検査をしてもらったと言うと、不思議というか、おかしいというか、怪訝な顔―。

そういういきさつは、しかし、すぐ別の話題に変わる。誰かがバナナの話をしたら「世の中にこんな美味しい食べ物があったか」という経験談を全員で語ることになった。

70代が中心だから、戦後の食糧難時代のことが多い。バナナに対し乾燥バナナと言ったのが唯一80代の私。

乾燥さつま芋とかぼちゃばかりだったのでいまだに食べない人もいる。蜜柑が貴重な地とリンゴが貴重な地がある。卵が贅沢な時期もあった。茶碗蒸しや焼きりんごが、世にも美味しいものだった…。

九州から四国、関西、紀州、東京、東北、北海道まで、今とは別の意味で「全国の美味いもの」談が繰り広げられた。

次には、世話役が、漢字遊びというか愉快なクイズを用意してくれた。頭を使い、大いに笑った。
例えば、「銀行酒場」「父嫌」「愛米札」「十夜一夜」「八九三カキクケコ」を何と読むか。
順に、バンクーバー、パパイヤ、アイドル、てんやわんや、やくざ稼業。
ここに書き表わせない数字や記号もある。

飲み放題コースだから、みんなよく飲んだ。日本酒の冷やと常温があり、ワインがあり、芋焼酎があった。飲めない人はソフトのお代わりだが、アルコールとちがってそうそう飲めるものではないようだ。私だけ特別に黒生をご馳走になった。

丸の内朝飯会 第2464回  8/18
テーマは「スマートフォンの活用例について」。講師は釜堀信雄氏。メンバーのうちケータイを持たない人もおり、いわゆるガラケーの人もいたが、大部分はスマホだった。

便利極まりないが、たいへんな操作でもある。何でもできる、というと語弊があるが、使いこなせば―活用法は―キリがない、知らないアプリが沢山あって、いろいろやってくれるのは分かった。おもしろくなったら、歩きスマホの「必然性」にまで行きそう。

上手に使えば、私など一日24時間では足りなくなるような感じ。山のようなご馳走に、かえって食べる気がなくなるような…。

「朝柳会」句会 8/18 12.- 世界貿易センター 
3か月に一度の句会。参加11名。場所は39階のレストラン「レインボー」。眺めがいい。ステーキを食べ、ビールを(私だけ)飲んだ。

課題句「越える」と「ごたごた」が21句。自由句が22句。投票結果が発表され、各人の選評。そして関本先生の講評。終わったのは3時過ぎ。

次回11月はパソコンによるまとめを私がやることになった。できるかどうか、危うい。

終わって、大橋さんとビルの地下で飲むことにした。私の入院騒ぎ!?は、前回の氏との雑談会のあとだったので、関係があったのか、とからかわれたが、5時間に及ぶ氏との雑談のあとの手指の一時的しびれを脳出血かも、と大げさにとってのことだから、悪い冗談みたいなところも…。
ともあれ、6/29日以来のおしゃべり(今月の氏との雑談は8/24)。今回は2時間。話題はさまざま。
ラッシュアワーにぶつかり、満員電車に立ちっぱなしだったので疲れた。

ルノワール展  8/18  国立新美術館
句会へ行く前に見た。行列。開いたら切れ切れに入場。
一発で片付ければ、よくない展覧会。精選された作品展ではない。いいものはそれほど多くなく、出来のよくない―下手な―のも、つまらない―好きになれない―のもあった。
そういうルノワールの多面性(肖像画、風景画、静物など)が見られたからよかったとは言えようか。

「ニンフの踊り」を見て、こんな絵も描いていたのかと思ったらコローだった。まるでピカソだなと思ったらピカソだった。ほかの画家の作品が混じっているのに気付かなかったので、慌てて戻ったりした。ゴッホも3点あり、マティスもあった。       

もちろんいいもの―好きなもの―もあった。やはり、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」はよかったし「都会のダンス」「田舎のダンス」もじっくり見られた。「ピアノを弾く…」の2点はまなざし、姿かたちがじつに美しい。
                             ピアノを弾く少女たち ↑

しかし、「裸婦・浴女・少女」らのいいものは、そこにはなかったと思う。多作の影響かもしれない。
好みで言ってしまえば、ルノワールの「女」は豊満ではあっても、色気、官能美はない。女の別の美を追った画家と言うべきか。

戦後10年ほど経った頃だろうか、「世界美術全集」が何種類も出たが、第1回配本は決まってルノワールだったと記憶する(第2回はゴッホだったか)。
その時代からの人気先行のせいか、絵画に縁のなさそうな男女年配者がうようよしていた。絵を見る目ではなかった。

わが家で3人宴会 8/19
句会でたまたま席が近かったTさんとSさんとの話しが合って、翌日、わが家に来ることになった。
12時前、大量の飲み食い品とお土産とを持参。何もないテーブルがいっぱいになった。乗せ切れなかった。
Sさんは飲めない口、Tさんは初めから日本酒。私はビールだから、それぞれの器で乾杯。
飲むのも食べるのも私が一番。困ったものだ!?

話しに切れ目はない。話題に決まりはない。
壱岐に行きたいと言ったら、いいですね、いいですよ、となり、朝鮮半島との交流、その歴史、出雲王朝から継体天皇へ、高天原から古事記、天皇制へと続く。五輪と高校野球は出なかった。テレビのつまらなさは共通していたか。

Tさんは3時40分まで、Sさんは4時40分まで残り、大いにおしゃべりを楽しんだ。
                                    おわり
               TOPへ戻る