16-08-07(2016年 第40号 )  
●丸の内朝飯会 第2463回 8/4
タイトル「『悲しみを抱きしめて』〜日航機墜落事故・遺族の31年〜」講師はTBS記者・西村匡史氏。

大事故だから遺族も多い。その遺族たちに31年間も「寄り添ってきた」人もたくさんいる。
講師西村氏は「遺族の傍らにはずっと寄り添い続けた人たちの存在があった。『遺族』と『寄り添う人』の31年間を取材した」と言い、今回の講演で氏は、特に3人の娘を一瞬に・一挙に失った遺族ご夫婦に、自らが長年交流を続けてきた経験を主に話された。

まだ若かった氏が、初めはおずおずと寄り添い、以後は人間の信義に基づいて親しく付き合い、そしてこの事故を「つなげる」ために協同して当たっている体験を、真摯に、謙虚な態度で伝えてくれた。生々しく教えてもらった。
感動した。いや、簡単に、感動したなどといって済ませてはいけない。

例えば、妻=母親のアルコール依存と、それでも守り・支え続けた夫=父親お2人の年月だけでも想像するに余りある。母親は娘たちが「生きて帰ってくる」と本当に信じていたのだから…。そしてアルコールを断ったのは「死を受け容れたから」という…言葉にならないが、あえて私が当てはめれば「生を昇華した」とでもいう境地。

記者西村氏の、人間の、特に「いのち」に対する取り組みは尋常ではない。氏は人間の悲しみを大きくつかんでしまったのではないか。悲しみを「乗り越える」人でなく、悲しみを「抱きしめて」生きる人の深い悲しみを。若いときから神谷美恵子などを読んできたという。人間考察が深いと思う。一人ひとりを深く、しかも鋭く、それが普遍性を持つまでにも。

氏の著書「悲しみを抱きしめて 御巣鷹・日航機墜落事故の30年」を紹介する記事にこうある。
3人の愛娘を失った夫妻の思い。慰霊を支えた元零戦乗りの村長。村一番の暴れん坊から「山守」に。遺族から慕われ続けた日航社員…」

その日航社員の1人は丸の内朝飯会のメンバーであり、今回の講師紹介者でもある錦織葆さん。
氏の努力は西村氏の著書の中で、ある遺族の「寄り添い」の1人として紹介され、長く続いているその詳しい交流の内容が分かるようになっている。

講演後の錦織氏の会員へのメールと講師西村氏のメールを紹介しよう。
「丸の内朝飯会各位 本日は多数(25名=高橋達様も=+ゲスト)のご出席、ありがとうございました。講師の西村様から終了、解散後30分もしないうちにお礼のメールが届きましたので以下に転送申し上げます。よい週末をお迎え下さい。錦織葆」

「TBSの西村です。錦織さま 本日は貴重な講演の場をいただきありがとうございました。
『事故をつなげたい』というご遺族の思いを少しは私もつなげることができたかなと嬉しく思っております。これも全て皆様のご厚意のおかげです。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます」。

会員間の「感動した」メールのやりとりにも熱いものがあるが、省略。

☆「丸の内朝飯会だより」      第1ページだけ  
毎週の便りは担当の3人が回り持ちでつくっているが(ある時期は上法リポートと言われる彼1人で速記録に近い克明な記録の便りをつくっていた)、今週の担当者は、20名全員の発言内容を克明に記録しまとめたもの。A4版4ページにわたる労作に、さすがに、みなさんが「これはすごい」の声。                

☆1か月ぶりの参加
今週は25名が参加。始まる前に、何人からも声をかけられた。病気が治ったのなら、よかったと言われうれしいが、何だか分からないまま1か月=4回も欠席して「がんじゃなかったので―」では締まらない。相手はそれでもよかったね、と言ってくれたが、こちらはムニャムニャ。そして―

☆「誤診祝い」とは、また…
妙な名目の宴会になったものだが、ズバリでもある。かろうじて私は「経過観察」になりましたが、3か月後のレントゲン検査ですから、ま、心配ないでしょう、と答えた。

宴会は吉田さんが音頭を取ってくれた。メールも流してくれた。「阿部さんの『誤診祝い』の案内」という。しかも、会場は私の大好きな銀座7丁目ライオンを選んでくれた。4日の例会でも呼びかけてくださり、そのあと、メールでも流してくれたので恐縮するばかり。参加者が10名(私を含め)とはまた―。

展覧会2つ 8/4
●「旅への憧れ、愛しの風景―マルケ、魁夷、広重の見た世界」展     
―チャリティーイベント第22回『秘蔵の名品アートコレクション展』 ホテルオークラ東京アスコットホール    
  マルケ「アルジェの港、ル・シャンポリオン」→

寄せ集めた作品と言ってもいいが、旅をキーポイントに各所から名品の提供を受け、見応えある展観となっていた。

芸大蔵の赤松鱗作「夜汽車」がトップだったか。少し離れて楽しく眺めた。
佐伯祐三はよく見る有名作品ではなかったが、彼の名品と人生を思い起こさせる4点。続く三岸節子はいい。その2点の絵葉書を買った。
そこから岡鹿之助の1点を経てマルケへ。
陳列の順序がごく自然に流れて行くようで巧み。
マルケはそれぞれにいい18点。充実の展覧。東山魁夷は小品11点だが、ま、いかにも彼らしい作品。他の日本画は総じて元気がない。

広重の五十三次(保永堂版。日本通運蔵)全55点を一度に見たのは初めて。眼を近づけ丹念に歩き見た。こんなに人物がおもしろかったとは。これ程ユーモラスだったとは。構図はよく考えられていたしアイデアも無尽蔵のよう。また、京に近くなるほど腕が冴えていたよう。特に「庄野」(の白雨)は最高だったか。おどろきとよろこび。

ロビーのいい椅子でひと休み。ホテルオークラに入ったのは初めて。

●「12 Rooms 12 Artists」展 東京ステーションギャラリー

12室に12人の作品という意味。そのタイトル、何とかならなかったのかねぇ。このギャラリーの見にくさ・歩きにくさも何とかならないかねぇ。運営も。腹が立ちそう。旧国鉄の役人風の残滓かねぇ、言いたくないけど…。

中ではルシアン・フロイドが抜群。ま、この人だけ。他はまぁまぁだけ。
 ← ルシアン・フロイド「裸の少女の頭部」

人間のつかみかたが独特。激しいと言おうか。「…の頭部」というタイトルが多いが(10点)、頭というより顔。顔のどこかを強調してその人間全体をつかんでいる。そしてどこかに画家の自由さが見て取れる。ほとんどエッチングというのも珍しい。

新聞評にこうあった。「人物の内面をえぐり出す粘着的なタッチ、塗りを重ねて独特の深みに達した色。息をのむような生々しさが画面の中に息づいている…」。うまく言い当てていると思う。

☆移動はタクシーで
付き合ってくれたM子さんとタクシーで移動した。朝飯会の会場近くからホテルオークラへ、そこから東京駅へ。正解だった。あの暑さの中、地下鉄の階段を上り下りしたら、また肺に水が溜まる!? 

☆黒塀横丁のヱビスバー
安いステーキと高い黒生。例会のあと2つの展覧会を見ると疲れる。映画のほうがいいかと思ったが、見たかった「トランボ」は上映館が見付からなかったので…。

●クーラーを入れる 8/4〜
3時過ぎに帰宅して温度計を見たら33℃〜34℃。ちょっと危ない。とうとうクーラーを点けた。26℃に設定すると10分ほどで涼しくなったので、ケチって28℃にし、様子を見てもっとケチって29℃にして昼寝した。
夕方5時半に起き、クーラーを止めた。
寝るときにクーラーを入れた。夜通しいれて熟睡。

翌5日、起きてすぐに止めた。ベランダからやや遅い日の出の写真を撮った。 →

予報では3回目の猛暑日。昼が近づくと暑くなった。室内で34℃。慌ててクーラーを点けた。日中も点けっぱなし。29℃では暑いので設定は28℃。
この暑さに、もう、からっきし弱くなった。これが猛暑か。たしかに猛々しい暑さ。納得した。参った。もう1台必要になったかも。

映画「いしぶみ」を紹介―「天声人語」でも 8/6
この映画は「多摩・稲城だより」第39号で紹介したが、翌3日、毎日の「余録」が取り上げたので、それをコピーし読者の1部に同封・郵送した。

8/6、今度は朝日の「天声人語」が取り上げた。どちらもいい記事だったが、朝日は読んだ方が多いと思われるので、ここでは紹介しないことにする。

ともあれ、機会を作ってご覧になることを勧めたい映画である。

「頭痛肩凝り樋口一葉」東宝・こまつ座特別公演 8/6 日比谷 シアタークリエ
私は先月「紙屋町さくらホテル」を見ることができなかったので(入院中)、今回は何が何でも見たいと思っていた。炎熱のなかを水のボトルを持って少し歩いた。帰りは黒生を飲み芝居を噛みしめた。

ネットで早めに予約したが座席は最後列だった(双眼鏡持参で正解)。あの劇場が満席のよう(客席数609、多分連日)。井上ひさしは大した劇作家である。彼の芝居が見られる時代にいることが幸せと言える(といってそんなに見ているわけではないのだが)。

演出・栗山民也。主演永作博美(夏子=一葉)、三田和代(母)、深谷美歩(妹)、ほか熊谷真実、愛華みれ、若村麻由美など、全員女(私は登場女優を1人も知らないのだが)。舞台装置がシンプルでいい。新聞評によれば「栗山が言う舞台は…能舞台をイメージした」と。

お盆になると女幽霊が現われ、毎年のように女幽霊たちが増えて行くおかしみと哀れさ。最後、母までが幽霊として現われたときは客席に笑い。

ストーリーとか笑いのタネについては書かない。私は井上ひさしを日本の大劇作家と思っているので、要約不要扱い!?  どうぞご覧を。
                                  おわり 
              TOPへ戻る