16-08-02(2016年 第39号 )   
  7/31
にわか雨のあと、スケールの大きい虹が出現した。ベランダで2人で宴会中だった。
田中真知子さんのデュオコンサート(既報 第38号)打ち上げと、私のがん疑惑解消という名目をつけ、私はビールで、彼女はアイスコーヒーで乾杯。
虹に気付き10分以上飽かず眺めた。そのあと、この虹の上にひと回り大きい虹がかかった。2段虹。しかし、スマホでは写らなかった。いいカメラが欲しくなった。
     
         南天に虹  ベランダから  2016-7-31 午後5時 スマホで


金子兜太からお見舞いのおハガキ 8/2

96歳の金子兜太氏からおハガキをいただいた。
これでまた、というか、ますます元気になった。うれしく、そして、じつにじつに、ありがたいお便り。生きていてよかった。もう少し生きられそうでよかった。
          

お付き合いさせていただいてから、半世紀が経つ。私は氏によって生かされてきたように思う。私の長生きは氏を真似しているみたい。氏を見ながら生きてきたように思う。もう、いい人生だったと言っていいくらい。

映画「いしぶみ」と京料理 8/2 東中野 ポレポレ座
PET検査の結果を喜んでくれたHさんがお祝いをしてくれた。彼女は最初からはっきり誤診だと言ってくれていた。私はぐずくずしていて、とにかく医師から判定が下されるまで、そうは言えなかった。
結果は彼女の言ったとおり。そしてさっそくご馳走してくれた。映画を見てからと言ってくれた。その心遣いがありがたい。

8月6日、広島の爆心地から500メートルのところで、軍の指導のもと、建物疎開の解体作業をさせられていた中学1年生321人が死んだ=殺されたことを、その事実を、綾瀬はるかの朗読で伝える記録フィルムとでも言おうか。

―君はその朝、体調が悪いのに、クラスメイトに悪いからと頑張って出て行った。
生徒の点呼が済んだところで全員が一瞬の間に被曝した。
―君は軍のトラックを断わって家まで歩いて帰ったが、水を飲みたいと言って飲んで間もなく死んだ。―君は誰かに水を飲むと早く死ぬと言われ、飲まずに歩いた。―君は…と続く。

―君の父は何10キロも歩いて息子を探し出し、―君の母は夜通し歩いて探し、やけどで見分けがつかなかったが、胸の名札で息子と知った。

1人1人の死の状況をいわば淡々と朗読して行く。

バスに乗り遅れたために生きることになったとか、栄養不良による脚気でドクターストップをかけられたため死ななかった人への池上彰のインタビューもある。

広島の被曝だけを大きく言うのはどうか、他の都市では毎夜のように空襲を受け多くの人が死んでいるのだから…という言葉も重い。作品として、ほかにもいろいろ目配りしていて、普遍性を持たせた、よく練られたフィルムだろう。

私とは1学年上の、国民学校を卒業し大人扱いされたばかりの12歳と13歳の大量死。感じることはいくらもあるが、紹介はここまで。涙は出ないように創られている!!

★新宿に出、京料理「福ろく寿」の素敵なコース料理をご馳走になった。いろいろたっぷりあった。旨かった。話題はいくらもある。生ビール2杯と日本酒1合。ご飯以外完食。

始発だから小田急線は席を譲ってくれる人がいない。大したことはないが、登戸まで立ったまま。それにも慣れてきた。
 
(お断り 虹の写真は、プリントすると邪魔な横線が入って虹が良く見えませんが,修正できません。あしからず)

                                 おわり
               TOPへ戻る