16-07-31(2016年 第38号 )  
つばき会 7/27 泉岳寺門前・紋屋
暑気払いと称し2月以来約半年ぶりの同窓会に7人が集まった。今回は集まること自体が大ごとに近かった。1年先輩と1年後輩と同期5人、82歳が中心だから無理もない。

1人は、ゆっくり歩くというより「よちよち歩き」。先輩が付き添って来たが、大幅に遅れ、会場に着いても2階の部屋に上がれそうもないので宴会場を1階に移してもらった。

後輩も遅刻。彼は地下鉄駅から歩いて数分なのに分からないので店に電話し、駅近くに迎えに来てもらったという。
その間、私はスマホで先輩と後輩に何度も連絡したが、年寄りにとっては「もうすぐはまだまだ」ということを知ることになった。

乾杯のビールも、3人が飲めないので最初から気勢は上がらなかった。しかし、話しになると、遅刻2人は寡黙だったが、あとは普通というか普通以上のおしゃべり。かつては毎年全国各地を旅していたから、その思い出は、旨いものとともに故人となったメンバーにも及んだ。

欠席との連絡にメンバーから手紙やファックスが来たので、それを読み上げたら、そいつ!?のことが話題に上がった。

富山の魚の塩焼き・煮つけを食べながら、遠慮のない会話を愉しんだ。私はジョッキ3と熱燗1で呆れられた。

私が、この会もそろそろ限界、といっても誰もやめようとまでは言わず、幹事は来年の新年会と納涼大会の企画まで持ち出し、全員賛成となった。新年会は女性メンバーが出席できる日と決まった。口は元気、というところか。

帰りは私も「よちよち歩き」に付き添い、タクシーで新橋に出、大宮まで坐れる電車に同乗し、東京駅以降は先輩に託してから分かれた。何でも言える彼には「次からは自宅から会場までタクシーで来い。付き添う先輩が伸びちゃうから」と強く言っておいた。

PET検査の結果は異状なし 7/28
9時半の予約だったのでラッシュアワーの電車に乗った。満員とは思えなかった。ラクで隔世の感。診察もスムースにいって簡単に終わった。要するに癌はなかった、ということ。

医師は映像を見せながら、ここのところが光ると思ったが、光らなかったという。私が癌ではなかったのですね。というと、はぐらかすように、胸水も減っているという。で、私は、よかったです。うれしいですと、正直すぎるような返事をした。医師は、ま、経過観察ということにして、3か月後にレントゲンを撮りますというので、おねがいしますと下手に!?出た。

いったいあれは何だったんですか、とは言わなかった。

入院12日間のいわば検査漬けのあとの急な退院、6日空けてのPET検査、その1週間後の結果判明。合わせると、6月29日の夜間救急医療は別として―6月30日の入院手続きも加えず―7月4日の入院から28日までとすると、25日間となる。長いと言わざるを得ない。

それでも、良くとって、結果が良かったのだからいいではないか、よく調べてもらって良かったではないか、なんといっても、癌でなくて良かったではないか、と思うことにした。そう、ホント、ありがたいことだった。

ご参考まで、PET検査のことをひと言(ネット検索―要旨)。
PET検査は、がん細胞が正常細胞に比べて3〜8倍のブドウ糖を取り込むという性質を利用します。ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。従来のレントゲンやCT、MRIなどの検査は、写し出された造形からがんを見つけますが、PET検査は細胞の性質を調べてがんを探しだします。

因みに私の所見は、「左肺のconsolidation(整理、まとめ)について、FDG集積は低く、無気肺(息切れの症状?)と同等です。右下葉のconsolidationへの集積も軽度です。左上葉腹側にはやや強いFDG集積がみられますが、CTでは淡い濃度であり、炎症性変化を疑います。心拡大、左房拡大あり。胸水貯留(左>右)あり。肺門や縦隔リンパ節に軽度集積していますが、非特異的な所見です。その他、異常集積を認めません。」
私のような素人には分かりにくい。癌ではなさそうだが…。

田中真知子らの「さくらんぼの会 デュオコンサート」 7/29 17.- ムジカーザ 
2台のためのピアノ曲と連弾に絞ったコンサート。どこかの音大を出て子どもピアノ教室の先生になるというよくあるコースよりは多分上のクラス(失礼!?)。もちろん、まちまちだが、老若の女性16人が入れ代わり立ち代わり演奏し、控えの奏者が譜めくりもする。15分ずつの休憩を2度とり、1部から3部まであるから全部で3時間近くかかった。満席―140名を超えたとか。

田中真知子さんが一番うまかった、と私は思う。連弾2曲―「汽車は走るよ」と「リベルタンゴ」―と2台で弾くバッハの「ピアノ協奏曲第1番 第3楽章」に登場。中では抜群の演奏だった。バッハ演奏の実力は観客にも分かったようで、拍手が本ものだった。それ以上は言う資格がない。私と同年代という先生格のリスト2曲はさすがに手慣れたものだったが…。

18曲のうち14曲を聴いたところで、冷房で腹が冷えたか、椅子の堅さで尻が冷えたか、トイレの事情があって退場し、暖かい!?外に出たらすぐ直ったので、代々木上原駅南口に赤ちょうちんの焼鳥屋を見つけ、ふらりと入った。
コブクロの刺身とは珍しい。しかし、函館「わたなべ」の串焼き、札幌「京城屋」の焼き肉、昔根津の「鳥茂」で食べた刺身とは異なる品。食べ残してしまった。他に串焼き3本、ビール1、日本酒1。
               

     

朝から夜まで、レースのカーテンが風でふくらみ、ゆっくり戻る。ときには大きくふくらみ、なかなか戻らない。食卓からなら左右2室の同じ白いふくらみが見える。
逆の風で網戸に張り付くときもある。
蝉しぐれ。ときに1匹ずつの束の間の天下宣言のような鳴き声。
開け放した玄関の網戸の隙間から、ピンポーンの誰かは判る。クリーニング店の中年男だから、ま、いいだろうと、ふんどし姿で出た。何も言わなかった。言いようがなかったのだろう。
家の中を風が通る。まだクーラーを入れない。7月分電気代2,260円。
                                  おわり
               TOPへ戻る