16-07-24(2016年 第37号 ) 
コンポ買い替え 7/19
10数年も前に買って古くなったミニコンポを、似たようなものに買い替えた。評判の「BOSE」にしようかと迷ったが、長所と短所を検索したら、意外にも評判がよくない。で、いま売れ筋の4万円そこそこのものにした。

音を中心に選べば高級品がいくらでもあるが、それらにはラジオがついていない。私はNHKFMだけは聴くので安物になった。
ネットで注文したら翌日届いた。その夜直ぐに組み立て、聴き比べたが違いが分からない。失敗した。音を大きくすればどちらもいい音が出ると知った。

と思ったら、ちがった。聴いているうちにスピーカーが、馴れてきたというのか、馴染んできたというのか、段々良い音になった。よく響くようになった。やれやれ。

古いほうはMDが聴けるが新品は聴けないから、古いからと言って捨てるわけにいかない。書斎はますます窮屈になった。

弁天通りと枝豆 7/19、20
うまく説明できないが、歩いて4、5分のところに弁天通りがあり商店街になっている。いまはさびれているが、面影は残っている。私などが好きそうな個人商店街。郵便局と城南信金があるから、この辺りではにぎやかな通りだったのだろう。
炎天下、買物車を曳いて歩いた。

クリーニング屋でズボンを依頼した、名前を憶えていた。郵便局で払い込み2件と貯金引き出しと投函2通。それから八百屋であれこれ買った。枝豆は200円の袋入りを2個。

枝豆は前日、スーパーいなげやで980円の袋を買った。そこにいた小学生の男の子が母にねだっていたが、今日はお金がないのよ、と言われあきらめたのを見定めてから買った。380円の袋もあったが、どちらにしろ枝豆は高い。その日は近くの直売所でも枝をつけたままの姿で200円で売っていたので、3袋買った。枝豆だらけ?!

それから和菓子屋で大福2個。肉屋で揚げたてのとんかつ―ロースとヒレ各1―を買い、豆腐屋でもめん1丁と厚揚げ2枚。
この3軒はいずれも年配の店員・店主で、老舗を背負っている感じ。なんか、しっとりした人間に仕上がっている。話しやすいムード。みな元気で愛想もいい。

というわけで、19日と20日は山ほどの枝豆を食べ、ブランチは冷奴と厚揚げだから ALL BEANS。枝豆は旬だが、手が引っ込みそうな高価品になってしまった。

PET検査とビール 7/21
血圧126/64、耳たぶからの採血で血糖値99。どちらも受験資格ありとなり、更衣室で着替え、先ずは注射するまで20分ほど待った。
注射してから90分待ち。え、1時間半ですか、と訊き返した。
待機用ブースのリクライニングソファで水500ccを飲みながら(空けるように言われた)安静に。タオルケットをかけて居眠りした。
時間が来、正面のTVで検査室に行くよう指示された。
撮影は20分ほど。CTともMRIとも似たような筒状の装置に横たわって動かないでいる。息を止めて…はない。じっとしていればいい。
そのあとまた20分、撮影結果の確認のために待たされた。合計約3時間。

2台の装置がフル運転しているようだった。別にCTもMRIもあり、1階下はレディスクリニックになっている。全体に豪華・高級医療センターといった趣き(虎の病院付属画像診断センター 虎の門清和ビル6階)。

本院とこの別院の検査で30万円を超えた(ベッドの差額込み)。貧乏人には痛い出費。受けられない人もいるにちがいない。

銀座が近いので7丁目ライオンで独り乾杯―名目はなんとでもつく。といっても、黒生2杯で満腹とは老いたもの。
2時と3時の間だから空いていた―それにしてもの感。中国人買物客の「ついでに来店」で従来からの顧客が逃げたと思う―(潜在的)差別観だろうか。長年のファンとしての観察結果のつもりだが。
左のテーブルにその中国人の子ども連れ3人客。食い散らかしている。

右隅のテーブルには2人の爺が、相手欲しそうな顔でだらだらと飲んでいた。ここの常連なのだろうが、もう会話がなくなった仲。いつの間にか2人ともスマホに見入っていた。

結果は28日、本院の外来で判明の予定。

毎日書道展 7/23 国立新美術館
大谷清照さんの書を見てきた。ひと型(イエスさま?)をかたどった雄渾・緻密な書 ↓
  
 高校同期大谷登士雄夫人大谷清照さんの作品 ↑ 右半分を拡大 ↓ 旧訳聖書 詩篇第27から
         
          分かりやすく別に書いてくれた。 味わってください。 
     
「(ダビデの歌) エホバはわが光わが救いなり われ誰かをおそれん エホバは我が生命のちからなり…」文語訳

       高校同期富田幽蒲さん(審査会員)の作品 ↓    知らない書家の作品 
      

     知らない書家の作品 ↓ いずれも字=書らしくないがおもしろくて…
  

  
2万点とかいう展覧会は見る側からすると限界に近いのではないか。入り口で検索してもらい、59、45室に行き、そこで見まわし、あった、となる。だだっ広い、仕切りの多い壁が1階から3階まで、ところによって2段になったりして…。

       ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇

●日本の歌
ミニコンポのならし運転のようなつもりで日本の歌のCDを聴いた。唱歌、愛唱歌、演歌、流行歌など、ジャンルというか、呼び方ももいろいろあって、私には分類できないが、要するに、高校後輩の1人が送ってくれた何枚かを聴いたということ。
中で一番よかったのが「さとうきび畑」。前から聴いていて好きだったが、久しぶりに聴いた。初めてのとき、語呂合わせではないが、ざわーっときた。いい意味で興奮・緊張した。今回は繰り返し聴いた。ご存知でしょうが、初めのところ…

 ざわわ ざわわ ざわわ
 広いさとうきび畑は
 ざわわ ざわわ ざわわ
 風が通りぬけるだけ

 今日も見渡すかぎりに
 みどりの波がうねる
 夏の日ざしの中で

歌詞は続く。昔海の向こうからいくさがやってきた、あの日鉄の雨にうたれ父は死んでいった、夏の日ざしのなかで。中略。お父さんと呼んでみたい、お父さんどこにいるの、このままみどりの波におぼれてしまいそう、夏の日ざしのなかで。忘れられない悲しみが、波のように押し寄せる、風よ悲しみのうたを海にかえしてほしい、夏の日ざしのなかで。風に涙はかわいても、この悲しみは消えない。間に何度も、ざわわ…が入る。長い歌だ。作詞作曲・寺島尚彦。

「一本の鉛筆」もいい。美空ひばりが歌うのもいい。作詞は松山善三。
歌詞の一部分を紹介すると、

 一本の鉛筆があれば 私はあなたへの愛を書く 
 一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと 私は書く 
 一枚のザラ紙があれば 私は子どもが欲しいと書く 
 一枚のザラ紙があれば あなたを返してと 私は書く 
 一本の鉛筆があれば 八月六日の朝と書く 
 一本の鉛筆があれば 人間のいのちと 私は書く

こういうことに疎いから、ひんしゅくを買うだろうが「夏の日ざしのなかで」また「8月6日の朝」の直前に、いくさの歌を聴くことができた。この夏の私の収穫だった。

○俳句のチカラ―「平和の俳句」選句会ライブ篇」 7/3  既報の写真追加 
選句中の選者  丸の内朝飯会の市原実さんから送っていただいたうちの1枚 →  →   
受贈本など
丸の内朝飯会の藤野さん(浜松市在住)から文庫本を贈られた。氏の俳句仲間の前寿人氏著「第三の男傑(おとこ)」。これから読むつもりだが、明治維新に貢献した陰の英傑の評伝。
同じ会のメンバーの吉田さんからは文春文庫の「巻頭随筆」の幾編か選りすぐりのコピーを贈られた。文春の巻頭随筆は名物エッセイとして知られている。たしかにとっておきの珠玉のエッセーがいっぱい。

例えば啄木が仲人したことを、渡辺紳一郎(函館弥生小―啄木が先生をしていた―出身)が誘導尋問で金田一京助に告白させた話。三木のり平(函館出身)の本名が田沼則子であること。何度となく女に間違えられた逸話の数々には大笑い。最後は、徴兵検査通知も来ないし、入隊通知も来ない、やっと赤紙が来て餞別をもらったところで終戦、丸儲け! エノケンのヘソの移植手術の効果は、ホントのような…? などなど。

クーラー 
豪雨の川崎街道をダンプカーが左右に水を跳ね上げながら走ってきた。5メートル離れた歩道にいた人がシャ−ッという音を聞いたときは遅かった―。
そのときを思い出すと涼しくなる。この近い記憶が遠い記憶の風鈴や氷を切る鋸の音を超えた。

冬は東京も家では外気を遮断して暖をとるが、夏の東京は終日外気と一緒に暮らすことができるだろうか。
北側の玄関を開け放し、南の2室も窓を開け放して風を通すようにすればクーラーなしで過ごせるのではないか…。
ある人に言ったら、熱風が通過するかもしれないと脅された。なるほど、風が熱いんだ。
都心で36.7℃となった日は入院中で、猛暑体験を逃してしまった。

いまのところ、室内を通る風は涼しい。いつまで我慢できるか。外気を遮断しない東京の夏の試み。
                                  おわり
               TOPへ戻る