16-07-18(2016年 第36号 )   
金子兜太の俳句ライブ 7/3 江戸東京博物館
俳句のチカラ『平和の俳句』選句会 ライブ篇」  壇上の金子兜太氏ら ↓
東京新聞に次のイベントが発表されたので応募したら当たって聴講券が来た。入院の前日だったが、お顔を見るのは、私の最後の機会かもしれないと自らを励まして出かけた。Мさんも投句し聴講券が来たので一緒。私は遅刻し、第二部から聴いた。
その前の休憩時間のとき、丸の内朝飯会の市原さんと顔を合わせた。氏は所用で帰るときだったので投票券をいただき、私が投票した。

東京新聞のおしらせは以下の通り。


東京新聞朝刊1面に毎日1句掲載されて
いる「平和の俳句」の東京新聞フォーラム版ライブ選考会「俳句のチカラ」を開催します。レギュラー選者の金子兜太さんと、いとうせいこうさんに加え、テレビ番組の「プレバト!!」でおなじみの俳人・夏井いつきさんの強力な選者陣が、来場者の皆さんの句から、その場で作品を選びます。ベテランはもちろん、初めて俳句に挑戦する方も大歓迎です。あなたの句が選ばれるかもしれません!     
楽屋で →

第一部「ライブ選句会」(60分) 金子兜太氏、いとうせいこう氏、夏井いつき氏に、ライブ篇用に投稿された句の中から20句を選んでいただきます。
第二部「ライブ選評会」(60分) 第一部で選んだ20句を、選者コメント交えつつ選句。その中から大賞、各選者賞(3人)、観客賞を含めた10点を入賞作品として決定・表彰します。

★第2部のライブ選評会は金子兜太の独擅場だった。20句全部について、的確で鋭い評を説得的に表現し、聴衆を唸らせた。氏の選評を聴くとき、聴衆の耳は立った。首を上下させた。
夏井いつきさんを情緒的などといってからかい聴衆を笑わせた。選者2人をリードしながらユーモアたっぷりに会を進めた。際立っていた。
表彰式では、入選者と握手し、記念品を手渡した。


終わって、私とМさんは楽屋に押しかけ挨拶した。椅子から立とうとしたので、慌てて押し戻した。

「平和の俳句」とは例えば次のような句である。
蝉曰(せみいわ)く老死をもって寿命とす   小嶋祐一(59)  7/16
<金子兜太>蝉が鳴きたてている。蝉時雨だ。蝉は短命というが、聞いていると、ゆっくり生きて、老いて死ね、と聞こえてくる。
八十路坂(やそじざか)恋もまだあるこの平和 野沢治郎作(83) 7/15
<いとうせいこう>作者は八十三歳。人間である以上、恋もまだある。元気な高齢者の社会。ここに戦争があったら若者は国になく、高齢者はふさぎこむ。

虹の輪に争へる者つなぎたし         大井公夫(69)  7/14
<いとうせいこう>大きな景色を持つ句。ばかばかしい争いをやめ、天にぶら下がる者たち。<金子兜太>天空の美しいものにつないだら少しは鎮まるか。この戦争野郎め。平和破りめ。

虎の門病院から一時退院 7/15
7月15日、PET検査のために退院し、21日に別の診断センターで検査、28日にその結果を聞くことになった。手続き上一旦退院しないと検査を受けられないのだそう。

既報のとおり、7月4日に入院したから、退院までの12日間は検査漬けだったが、なお、浅漬けだったようで、28日まで、合わせて24日間も病名が決まらないわけ。いろいろ検査したが、肺がんの疑いが払拭できていない。

簡単にまとめると、検査はまず、肺に溜まった水=胸水を100ccほど抜き取って細胞診し、その結果が出る前日、撮影したレントゲンによって、左肺に肺がん(と思われる腫瘍=影)が3か所も見つかったので(てっきり)がんと診断され、これでは手術できないとまで言われた。さすがに気落ちし、その夜はほとんど眠らないで死の心構え=覚悟を改めて確かめた。

ところが翌日、胸水の細胞診の結果が出、がんはなかったことが分かり、X線写真と矛盾することになった。

で、次は気管支鏡で見ながら肺がん(らしい影)をつまみ取って生検することになった。
また「ところが」だが、その生検結果でもがんはなかった。
そして―また次はだが―つまみ取った細胞が、まちがいなく腫瘍部分だったかどうかが疑われ、今度は背中から針を刺して腫瘍をつまみ取ることになった(CTガイド下肺生検)。

ところが―3度目のところが―専門医間の協議により、それよりもPETで診たほうがいいだろうとなり、別の病院付属の画像診断センターで検査することになった。つまり、別検査のための仮退院というわけ。
医師は、徹底的に調べると言ってくれるので任せている、お願いしている。
なお、胸水は自然に減ってきたという。チューブで抜き取るほどのことはないらしい。

考えれば、たとえがんと分っても手術できないし、私にはほかに治療法もないので、放置しても同じである。ま、余命の見当はつくから終末の準備がはかどる利点はある。しかし、それもまた、がんでなくても早くやるべきものだった!?
あらましは以上のとおり。とりあえず。…詳しくは近日中に別に書く予定。

退院しビールで乾杯 7/15
その日もMさんが来てくれた。彼女はほとんど毎日見舞ってくれた。荷物も重いし、雨だったのでタクシーで帰宅した。1万円余。ベッドの差額1日15千円より安い―意味ないか。
帰宅し、荷物を片付けたあと、豪雨の中、タクシーでうどんの「味の民芸」に行き、ビールで乾杯。日本酒も1本。枝豆、ポテトフライ、砂肝塩焼きを食べた。塩味が旨かった。病院の減塩食は薄味でダメだった。激辛の煎餅を買ってしまった。

★翌16日はHさんがパジャマと刺身といろいろな食材を持って、来てくれた。お見舞いのとき、パジャマが1着しかないのを知って取り寄せたが間に合わなかったと。
料理を作ってくれ、たっぷり飲み食いし、おしゃべりした。そのときの様子を彼女は丸の内朝飯会の市原・吉田さんに知らせてくれたので、そのメールの1部を下に転載します。

今日、阿部さんのところに行ってきましたが、まったくいつも通りの元気さで、拍子抜けするほどでした。大いに飲み、食べ、おしゃべりしてきました。病人にはとても見えません。
素人考えを軽々しく言うことは控えなくてはいけませんが、それにしても誤診の疑いを持ちます。胸水に癌はなく、手術できないくらいの大きい腫瘍も生検の結果白だったということは、癌はないと思われます。ただ胸水がどうして溜まったのか(現在は少し減ってきているとか)、その色が血で赤いという点、腫瘍は良性であってもそのままにしていてよいのか、が気になるところです。
いずれにせよ28日にPET検査の結果がわかるということですので、待つしかありません。

                                  おわり
               TOPへ戻る