16-07-02(2016年 第35号 )  
銀座7丁目ライオン雑談会 6/29
OさんとMさんとの3人でおしゃべりを楽しむ月例会。まず、自然に入っていく話はお互いの持病と現状の報告。元気を確認。
Oさんの先月の海外旅行を詳しく話してもらった。次の訪問国も決まっていた。学ぶことが多い。天皇のことも話題に。明治・大正・昭和天皇の人間性についてなど、いつものように、話は尽きない。

11時半から5時半まで、6時間のおしゃべりで、途中からテーブルの上の右薬指と小指がしびれ始め、いつまでも収まらなかった。外に出て、ふと、心筋梗塞、脳梗塞を疑った。Mさんに付き合ってもらい、虎の門病院の急患受付に行き、いろいろな検査を受けた。それが下の項の入院・手術につながった。

丸の内朝飯会 第2458回 6/30
各人の3分間スピーチ=インプット報告の週。いい話しがいっぱい。詳細省略。
あと、虎の門病院に行き、入院手続き。7/4に入院と決まった。

手続きを済ませてから、銀座に出、清月堂ギャラリーで、丸の内朝飯会メンバーKさんのグループ展へ行った。彼女手作りのアートフラワーは材料も色も形もさまざまできれいだった。

  中央Kさん、右Mさん 

すべて手作り作品で、ジャンルもさまざま。陶器、木工芸品、織物、各種アクセサリ、袋もの、絵画、書、その他。
お点前もあり、一服いただいた。Mさんはイヤリングを2組買った。
大衆向き? 中華料理店で遅い昼食。ピータン、酢豚、餃子とビール2。

    ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇   ◇◇◇◇◇

アレレ!? 入院・手術へ 
急に入院、手術となった。心不全から来る「胸水貯留」とかいうらしい。肺(の外=胸膜腔)に水が貯まる病気という(内側なら肺水腫)。量が多いのでチューブで抜き取る手術をすることになった。

6/29に発見、6/30に入院手続き。入院7/4と決まった。バタバタしている。

               虎ノ門金刀比羅宮 →

いきさつは、少しダブルが、ざっと次のよう。
上記の通り、6/29日、銀座のビアホールで黒生中3杯と小2杯を飲み、6時間ものおしゃべりで、卓上に置いていた右手指がしびれ、なかなか直らない。しびれなので、ひょっとして、と、軽度の心筋梗塞または脳梗塞を疑い、酔ったまま、歩いて近辺のクリニックを探したが、ない。それでも諦めないで、タクシーで虎の門病院の急患受付に入った。

酒くさいとも言わずにすぐ検査してくれた。血圧、採血、生理水? の点滴。患者の服に着替え、レントゲン、心電図、MRI検査。
その結果、脳も心臓も異常なしとなったが、肺のレントゲン写真から、胸水が貯まっていることが判った。しかも、量が多いという。明日また来なさいと言われた。

初めは近くの稲城市立病院宛に紹介状を書いてもらうつもりだったが、いま検査したこの病院のほうがいいと思い直し、翌日、初診扱いで診察してもらうことにした。

6/30、呼吸器科の医師の診断でも入院が必要とされ、7/4と決まった。期間は、持病の心房細動の薬の一時中止と再開で前後2週間が必要なので約半月の予定。抜き取りは1、2日で済むらしい。

偶然発見できたが、幸運といえるのだろうか。副産物が大きかったと言っては冗談が過ぎようか。
このところ、そう、1、2か月前からか、息切れがひどくなり、地下鉄の階段の上り下りや、ただ歩いても動悸が激しくなっていた。帰宅し休憩すれば収まったから年齢相応と思っていたが、それが「水溜り」の兆候だったのかもしれない。

ともあれ、脳梗塞(脳塞栓症)の心配から、胸水貯留という、思いもよらぬ現実が出現し、治療することとなった次第。

死因の1、2位を占める癌と心臓病の両方を体験する人生、とでも言おうか。何が起こるか予想できない。どうなるか見当もつかない。ジタバタしないよう心掛けるだけ。

スケジュールが狂った。残念なキャンセルがある。
参院選は不在投票する時間もない。与党反対票が1票減るわけ。都知事選(7/31)は恢復次第か―恢復するとして。
芝居。特に井上ひさしの「紙屋町さくらホテル」(7/7)が残念。数か月前からネット抽選でいい席が当たっていたのに。次の「頭痛肩凝り樋口一葉」(8/6)は見たいものだ。
「日本マイム研究所」の佐々木さんの「マイム」公演(7/12)も―がっかり。

お断り
 これからしばらくホームページを休みます。メールなどの通信もしませんが、ご了解ください。

                             おわり
              TOPへ戻る