丸の内朝飯会 第2457回 6/23
会員佐藤さんのリポート。タイトル「どうぶつとあそぼ」。
「序 どうぶつをネタにあそぼ」「本論1 どうぶつを見て知って理解してあそぼ」「本論2 どうぶつといっしょにしあわせになろ」「まとめ どうぶつとあそんで感じること」。
なんとも楽しいお話だった。

氏は東京の3動物園(上野・多摩・井之頭)のボランティアを務めて3年目という。その実体験と見学者ガイドとで、もう動物に詳しい学者のよう。そして、仕事用のエプロンを着けてのスピーチ。沢山の写真を映しながら、クイズなども用意していろいろ教えてくれた。

「四不像」なんて聞いたこともない動物だった(後注)。若草山の鹿の出産写真は迫力もさることながら、感動で涙が出るような―。アントラーズが鹿の(枝)角だとも知らず、大鷲、鷹、ふくろうを並べられても猛禽類とは知らず、みみずくとふくろうの違いも知らず、みみずくの耳のようなものがかざり羽とも知らず、あるいは、ライオンは去勢かパイプカットかも、蛇はウィンクするかも、キリンの頸椎の数も…要するに私は何も知らないのであった。しかし、メンバーの中には詳しい人もいて、それもまたおどろき。

私は今は生き物にほとんど触れもしないことに気付く。上野動物園にも何十年も行っていない。昔、猫と兎は飼ったが、犬は飼ったことがない。田んぼを耕すとき牛の鼻を取ったのは戦争中だ。それだけ。どうしよう。

「四不像」=大きなひづめはウシに,頭はウマに,体はロバに,角はシカに似るが,そのいずれでもないという意味で四不像。しかし,野生の個体群が約1800年前に滅びてしまい,北京の中国皇帝の狩猟園にごく少数が飼われていたものが1900年ころイギリスのベドフォード卿の庭園に移され,最終的に生きのびたという数奇な運命を…(ネット検索)。

築地本願寺と泰明小学校 6/23
木曜日は丸の内朝飯会に出、そのあと散歩することもある。今回は11月に移転する築地市場や場外市場方面をぶらぶらした。
市場の中は中国人らしい見学グーループがぞろぞろ、場外は買物客で賑わっていた。
寿司の磯野家は賑わっていたが、かつてのビル地下の店は見当たらなかった。

本願寺も外国人が目立った。異様なくらい独特な建物は健在、というか相変わらず。新しい歌舞伎座も、異様とういえば言えそうな建物。
銀座へ向かい、「あけぼの」では煎餅ではなく大福を買った。マツモトキヨシが処方箋を受け付けていたので、その地下で点眼薬を買った。地下も中国語が飛び交っていた。熊本館で激辛の「とうがらしにんにく」と「ゆずこしょう」を買った。ポンパドールでフランスパンなどを買った。
途中、画廊などは素通りし、のぞき込んだのが泰明小学校・幼稚園。なんとなく健気な感じだが、内実は知らない。
        ↓ 築地本願寺                 泰明小学校
  
              16-06-26(2016年 第33号 )  
7丁目ライオンのランチタイムは中国人グループで占められていると言って過言でない。おばあちゃんと孫2人が、つなげたテーブル席に荷物を乗せてぶらぶらしていた。父さん母さんが銀座でなお爆買い中らしい。あちらもこちらも中国人グループ。日本人は壁側の席。

夜の雰囲気は別だろうが、昼の銀座は変わった。行きたくないくらい。前にも書いたが、日本人農協グループのステテコ旅を知っているから批判はできない。「普通」になるには年月がかかるだろう。黒生2杯でおわり。

職場OB3人会 6/24
今回はわが家でおしゃべりした。82歳と83歳が、言いたい放題の4時間。楽しいものだ。
3人とも身体の衰え顕著、体調も全員不調(私は動悸・息切れ)。それでも意気軒高―相当オーバー―、憂国の情に溢れながらも冷静な目と的確な批判―自分で言ってりゃ世話はない。
共通点は好奇心と向学心があることか。その場で代わってネット注文した本は与謝蕪村の古本だった。

たまたま飛び込んできたホットニュースが参院選で改憲4党が3分の2を取りそう、英がEUを離脱しそう、の2つ。俎上の2題は大きかったが…。

茹でて持ってきてくれた自家の枝豆や地元のソーセージのほか、大量の刺身や寿司をテーブルに広げ、ビールと酒とジュースが立った。飲み食いはしかし、ほとんど私1人の感じ。

日本国の先行き 6/25記
英のEU離脱のほうが大ニュースだろうが、今日は土曜日。円高・株安の程度は月曜日までお預けなので、まったく別の、ここ数日間の、別の書きかけのものを急いで紹介したい。こちらも(私の)柄になく大きいが、じつは新聞記事の寄せ集め。題すれば「日本国の先行き」となろうか。

★高名な投資家ジム・ロジャースのインタビュー記事から。
「お札の増刷『異常』このままでは破綻…」の見出し…
彼は日本株から撤退したという。この先良いことは何一つ起こらないから。アベノミクスは常軌を逸したようにお札を刷り続け円の価値を下落させた。自国通貨の価値を下げたり、インフレを起こそうとする手法で成功した国はない。首相は日本を破綻に追い込んでいる。マイナス金利政策で経済を良くすることはできないと断言できる etc. 6/21 朝日

★ニュース記事には「原油価格の下落や中国の経済不安を背景に、安倍政権の経済政策アベノミクスで円安・株高のけん引役だった外国人の日本株離れが鮮明になった」とある。6/20 

★元官房長官与謝野薫のインタビュー記事から。
「異常ともいえるお札の発行は『インフレの種まき』にほかなりません。ツケが通貨価値の下落などインフレの形で、本来責任のない国民に襲いかかることを、とりわけ弱者の生活苦につながることを、強く懸念しています」朝日

★経済学者(元日銀)岩村充のコメントから。
「…そもそもインフレが景気を良くするという考え方に疑問がある。…投資家心理が一気に冷え込み、大量の国債が売りを浴びせられるリスクは強まっている」6/23夕 毎日

また、別に「…この事態に、古巣・日銀の現状を憂える岩村充早大大学院教授が大胆な提案を発表した。日銀がもつ国債の『永久国債化』だ。つまり日銀保有の300兆円超の国債の一定部分を返済の期限を定めず塩漬けしてしまおうというのだ」「日銀は財政当局と溶け合ってしまった…いずれ日本経済、世界経済を崩壊させかねない」と。6/14 朝日(編集委員)

★「これでは社会が破綻する」「増税延期 暮らしの行方」6/22 毎日論説委員 
「社会保障改革の必要性が認識され…ようやく与野党が税と社会保障の一体改革に合意したのは民主党・野田政権のときだ。10年近くに及んだ与野党の努力を事実上、覆したのが今回の安倍首相の消費増税延期ではないか。少子高齢化の人口構成がますます険しくなっていく。給付と負担の仕組みもそれに見合ったものにしなければ社会は破綻する。『アベノミクスの成果』という一時的な税収増で賄えるようなものではないのだ」

★三井住友信託相談役のコラムから。
「…職場、学校、家庭で増税延期のぜひをめぐる議論が交わされているのは国民の成熟度を示す事実である。…ところが、立法にあたる政治家同士の論争は、とんと聞こえてこない。国民と政治の間にあるギャップが醸成するマグマは、政治不信となりいつか爆発する」6/22 毎日

★ジェラルド・カーティス(米コロンビア大名誉教授)
先ずは増税延期について、と問われ、「もはや日本の財政赤字は危機的状況に近づいてきたと言っていい。…予定通り上げるべきだったと思います。約束を2回も延期するというのは国際的信用にかかわる問題です」「信用という面では…伊勢志摩サミットの時もいただけなかった。『世界経済がリーマンショックの前夜』みたいなことを言って、首脳たちからあきれられていましたね。もっと正直に言えばよかったんですよ。『アベノミクスはまだ望むような結果が出ていないが、着実にいい方向にあるから、もう少し時間がほしい』と。そういえば国民にもわかりやすいし。あの言い方では国際的な信用を失ってしまいます」(「そこが聞きたい 安倍政治と参院選」)6/24 毎日 

★言論NPO代表が「発言」欄(毎日)で―
「…ある国際会議の場では、多くの代表者が、民主主義のために多くの知識層が国境を越え、力を合わせるべきだ、と発言した。それだけポピュリズムの傾向に政治が迎合する現実への危機感がある。…私たちが最近行った有識者調査でも7割近くが、日本の将来を悲観している。政治は、国民に存在する日本の将来への不安に真剣に向かい合っていないのに、増税の延期では足並みをそろえる…」6/22 

★元最高裁判事が「この国はどこへ行こうとしているのか」(特集ワイド 毎日)で―
「みんなが口をつぐんだ結果…国が事実上滅びたのはほんの70年前のことではなかったか。…自分の意見を持ち、意見の違いを認め合う本当の民主主義が育っていない。…外見はまだ民主国家の装いですが、中身は確実に全体主義国家に近づいています」6/21 

リスク、不安、懸念、悲観、危機感、異常、破綻、崩壊、爆発などの言葉が並んだ。

昔、日銀は「職業的心配屋」などと言われていた。知らずに影響を受けたかもしれない。いまは「悲観的に見て楽観的に生きる」ようになった。そのつもり。いい加減なのだろう。
                                    おわり
              TOPへ戻る