16-06-22(2016年 第32号 )   
金子兜太氏からハガキをいただく 6/21 
うれしいお葉書をいただいた。ありがたいことだ。勝手にコピーし掲載させていただいた。ハガキ全体が氏の作品というのが私の以前からの見立てなので宛名面も。

82歳に向かって、長く生きよ、短命不可とは―恐れ入るほかない。
96歳とは普通ではない。より長命を祈るや切。
   

6/21は視野検査に行ってきた。その途中で買った東京新聞の1面「平和の俳句」欄に金子兜太の選評があった。
「夏至の月原発はすぐやめなさい―野崎憲子」について、「梅雨どきの空から明るい月が叫んでいます。原発なんかおやめなさい」。
因みに、6/20は「若冲に二千の行列春うらら―増田靖男」について、「江戸の画家若冲。装飾画のような鶏などの絵に二千の行列とは平和だなあ」。
6/19は「草には根人に九条生きる知恵―進藤ユミコ」について、「『九条は世界中に発信したい人間の知恵』と作者。その私たちを現政権は軽んじていると怒る。政府よ、『本当の知恵に目覚めよ』」。
毎日である。じつにじつに精力的。

なお、当日の東京新聞13面は、全ページが「平和の俳句 戦後71年」という特集。平和と俳句に力がこもっている。

明治・大正・昭和天皇のこと
第30号で天皇関連の本のことを少し書いた。おもしろくなって、その後も本を買い、読み始めたのはいいが、次第に範囲が広がってきて収拾がつかなくなりそう。
上記金子兜太の葉書にあった「儚儚老随筆」に書き始めたのだが、本や参考資料が増えてきて、いつ果てるとも知らず…こういうのは実現しないものと相場が決まっている。

明治天皇の幼児期と即位までは幕末の動乱期だからおもしろく読んだとしよう。明治時代全体は、まだ読んでいない段階。大正天皇の一生は簡単ながら一応読んだとしよう。次は昭和天皇。幼児期少年期までは来た。しかし、その先が問題。なにしろ昭和は戦争にまみれた時代。

15年戦争とも言われる長い戦争のあと、ポツダム宣言を受諾し、無条件降伏(1条件付きとの説もある)したあとも天皇は在位し、人間宣言し、昭和は64年まで続いたのであった。

私は天皇の声をラジオで聞き(数日遅れ?)マッカーサーとの会見写真を新聞で見ている。あの身長の差と、緊張と余裕の差は忘れられない。

昭和一桁生まれの私は、それらの記憶、というより、人生そのままが昭和。だから、次は昭和天皇、と言っても簡単には読み切れないのである。

30号で触れたように「『昭和天皇実録』の謎を解く」を読み始めたら、新しく知ることばかりなのに、なぜか疑心暗鬼になり、直接「…実録」に当たらないと、などと出来もしないことを考えてしまい、途方に暮れかかっている―。
直近3代の天皇に限っても、こうだから、天皇制の歴史となるともうお手上げ(大宅壮一著「実録・天皇記」なども読んでいる)。

飽きっぽいから途中で興味がなくなるに違いないが、せめて数冊の本を読むくらいはやったうえで、昭和天皇とその時代について、少しはサマになる「感想」を書きたいと思う。

当選「東北応援グルメ賞」 
城南信金のスーパードリームとかに抽選で当たったという。東北各地の名産品カタログの中から福島の日本酒2本(720ml)セットを選び、送ってもらった。いまチビチビとやっている。
メガバンクとかは揃って政治資金を大口献金し、一方、信金は少額預金者にも利益の一部を還元している、ということか。そういうことかね。ちょっと辛口かな。
                                 おわり
              TOPへ戻る