16-06-19(2016年 第31号 )  
丸の内朝飯会 第2456回 6/16
タイトル「トヨタ方式で世相を見れば〜常識に隠された真実が見えてくる〜」。講師はものづくり大学名誉教授で、元トヨタ本社物流部部長だった田中正知氏。
お話したいことがたくさんあって、1時間でどう収めるか、初めから苦慮されていたかもしれない。忙しかった。しかし、終わっても帰る人が少なく、氏の周りに集まって議論がてらお話を聴き、1時間もオーバー。滅多にないこと。

レジュメの最後の項目は「4つの哲学から見えてくる世相」だが、4つの哲学とはトヨタ方式の土台になるもので、@人間性尊重−人を責めずやり方を攻めるA諸行無常−世の中すべて変わっていく。変わらないと取り残されるB共存共栄C現地現物―自己がなければ見るともみえず。
そして見えてきたものは、哲学の域に達した現実を見る目かもしれない。常識を疑い、より深く見ること。例えば電柱のこと。西欧から韓国、インドなど無電柱都市の写真が映された。日本国の遅れは異常なほど。東北大震災後、熊本地震後のライフラインなどはどういう姿になるだろうと突きつけられた。

「炭鉱の絵描きたち」民芸公演 6/16 紀伊國屋サザンシアター
「民芸の仲間」新聞にこうある。「生粋の炭鉱夫たちが芸術に目覚めていくという美術史上まれにみる『アシントン・グループ』の実話をもとにした感動作です」。

1934年、イギリス北部の炭鉱町に労働者の自己啓発のために美術教師がやってくる。ミケランジェロもダ・ヴィンチも知らず、絵画さえ見たことのない炭鉱夫たち。絵画・芸術の基本から議論が始まる。話しはかみ合わない。教師が苦肉の策として、自分で描いてみたらと言う。彼ら5人は描き始める。出来上がると批評し合う。急速に力をつけていく。早すぎるほどのテンポで…。モデルがやってきていきなり脱ごうとする茶目っ気あるエピソード=サービス!?もある。グループ展を開き、パトロンも現れる。おもしろい展開。絵画好きにはうれしい問題提起やさまざまな議論が交わされる。全員がゴッホを見て高く評価する―し過ぎくらいにも。しかし、いい言葉がポンポン出てきて気持ちがいい。新聞には「コミカルで痛快な舞台」とあった(6/3 朝日)。

椅子とイーゼルだけがほとんどの簡素で機能的な舞台装置。上からぶら下げた張りぼてのような大きいスクリーンに旧式映写機で、絵や、場面転換のときには時代背景の写真を映し出す。うまい。

長いし、ときには難しいセリフを、多くは5人の炭鉱夫が、よどみなく順序をまちがえずにしゃべるのは、だから俳優、とはいえ見事。女が2人登場すると華やぐのが何となくおかしい。いい。

「古典再生―作家たちの挑戦」 6/16 宮内庁三の丸尚蔵館
         ←矮鶏置物 光雲
タイトルはオーバー。ま、後期展示だけを見たから、前期と合わせれば良かったのだろうが。無料というのはいい。
高村光雲の木彫「猿置物」が見たくて行った。「養蚕天女」も出ていて、どちらもよかった。横山大観もここの「秩父霊峰春暁」はよかった。―以上素人判断。撮影禁止なので絵葉書から別作品を転載。

久しぶりの東御苑を散歩。「都心の自然」の一環。緑がいっぱい。もう濃い緑。天守閣跡などの石組みの良さ。あじさいとざくろが咲いていた。
        

        

        

        

        

        

        

「カブト」―新宿西口のうなぎ串焼き居酒屋 6/16
有名老舗。久しぶりだった。うまくいって、すぐに坐れた。5時10分。
ここはドアというか入り口というか、がない。露路の突き当りに、いきなり椅子とカウンターが現われる。
早速、7本の揃い=コースを注文。瓶ビールと焼酎。たちまちに食べ、追加数本。黒ビールも追加。
お客さん数人と、なんとはなしのおしゃべりに。ここには「わきまえた」客が来る、と思う。
帰宅してもしばらくは身体が火照っていた。
                                おわり
               TOPへ戻る