16-06-15(2016年 第30号 ) 
   フォント(活字)がバラバラで読みにくいのですが、直せません。あしからず。

丸の内朝飯会 2455回 6/9
会員村山さんの講演。会の旅行や見学会を含め、ご自分の計算で32回目のリポート。タイトルは「87歳を迎えて、感謝です」。
1986(昭和61年)からほとんど毎年、長い人生行路を語り続けて今年87歳。なお矍鑠たるもの。
4字漢字を考えながら聞いていた。
健康第一 日常順調 運動日課 難聴進行 記憶減衰 約束厳守 夫婦相和 家庭円満 一族協力 長寿感謝 往行吾道

なお、最長老高橋さんのリポートは、タイトル「卒寿を迎えて(仮題)」として、7/7に発表される。これまた驚異。

オペラ映画「エレクトラ」 6/9  新宿ピカデリー
タイトルも初めて見る、聞いたこともない、縁の薄いオペラ。舞台も簡素な1場きり。
復讐のドラマ。出ずっぱりで歌うソプラノ・ステンメは歌も見事だが、演技も上手くまた、映画の特権であるアップで見られる表情―顔も目も―がよかった。
出演者の多国籍というか多様な歌手が活き活きと歌い、METが世界各国のえりすぐりを擁していることがいやでもわかる。

ストーリーは以下のようにネットからつぎはぎして要約した。

この衝撃のドラマは、愛する父王を暗殺した母とその愛人への憎悪に燃え、王宮内で犬のような生活を続けながら復讐の時を待つ王女エレクトラの物語。
王妃クリテムネストラは情夫と共謀し、戦争から戻ってきたアガメムノン王を殺した。娘、エレクトラはそのことを恨んでいて、いつかは復讐して二人を殺し、その死体の上で踊りたいと思っている。妹クリソテミスは復讐のことよりも、いつかは見知らぬ男性と結婚して幸せになりたいという気持ちの方が強い。


良心の咎めのせいか心身ともに調子のよくないクリテムネストラがエレクトラのところへやってくるが、エレクトラはいつか弟オギストが成長して現れてきたら殺してやると言う。クリテムネストラは衝撃を受けるが、侍女の耳打ちで機嫌が良くなり、エレクトラを嘲笑しながら去っていく。
クリソテミスがやってきて、オギストが事故死したと伝えてくる。死んだ弟では頼れないので、エレクトラは妹に一緒に母とその情夫を殺そうと持ちかけるが、気の小さい妹は拒絶して逃げる。
誰の協力も得られないと思ったエレクトラは1人でその復讐を果たそうと考え、地面に埋めておいた父が殺された時に使われた手斧を掘り始める。すると彼女は、近くに1人の男が自分を見ているのに気付き、何の用かと尋ねる。男は「自分は弟オギストの死を知らせに来た」と答える。ぼろを着た女の悲しむ様子を見て、それが姉エレクトラであることが分かる。二人は再会に感激し、とうとう復讐が果たせると喜び合う。
オギストが宮殿の中に入るとクリテムネストラの悲鳴が聞こえて来、次には愛人の悲鳴も聞こえてくる。
ついに、2人の死体の上で踊れる時がきたが、エレクトラは興奮のあまり気を失ってしまう。ごうごうたる音楽が、この悲劇を締め括る。

タイトルロールのニーナ・ステンメは、現代屈指のドラマティック・ソプラノだが、ここではまさに本領発揮である。全編出ずっぱりで、しかもほとんど歌い続けで、復讐に燃える王女役を凄絶に演じる。歌も見事だが顔の演技も鬼気迫る表情。
それにしても、この母娘の愛憎の表現がアップで見られるのは、ライブビューイングならではの強みだろう。ちょっと怖いが、オペラの醍醐味ではある。


この作品についても、現地評の一部を紹介したい。
@現代のオペラ演出の金字塔。才気煥発なエサ=ペッカ・サロネンの指揮のもと繰り広げられる、たぎるような激しさと、心理的に深い洞察、そして真に演劇的な独創性にあふれた舞台は、まさに驚きの連続である。そして、内なる炎を燃やすソプラノ、ニーナ・ステンメが歌うタイトルロールを筆頭に素晴らしいキャスト陣が集結した。―The New York Times
A身動きできないほど、胸が締めつけられる舞台…100分間ノンストップの激情が、オペラ史上最も壮絶な虐殺で幕を閉じる。―Huffington
B圧倒的な歌唱力と激情偉大なニーナ・ステンメは、疲れを知らないパワーで歌い上げた。非の打ちどころのない満点。Financial Times 

近くの老舗とんかつ屋で昼飯。瓶ビール1本。そしてもう1本!

映画「海よりもまだ深く」 6/9 新宿ピカデリー
辞任に追い込まれそうな都知事の公私混同を、新聞はよくない意味で、ちまちま、せこい、ケチなどと評したが、いい意味の(あるとして)ちまちま せこいなどがあてはまりそうなのがこの映画、とでも言おうか。決して悪くはない。しかし、なんともちまちましている。

主役(と言っていいだろう・言いたい)の樹木希林が、朝日新聞の大きいオピニオン欄でインタビューに答えている(「憲法を考える」シリーズの一つで「ハンセン病隔離」の問題について。6/10)。
その中で彼女はこう言っている。「…ハンセン病に限らず、戦争も原発も同じじゃないかしら。…散り散りになった福島の人たちは故郷から離れ、…家族がバラバラになった人もいる。あれは形を変えた『隔離』じゃないかしら。…国というものを時々、疑ってみる必要があるのかな、と思うのね」と。彼女は全身がんに侵されているとか。映画では元気に見えた。

この映画では、とくに会話の妙に感心した。普通の声の大きさの日常会話そのものを狙ったらしい。演技(=芝居)でない演技を演じ、特に樹木希林が巧み。

また、この映画は、狭いマンションの、狭さそのものを狙ったらしい。ダイニングルームが狭い。左手の冷蔵庫を開けて中の食材を出す。ドアを手前に開けておいて、食材を持ち出すため身を反らすと、後ろ向きに腰かけている人が気付いて前かがみになる。食材をすぐ右の調理台に置くと反り身が戻り、後ろの人の前かがみも直る。畳の部屋で3人が寝るシーンも狭さがよく出ていた。会話がみんなごく普通の会話。全体がいわば、ごちゃごちゃ、ぼそぼそ。それらのシーンは、録音技術とカメラの進化のお陰もあろうか。

せこい稼ぎなどは省略。小粒な映画。しかし、繰り返すが、決して悪くない映画。

(日本映画界の現状は知らないし、それほど知りたくもない。予告編にくだらない映画がいっぱい映されるから、ある程度の見当はつくし、新聞評や広告も参考になる。そこから私が面白いと思う作品を選んでちょっと観ている次第)

N響定期公演 第1838回 6/11 NHKホール
指揮・アシュケナージ。
1、「東洋風の幻想曲イスラメイ」バラキレフ 
2、「協奏的幻想曲 ト長調 作品56」チャイコフスキー ピアノ:ハイルディノフ
3
、「交響曲第3番 スコットランド」メンデルスゾーン

何でもござれのアシュケナージはN響をしっかり掴んでいるように思えた。巧い指揮ぶりだった。熱演。弦がよく応えていた―以上素人判断。
バラキレフの曲は初めてだった。派手な前奏曲みたいな気がしたが、それ以上言うことはない。
チャイコフスキーはピアノ協奏曲と言っていいような曲。良いピアニストだと思った。しかも、カッコよかった。洒落ていた。アンコールは左手だけの曲。珍しいのではないか。
メンデルスゾーンの曲はときどき聴く曲。第2楽章がとくにきれいだった。トロンボーンのない編成。弦全体がすばらしく豊かな音―以上素人判断。

N響を生で聴く幸せ。欲張って、来年からの年間会員を申し込んだ。席替えは別手続きですね、と言ったら係員が、とてもいい席をお持ちですね、これ以上の席はなかなか―といった。たしかに悪くない。2階の前から2番目、中央やや右のS席。

本読み 6/12〜15
12日から15日まで、予定がなかったので一歩も出ずに本読み。
読み終わったのは
「明治天皇(1)」ドナルド・キーン(新潮文庫)
「大正天皇」原武史(朝日文庫)
読み終らないのが
「明治天皇を語る」ドナルド・キーン(新潮新書)
「昭和天皇の終戦史」吉田裕(岩波新書)
「『昭和天皇実録』の謎を解く」(文春新書)

キーンの「明治天皇」は4巻のうちの1巻だから先は長いが、おもしろくてたまらない。初めは、当然だが、父孝明天皇のことから、つまりは黒船出現の辺りから始まる維新史となる。
私は孝明天皇など何も知らなかった。そのぶれない攘夷思想の持ち主が、開国・条約締結を進める幕府とどういう関係となるか、やがて立場が逆転し、幕府のほうから天皇に外交政策に伺いを立てるようになり、公武合体から王政復古、大政奉還に至るいきさつ。
大体即位まではこの第1巻。それからが明治時代だから、2、3、4巻が楽しみだが、まだ買ってもいない。読み切れるかも心配だし、読む必要があるか、なんてことまで頭に出てくる段階。

簡単に知るにはやはりキーンの講演記録「明治天皇を語る」でもいいかと読み始めたら、こちらは単なる要約ではなく、これまた別種のおもしろさがいっぱい―。
例えば、外国人が見た明治天皇は「白粉を塗り、赤と金の口紅を塗り、頬には紅をさし、眉を剃った上に作り眉をかいていました。歯も黒く染めてあったのです」とか、「歩き方も変で…足はまるで彼の持ち物でないように見えた」(英公使パークスの通訳)。
それをキーンは、後宮で女官に育てられたから、「男性のような歩き方ではなく、むしろ貴族の女性に近い歩き方だったのでしょう」と想像する。また、日記も手紙もないし「字を人に見せたくなかったようです」(下手とは言わず「自信がなかったか」云々と控えて書いている)し、京都弁だったかどうかも分からず、声も弱いのか力強いのかも分からないという。大酒飲みで風呂嫌いとかの惹句もあって、こちらも読み通したくなるというもの。

ついでに大正天皇のことが知りたくなった。こちらも何も知らない。国民学校生!のときから「変な風説」は知っていた。丸山眞男のエッセイに同じことが書いてあったのを憶えていた。しかし、それだけ。

ところが読んでみると、大違い。健康で元気な皇太子のときには全国を行幸・巡啓・見学・微行して回っていた(沖縄以外の全県と韓国)し、漢詩を作っていたし、詩碑まである。「人民との接近」という章もある。思ったことをすぐにそのまま口に出す「気さくな」態度は周りを冷や冷やさせるが、農夫との会話を掲載した新聞を皇太子本人が欲しがっているからおもしろい。

そのまたついでに昭和天皇という人物を知りたくなった。たまたま「昭和天皇実録」の5年がかりの刊行が始まり、その解析が始まっている。で、その一端を新書で読むことで片付けようと…。「…実録の謎を解く」は、61巻12千ページの中の初めのほうについてだから、タイトルを「座談会 実録ところどころ(1)」とでもしたい内容。しかも、実録自体に政治的配慮があるので、全貌とは言えないよう。
「…終戦史」のほうは、別の「独白録」の分析と戦争責任問題がらみの分析といえようか。

熊は「駆除」か「射殺」か 6/11〜
言葉に引っかかっての遊び―?
人間4人を襲ったらしい熊を「駆除」したのは毎日とNHKニュース、「射殺」したのは朝日と道新。
蚤・虱の駆除とか、ぼうふらを駆除するなら分かるが、熊を駆除するとはねぇ―。射殺では厳しいから優しく言ったのだろうか。何か方向違いのような―。

「餌をやる」か「餌をあげる」か。いまでは「あげる」のほうが勝ったそう。動物愛護のあらわれだろうか。上野公園の、鳩に餌を、のときは「与えないでください」だったか。

「LGBT」が記憶できない。L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー。
無知・無縁では済まない時代が来た。大きい変化だろう。無意識的差別意識はこわい。

未婚の熟年男が増えたという。戦後、未婚の熟女が多くいた時代とは異なる、未婚熟年の男女。とくに男に違和感―これ、差別意識!

◇蛇足◇ 6/15
いま都知事辞任のニュース。私は石原知事以来、都民の保守票の数が多すぎると思ってきた。そして、それとどう関係するのか、次の2代が揃って金の問題で途中退場という体たらく(途中退場は3代連続)。政策の失敗かどうかはうやむやだが、成功とは言えまい。
で、保守投票都民のみなさんにひと言あいさつしたくなって―。
保守投票都民のみなさん、次の投票で3度目になりませんように、2度あることは3度…なんて。別の大きい選挙かなんかで逆襲されるかな。
                                おわり
               TOPへ戻る