16-06-08(2016年 第29号 ) 
サザエさん生誕70年 長谷川毬子と長谷川町子二人展 6/7 長谷川町子美術館 
サザエさんはいい。おもしろい。いまもいい。いつまでもいい。
いじわるばあさんのブラックユーモア(―すべてがブラックではない)もいい。
初めて行った。いい絵を見てきた。
 
  

私は画家としても彼女を買っている。観察眼、細やかさなどなど。漫画のおもしろさも抜群。穏やかで優しい。国民栄誉賞(問題はあるが)も彼女にはふさわしい。関連グッズをあれこれ買ってきた。それらを見ていると楽しくなる。

近代の日本画展 五島美術館 6/7
都心の自然の一つと見当をつけて行ってきた。ここは源氏物語絵巻で有名だが、常設展示ではない。
勝手を言わせてもらうと、入口に近い愛染明王坐像が良かった(写真下右)。寺崎広業「寒山拾得」「蘇東坡」そして「夏のひととき」(写真下左)が良かった。大観は好き嫌い半分ずつ。ここのはよくない。雪村コレクションの墨が良さそうだったが、触れない=使えないので分からない。河井寛次郎の花瓶が良かった。建物も良かった。庭はそれほどではなかった。都心の自然としては、静嘉堂文庫の自然林のほうがはるかに良かった(第27号参照)。
         愛染明王坐像(下部略)→
 ↓寺崎広業「夏のひととき」















庭はずっと下まで落ちている。ゆるやかな坂を上り下りしながら一巡する仕組み。なかなかにいいが、いろいろなモノ(石灯籠、地蔵,道標など)が置いてある。「置いておきたいんだろうな」と金持ちに同情する。趣向が似ている! 

         
             五島美術館の庭 ↑ ↓             

        

Mさんの車に乗せてもらって回った。帰途、二子玉川の高島屋で買い物。北海道の貧乏暮らしで、ほとんどが完全に古物と化しているので(古着・古靴・古枕!)、当座の夏物を揃えているところ。車のときはそれらを積んでもらえるので助かる。これで大体間に合いそう。付き合わせた穴埋めに、大きくはないステーキを食べてもらった。

家事省略と積んどく本
外出が多くなったので、家食=内食が減ってきた。材料も買わないのでおかずなどを作るに不自由。で、ますます出来合いものが増え、悪?循環が始まった。なるべく野菜と水を多くとることを心がけているので(意識野菜、意識水と言っている)、キャベツ・タマネギ・人参は買い置きし、簡単に料理しているが、変化が乏しくなる。梅雨も夏場も生ものは保存が利かないので、あれこれ入っている幕の内弁当などを買い食いするほうがいいか迷っている。

ネットショッピングは本にも便利。取り寄せが早くなり、調子づいて利用が増えてきた。悪癖復活。読むものはほかにいくらでもあるのに、気が変わる瞬間がある。フッと買いたくなる。余命いくばくもない爺の自覚に欠けている。

都知事のカネの使い方が批判されている。TVがないので、彼の姿を見たことはないが、新聞を読むだけで気持ちが悪くなる。イヤな人間がいるもの。汚い政治家がいるもの。ちまちま、せこいなどの評言は悲しいもの―。
ま、似たような政治家がワンサといるのも事実。首相のモノの言い方にしても、もう生理的に気持ち悪くなっていて(NHKがラジオで盛んにしゃべらせている)。自分でもいやになる。

そんなとき、本に行く。読んでいないから書名は上げないが、雑読は相変わらず。ページを開けば途端に別世界に連れて行ってもらえるのがいい。

一つだけ言うと、古本で買った「日本のルネッサンス人」。この中の例えば「まま子立て」の章を読む。この数学ゲーム?を私は知らなかった。著者・花田清輝の文は、衒いがあって、気障で、勿体ぶって、ひねくれていて、洒落ている。それに翻弄されながら、私は読んでも分からないのに食いついて行く―中学校の入試試験などに出る数学問題。

       

 蛇足  ままこだて【継子立て】とは碁石でする遊戯。黒白の石それぞれ15個ずつ、合計30個をなんらかの順序で円形に並べ、あらかじめ定められた場所にある石を起点として10番目にあたる石を取り除き、順次10番目の石を取っていって、最後に一つ残った石を勝ちとするもの。白・黒を、それぞれ先妻の子と後妻の子に見立てたところからいう。継子算。  デジタル大辞泉の解説。ネット検索
                               おわり
                TOPへ戻る