16-06-07(2016年 第28号 )   
丸の内朝飯会 「地球と水の奇跡のコラボ」  講演会 「枕草子」の愉しみ 
映画「山の音」「女の中にいる他人」「殿、利息でござる」  安保法制廃止の大集会 

丸の内朝飯会 第2454回 6/2
美谷島さんの「地球と水の奇跡のコラボ」と題するレポート=講演。
先ず、スクリーンにゴーギャンの傑作とその言葉(タイトル)「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」が映し出される。聴いたあとに戻ってくるところ…。シャレている。いいセンス。期待がふくらむ。

次には水のこと、というのも、地球は水があるから我々があるのだから…。
すなわち、「地球が生まれて46億年。現在、数百万種を越える動植物が地球上に生存している。 その最大の理由は、地球に水があるからと言われている。では、地球にどれだけの水があるのだろう?」と進み、「地球表面の70%を覆っている海水や淡水を全て集めても地球の全体積の0.02%(1万分の2)に過ぎない」。地球上に小粒な水玉が乗っている、水の総量を示す写真が映し出される。

水をよく知ってから宇宙の歴史、地球の誕生、水の残り=留まり=奇跡へと進んだ。
以下、氏のレジュメを、1部私なりに要約すると、
T水の性質と役割 
1、魔法の水の物性@液体であること―融点・沸点(もし気体=水蒸気≒雲もしくは個体=氷だったら?)A中性で溶かす力があること(もし海で酸素が溶けなかったら?比熱が低かったら?)B温まりにくく冷めにくいこと。(独特の特性として水の水素結合がある)。
2、水の役割@生命の創造と維持―水は生命の源A水環境の形成=景観と大循環B熱と物質の運び屋(深層海流が地球規模で熱のバランスを保っているetc.)

U地球と水の奇跡のコラボ
1、地球の誕生、原始の地球に水はあったか―水は大気中に留まった
2、生命の誕生―海の中で生命誕生―進化の旅が始まる
3、地球と火星・金星との違い―太陽からの距離と地球の質量が奇跡的

Vまとめ
太陽からの距離と、ほどよい質量とにより地球には僅かながら液体の水(体積の1万分の2)が残された。そこから生命が生まれ、進化し、人間が存在することになった。地球が「奇跡の星」と言われる所以。

(丸の内朝飯会は毎週便り=ニュースを発行している。各人の[ひと言メモ」をまとめたもの=感想集だが、講演内容の概要は判るもの。従って、ここに私が書くことはメンバーには不要で余計なこと。ただ、私はメンバー以外の、私の知り合いにも教えて!?上げたいので、自分の感想を自分流に書いている。他意はない)

私の感想は「ひと言メモ」に書いた。感動したと書いた。全員の拍手がいつもより大きかったように思う。

レジュメには地球上の水の量を的確に比較できる写真があるが、転載できないので、無関係な写真を飾りとして掲載しよう(ネット検索)。その下は、ある詩の一部。
    
             ←水

              世界の最初の一日   長田弘
          水があった。 大いなる水の上に、空の広がりがあった。
          空の下、水の上で、日の光がわらっていた。…
          (世界がつくられた) 
          最初の一日の光景は、
          きっとこんなふうだったのだ。  以下略。

映画3本  6/2
1日に3本見た。新文芸座で「山の音」と「女の中にいる他人」。池袋HUMAXシネマズで「殿、利息でござる」。
いまどきこんなこと、めずらしい(昔は3本立てがザラ)。
「山の音」
成瀬己喜男監督シリーズの一つ。ご存知、川端康成原作の映画化だが、いま見て、出来は良くないと思った。川端らしいといえばらしいが、全体が曖昧のまま。これが"家族関係複雑的問題の一典型"の提示とでも言うしかないような。そして、いかにも古い。古くなってしまった―。

2枚目上原謙は損な役。そのせいか酔っぱらってばかりいて、ますます冴えない大根ぶり。それに連れられ、美人女優原節子も冴えない―大根に近い。がっかり。目立ったのは進行役になった長岡輝子の達者ぶり(その日の2本目でも)。

儲け役の山村聡がその曖昧さ! をよく出していたか。小道具(例えば能面)や台詞の一部(忘れた)に川端らしい味(嫌味か)が散見された。酷評になったが、鎌倉舞台の名人!小津安二郎と比較してしまったからかも(原節子の美人ぶりも)。

「女の中にいる他人」
1966年公開。原作はエドワード・アタイアの「細い線」。初めて観た。
ストーリーとしてはこちらのほうがおもしろいが、小林桂樹が、精一杯やっているものの―代わりの俳優がいないのが日本映画界!―犯罪者としての人間の深みがまるで出せないので、見ていて白けてしまいそう。ま、後半になって、仲の良い友の妻を殺してしまったことをまず妻に告白し、忘れろと言われても忘れられず、さらには、妻を殺された夫であるその友人にも告白し、気は楽になるものの、次には自首を迫る自分の声に耐えられなくなる、ということになるから、演技にも迫力がでてきたのは認めるが、まだ浅い。たしかに難しい役とは思うが。

タイトルの意味は―ネタばらしになるが―犯人・小林桂樹の妻・新珠三千代が、子供らの将来などを考え、夫のウィスキーグラスに毒を、となる、他人になる…女。

長岡輝子が「山の音」「女の中にいる他人」にも出て、大事な役どころを達者に演じていた。中北千枝子も同じく「山の音」「女の中にいる他人」に出、草笛光子は「女の中にいる他人」と、次の「殿、利息でござる」に出ていた。今昔の感というか、根性というか。「天国と地獄」(予告編)で犯人役の山崎務は「殿、利息でござる」ではエライ儲け役。こちらも今昔の感。どちらもいい根性。

「殿、利息でござる」
痛快。いい映画。今年のベストテン上位にランクさせたい名画と言って良いだろう。感動で「うれし涙」がこぼれるという珍事!?発生。

ロケ―ションか大道具か舞台か知らないのだが、それら全部が、ま、何ともチャチなものだとは思ったが、苦にならなかった。現代風簡素化または省エネと考えてもいい。中身で勝負だ。黒澤明の凝りようを見ているので比較は可哀相。

中身はいい。運びもいい。観ていて気持ちがいい。チラシにあるような、宿場=生活の場の住人たちの単なる金集めと大名への金貸しではない。それまでの「苦労―知恵と協力」が丁寧に描かれていて好感が持てた。

宿場にはいろんな人間が「立場」に縛られるようにして生きている。暮らしのレベルも意見もマチマチ。
安保法制に反対もあれば、よく分からない、もある。消費増税先送りをどう取るかもサマザマ。この映画のような「無私」は、まぁ、はるか先のよう。

しかし、この映画では行政を動かすのだ。生活人が動けば世の中は変わる、というのだから頼もしい。その代わり生活人の苦しさも並大抵ではない。「無私」は易しいものではない。

しかも、それが事実だというのだから、おもしろくないわけがない。藩主羽生弓弦が伊達姿で徒歩で―馬にも駕籠にも乗らず―面会に現われ、村人たちが慌てる場面も事実というからますます愉快。そして感動的。
近ごろの若い男女優が、苦しい日々の中、何とも元気に振舞っていたことが、この映画を活発、溌剌とさせていた。知った顔はほとんどゼロ。そして、映画を離れて「若さ」をもらったかも。

日本の政治家はもう救いがない。 椎名誠でさえ!?「僕は日本政府に絶望しているし、この国は常に絶望を感じなければならなくなってしまった。これをどうにかしたいな…」と言っている(6/3 毎日夕刊)。
消費税増税延期で改憲を企むなどという目くらまし戦法に引っかかるほど現在の生活人はお人好しではない…えっ、まさか?? 

講演会「『枕草子』の愉しみ―『ことば』で輝く王朝世界」。「講座 歴史の歩き方 日本を見つける知の探訪 第75回」 6/3 よみうりホール

Hさんが聞けないのでチケットをいただきMさんと出かけた。月例雑談会の大橋さんとは会場で手を上げて挨拶した。

おもしろい話とは言えなかった。大学生相手に笑いを取る講義をここでも…なんて考えてしまった。真面目なところもあり、講師の発見もあるらしいが、同じ現代風といっても「殿、利息でござる」の溌剌さと「無私」の謙虚さは…ひどい言い方かな。

聞きながら私はこんなことを考えていた。太宰治賞受賞の作家秦恒平は、出だしの「春は曙…」を、サロンの会話と記録から紡いだ文ではないかと解釈している。
つまり、定子皇后が出題する―「春は…」と。女房たちが、それぞれに答える。少納言が記録する。そして、その中から選ばれ練られた結果として遺された作品だと。

彼は、一条天皇のころ、女文化の集団、サロンがあったとする。選子内親王と中宮彰子とこの皇后定子の3つのサロン。中でも清少納言の仕える定子のサロンは「枕草子」によってその様子が遺ったと。少し長いが引用する。

「…その日も皇后坐所のまぢかにお気に入りの女房が何人も参仕し、清少納言もまじって、定子の今日の"出題"を心待ちにしてしていた。
それは勉強でもあり遊戯でもあり、しかし誇り高い楽しみだった。出題にみごとに応じることがさながら文化を、女文化を、みずから創り出すことと彼女らは無意識に承知していた。定子のサロンはそういう雰囲気で以て秀れた公卿たちの熱い尊敬をかちえていた。

今日は四季それぞれに、一等美しくもこころよい時刻を、ごく端的に、言葉を選んで挙げてごらんなさい。―とでも皇后は言われたに違いない。
それでは―。
…書記役の少納言の髪がはらりと前へ動いて、…春は―」そして、それぞれに…
「あけぼの」「しずかに、ものの見えわたるころ」「特にやまぎわ」「ほっと明らんで」「山からは紫立って」「雲も」「ほっそりたなびいて――。佳いいわね。…」(『枕草子』秦恒平 現代語訳日本の古典 学研)。

彼の解釈は他のところでも、例えば、「日は(と仰せに。) 入日。」「月は(と仰せに。) 有明月が…」というふうに続く。私には、世に多いらしい一本調子の解釈より、こちらの問答式のやりとりのほうがよほどおもしろい。

「6.5全国総がかり大行動」集会 6/5 国会前
新聞の大広告をみて、枯れ木も山の…で、のこのこ出かけた。5/3の集会では5万分の1だったから、今回は10万分の1かと思ったら、4万分の1だった。
「戦争法廃止!の声で日本を埋め尽くそう!」がテーマかと思ったら、「市民が力をあわせて参院選に勝利しよう!!」のほうがメインだったか。

呼びかけは「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」だから、安保法制廃止が主になるべきではなかったか、とひねくれた。廃止のためには選挙で勝利しければ、というのも分からないではないが。

ともあれ、人ごみの中を、多すぎる警視庁職員!?の過剰誘導に従わせられてゆっくり、しかし、相当の距離を歩いた。正門前のステージ近くは混雑で入れないというので、結局、近くの庭園に入り、スピーカの声を聞いて帰ってきた。

全体にパッとしなかった。シニア左派が目立ったか。組合の動員も多かったよう。もちろん、市民運動グループもたくさんあった。カンパ袋とチラシ配付も多かった。チラシをいろいろ受け取った。各地でさまざまな運動が行われている。いいことだ。
参加するのが大事と割り切り、近辺を歩いてきた数時間。

     
   この庭園はほぼいっぱいというところか         もらったポスターを部屋の壁に

◇戻ってはベランダでビールと枝豆
Mさんが付き合ってくれたので、デモは早めに切り上げ、ベランダで遅いランチ。

   
       ベランダからの眺め              枝豆・いんげん・トマト・刺身など

                                   おわり
                   TOPへ戻る