16-06-01(2016年 第27号 )   
5/28 彫刻展、源氏語り公演   5/30 等々力渓谷、五百羅漢寺
5/29 静嘉堂文庫美術館  5/31 職場OB3人会 

5月28日から4日連続の外出でやや疲れた。しかし、29、30日は「都心の自然」を歩き・眺め、大いに楽しんだ。このところ、やや生き急ぎの感―??

転居以来すでに8か月。しかし、東京がかつての姿から大変貌しているので、新しい都会としての東京になり、戸惑いながらもあれこれ見たり聞いたりしているわけ。
定例化しているものがけっこうあり、それに加えてもの好き根性が背中を押すので忙しいほど。いい加減にしろと自分にブレーキを掛けようと思っているところだが、ふと、アクアラインを渡っていないとか、旅が足りないので近場の、せめて平砂浦の水際を歩きたいとか、次々に欲が出てくる。

さて、今回は「都心の自然」と吹っかけて、世田谷と目黒の樹や林を見てきたので、それらについてちょっと書いてみたい。東京にいても知らない人がいるので、そういう人を思って簡単に紹介する次第。

30日は雨だったが、初めての等々力渓谷はなかなかによかった。大石がゴロゴロしていたり、川の石垣もしっかりしていたし、川底に並べた石の配置にも趣きがあった。等々力不動尊やその中の稚児大師像の辺りも、ホホウと言って歩いた。

目黒不動尊やすぐ隣りの五百羅漢寺の樹や林もサビ(寂)が利いていた!! いや、素直に辞書通り「1 古びて趣きのある 2 閑寂なおもむき」としておこう。       
29日の静嘉堂文庫美術館のある林は手入れをしない、広大と言っていい自然林だった。大樹を見上げてこちらも手を広げた。ずっと下の庭園は帰りの階段昇りを考え取り止めたほどに深かった。
       ←静嘉堂文庫の樹々

少し前に行った根津美術館にも自然が残っていたが、東京には都心にもまだまだ自然があると実感できた。
以下また、近況を少し…

「彫刻と光と音と」展 5/28 キッド・アイラック・アート・ホール 
第2回彫刻集団「円」展覧会を見た。Mさんの母御93才が、古くから橋本堅太郎氏86才一族(子息も、親族にも彫刻家が)と懇意なので、私は寒河江淳二氏を名前だけしか知らなかったので作品を見たいと、田中母娘と3人で見に行った。
初日開場直後だったが、堅太郎父子と寒河江氏が来られ、Mさん母娘は両氏と懐かしそうに話していた。
良い作品が、凝りに凝ったレイアウトで展示されていた。レベルはみな高い(言うのも恥ずかしいが)。惚れ惚れと見た。

      橋本堅太郎          橋本堅太郎         寒河江淳二
     
                                 橋本氏一族の1
その足で(明大前から)下北沢に向かい、北沢タウンホールで源氏物語の朗読を聴いた。

「しづの源氏語り」 しづの会 春公演 5/28 
友家しづさんの連続公演の一つ。演目は「葵の上」。
巧みな構成と言おうか。前口上にこうある。「ただ一人歌詠まぬ姫君葵の上。源氏と心が通ったのは亡くなる直前のほんの一瞬、しかも視線を投げかけただけで、葵の上は言葉を発していません。以下略」。で、その短い一生を丁寧に辿ってくれた。葵の上に絞って彼女の人生をまとめたのでよく分かった。


「よみがえる仏の美」展 5/29 静嘉堂文庫美術館    

   
   林の中の立看板          十二神将の1        牧谿 羅漢図
                    
バス停に近い入口からもう林。ゆるやかな上り坂をゆっくり歩く。タクシーが何台か通過するが、私たちは歩いた。普通の山林を今は、貴重な自然林と言ってしまう不自然!? 私は初めての美術館。
ここは国宝の耀変天目と油滴天目の2点が有名だが、重要文化財・美術品の多い美術館でもある。私はどちらの茶碗もそれほど好きではない。大阪の東洋陶磁美術館を何度も訪れているせいかもしれない。
今回は私の好きな十二神将(のうち4点)が修理された記念展ということで出かけた。私は五百羅漢という群像も好きなので翌日は五百羅漢寺にも行く予定を立てていた。羅漢図としては、ここの牧谿の1点が目立った。上右
これらの十二神将が運慶作かどうか、私には分からない(当然)が、もしそうだとしても若いときのものではないと思った(前号「伊豆下田4人旅」で触れた下田の国宝運慶作と比べて)。上中
ほかにもいいものがいっぱいあったが省略。
庭園には下りず裏手に回ってぶらぶらした。冒頭の写真のように、高い樹々と雲と青空が美しかった。

あと、二子玉川高島屋へ行き、買い物(ズボンとウオーキングシューズほか)と食事(美登利寿司―ずいぶん待たされた)。日本橋店よりよほど客が多い。ま、日曜日のせいもあろうが。

等々力渓谷、等々力不動尊、目黒不動尊、五百羅漢寺 5/30

雨。車から降りると降り出すという意地悪天気の繰り返し。片方の靴底が破れているのを知らずに歩いたため、靴下がびじょびじょになり気持ちが悪かった。

ここも初めて。いい自然だった。大中小の石が目立った。しかし、1か所、高速道路が覆いかぶさり、日本橋のように不様だったが、これも東京―いや日本か!

先ずは入口に近い境内に何かの草を丸く縛った通り抜け用の丸門? があったので往復した。下左
珍しくもお賽銭を入れ、鈴を鳴らし、拝んだ。下中
階段を降り、渓谷=流れに沿って行くとすぐ、お顔のいい地蔵があった。下右

   

それから流れに沿って石積みの道を溯った。下左
板の橋を渡ったりして往ったり来たり。
川底にもきれいに石が配置され、やがて中位の石から小さい石に変えてあった(写真はない)。

竹の樋が奥の稚児大師像(微かに坐像が見える)から曲がりながら下りていた。像の裏手に池があった。水が通っている。下右
         

それから目黒不動尊に行った。等々力不動尊で3人連れにシャッターを押して上げたら、その3人がそこにもいて、また会いましたね、と笑い合った。
それから、隣り合わせの五百羅漢寺へ行った。
     
        五百羅漢の一部               さくら隊の原爆殉難碑  

この300数体の、寂というか静謐さは独特だ―しんしんと来る。一人ひとりの表情を見て、飽きない。尊者たちには名前が付けられ、どのような尊者かの説明がある(全員ではない)が、名前はともかく、説明は要らないと思った。見る人に考えさせたほうがいい。

いつも展示場にいると書かれていた名物画家? は、すでに50数体の鉛筆画を描いていて―一部は展示されていて―とても良かった。その日も制作中の氏と羅漢の前でしばらく話をし、いろいろ教えてもらった。
2/4に見た村上隆の「五百羅漢図」展の羅漢「図」とはまるっきり別物で、比較にならない、したくない。         

資料室には、例えば、巡演中、広島の原爆で犠牲になった「さくら隊」の座長丸山定夫以下9人の写真などが展示されていた。また、頭山満の見事な筆跡の書簡もあった。境内にはさくら隊の殉難碑があった(上右 碑銘は徳川夢声)。          

職場OB3人会 5/31 鳥居坂分館
彼らは特別料理(コース)を注文し、私は神戸牛のロース300グラムのステーキとビール3杯。Yさんは1杯、Nさんはジュース。おしゃべり2時間半。それからロビーでアイスクリーム。
それぞれいろいろ今も勉強していて、話題は日本の中世―「ドナルドキーン著作集」岩波新書「日本の中世を歩く」文芸文庫「日本のルネッサンス人」などが話題になった。また、「源氏物語」はどの本がいいかは、受け売りで小学館の6冊本を推薦したが、私は新潮古典文学集成の8冊本で読んだと伝えた。来月は拙宅でやることにした。おわり

 ←保護された太い幹 目黒不動尊   TOPへ戻る