16-05-28(2016年 第25号 )   
丸の内朝飯会 5/19 
テーマは「平成文学の面白さ」。元日経の有名ベテラン文芸記者・浦田憲治氏の講演を聴いた。
私にとってはぴったりのお話で、数日前に著書を取り寄せ、まだ途中だが、読んだ限り、おおいに勉強になる最適・最強の本(「未完の平成文学史―文芸記者が見た文壇30年」早川書房)だし、当の著者から聴くことができるので勇躍=喜んで出かけた。
いかんせん時間が短いので、質問も3個と遠慮したが有益だった。本を読む楽しさが倍加して残っている。
図々しくもサインしていただいた著書は、平成文学を深く読み込み、俯瞰し、作家たちにインタビュー=肉薄し、ときに助言し、的確に評価し、まとめ上げたもの。その力は随一だと思った。私にとって、これからずっと、いまの文学を読む指針になるに違いない好著。

川柳句会 5/19
「朝柳会」に初参加。丸の内朝飯会のメンバーが主流!?(以外は講師の知合が1人)の句会なので気楽に入会した。3か月前の例会は梅田朝飯会に出かけていて欠席。

会場は世界貿易センタービル39階のレストラン。眺望絶佳。まずは食事で、しかもアルコールオーケー。私はジョッキ2杯とステーキ。
いい調子でしゃべってしまった。
関本講師の「傘寿雑感八句」は、「初夏のどか八十にして初の暇」「過ぎ去ってみれば悪路もただの道」「まだ暫しもちそうという心電図」「ここいらで死んでもよいかとはいかず」「傘寿過ぎてもこの羊まだ迷う」など。じつにいいものだった。
会員秀句1、2位は同数で「読んでいる新聞記事に坐る猫」「煙草吸うしぐさ懐かしスクリーン」。私の1句は得点ゼロ。

川端康成コレクション―伝統とモダニズム 5/19 ステーションギャラリー
いいものを蒐めている。埴輪とは恐れ入る。聖徳太子像もいいし、黒田辰秋の漆の木製品にはどれも惚れ惚れと見入った。いっぱいあった。見応え充分。   古賀春江「牛と少女」

太宰治の有名な手紙を初めて見た。うんざりした。昔のことだが、私は彼の特に後期の滅茶苦茶ぶりを知って、彼を嫌いになってしまったのだが、それを証明するような巻紙の手紙。天才の複雑さを凝縮したかのような「名品」が遺されたと言っていいかもしれない。併せて川端の複雑さも考えた。太宰治・三島由紀夫・川端康成―関係する3人ともの自死も考えさせられた。

初めて見る彼の書は、予想以上に力は入っていたが、力強い書ではない。私は彼に対し、全体に半信半疑というか、半好き半嫌いというか…例えば「伊豆の踊子」は好きではなく「雪国」は好き、「片腕」「眠れる美女」は好きだが、「千羽鶴」「山に音」は半好きとでも言おうか…未だに評価が定まらない。京都関係(語弊があるが)の長編を読み直さなくてはいけないのだが、もう無理だろう。

(5/20-22 伊豆下田の旅は別稿アルバム 参照)

矢野口クリニックと散髪 5/23
糖尿病薬の処方は外してもらった。基準値の上限を0.1オーバーしただけだし、新聞には6.5まで投薬しないこともあると出ていたので、自ら申し出た。それだけで気分すっきり。他愛ないもの。ま、医師には、運動と食事で自分流にやってみますから…ダメだったらまたお願いします…とお願いしておいたが!
他は、やや貧血気味であることと、ɤGTPがやや高い(81とわずか1単位オーバー)だけ。

その足で散髪。家の近くの店。これが3回目。無愛想な男が1人でやっていて、あご鬚は整えてくれない。ほかに見当たらないので仕方なく行くところ。
前回の散髪は横浜朝明会へ行ったとき、横浜駅近くの初めての店でやったが―髭を整えてくれた―横浜朝飯会には、私のスケジュールの都合もあって、もう行かないことにしたので―5/24の例会は、旅の疲れが出てきたのか、下痢のうえ鼻血が出たので急遽取りやめ―これからはいよいよ別の理髪店を探さなくてはならなくなった―近くには無いのだ。まだ見つけられないのだ。

●オペラ映画「ロベルト・デヴェリュー」
 5/25 新宿ピカデリー
題名さえ知らなかったオペラ。それを予備知識なしで見た。それでも、大変なオペラだと思った。前回の予告編で見たときは、余りにも大仰な衣装に、何だ、これ、と思ったが、老齢のエリザベス女王が愛人に嫉妬する、ちょっとややこしくも激しい三角関係のドラマ。
女王の衣装は、けばけばしくて馴染めない。王宮、宮廷も別世界。しかし、彼女には感情もあり、人民支配の義務も自覚している立場。

歌唱力の「すごさ」と言うしかないか。音域の幅も並外れだし、音量も、そして歌いっぱなし(出ずっぱり)のような幕でも、演技しながら歌が衰えない…。
高水準のソプラノがたくさんいるものだと呆れた。テノールもバリトンも、何回か見た顔。メゾソプラノも張り切っていた。出演4人だけとも言えるドニゼッティのオペラ。

読者のお便り
<多摩・稲城だより>第24号のご配信ありがとうございます。
《蝶々夫人》は、オペラがどんなものかを未だ知らない小学生の時分でさえ、プッチーニという人が、ある日本人女性の悲しさを描いた劇としてピンカートンの名とともに、ほとんどの子どもでも知っていました。それが長じて大人になり、私の場合、今になってさえ、「蝶々夫人」が有名なのは、日本人の間だけでの事ではないか、と錯覚しておりました。
外国人によって表される日本人像は、とりわけ日本人自身の間で有り難がられて来たからです。
ところが図らずも本号で、外国メディアによる劇評を拝見。なんと「ニューヨーク タイムス」、「ニューヨーク オブザーバー」、そして「ニューヨーク・クラシカル レビュー」の現地紙誌評が、日本人の読者など眼中になく、ニューヨーク人自身のために書かれているのをお見せ戴いたのでした。尤も、日本人だけが喜ぶオペラがニューヨークで公演されるはずはありません。


これまでの錯覚(というより偏った意識)が雲散霧消。作品《蝶々夫人》は、《世界のオペラ鑑賞者の芸術財産》なのだ、とはっきり裏打ちしてくれました。音楽芸術への無知なるが故の思い込みの怖さを感じ、恥じつつ、目を啓かせて下さったご文に感謝いたします。
丸の内朝飯会 菊池正英(氏は5/26の朝飯会の3分スピーチで上記のことを、私の名前を出して報告したので、ここでお名前を出しておく)

日銀OB会のパーティ 5/26 日銀本店大食堂
旧友会総会のあとの懇親会に出席し―総会の年次報告や総裁講演(ご挨拶)などには出ず―飲み食いのほうにだけ参加し、総裁を真ん中に、このホームページの読者(右)とエライさんと3人の写真を撮らせてもらった。 

        

図々しいにも程があると言われそうな振舞いだが、立ち話がたまたま金子兜太のことに及び、私は兜太さんの元気なことを話した。総裁も、活躍していますねと答え、エライさんは齢を訊いたので97才と言ったら、それはそれはお元気と言ってくれた。

私は万年ヒラだったが、その場では不思議に!?局長以上クラス数人とおしゃべりすることができた。ヒラが言うのはナンだが、何人かのぺーぺーとの話よりおもしろかった(これは内緒)。参加人員は、300名か400名か分からなかった。

ビールをがぶがぶ飲み、寿司をパクパクつまみ、ローストビーフから唐揚げまでムシャムシャ食べた。日銀という職場に対するアンビヴァレントな思いが為せる業とでも言おうか。私には成長しなかった部分が残っている。

帰途は元ガ・フレ―このホームページの読者―が新宿近くの自宅までタクシーで帰るというので、新宿駅まで乗せてもらった。彼女はパーティでもいろいろ気を遣ってサービスしてくれた。

また、10階売店の知り合い―このホームページの読者―もいて、そこでも立ち話。彼女はその隣りにいた女性に、予め私のことを教えていたので、初対面なのに笑って挨拶してくれた。ついでに日銀グッズのボールペンを数本買った。

丸の内朝飯会 5/26 
各人3分スピーチの週。内容濃く、格調高い、多岐に亘る、感嘆の声も笑いもあるお話が盛りだくさん。来週の便り=ニュースが楽しみ。

陸前髙田浜の林 2012年6月           撮影:美谷島克美(丸の内朝飯会)
  
青々とした森林が、津波のあと、海岸になってしまったという。ヘンな言い方だが、あれこれ想像した挙げ句このような言葉になってしまった。流木ではない。なんたる惨状。

丸の内朝飯会の例会でアルバムを見せてもらい、ショックを受け、プリントを借り、ご了解を得てここに掲載した次第。検索すれば、大災害の写真はいっぱいある。そんな中、語弊があるが「壮観」でもある1枚。

       ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇

雨の朝も鳥は鳴く。何を伝えているか想像を愉しむ。もう少しで解るような気になる。ベランダに黒松の鉢を出す。風雨にさらすほうがいいだろう。先日剪定して少しさっぱりした。
とうとう腰に来た。伸ばすとき痛い。恐る恐る伸ばし、曲げる。体操はその繰り返し。
首相が中国、ロシアをはずして、なにやら相談。日米とも、選挙に向けて上手くやろうとしているのか。日本は上手くやられそうな方向。選挙民が考えて動くか、考えないで流されるか。NHKラジオのニュースの「語り」がもう私の気持ちを重くしている。波乱の予感。                   5/27朝 記…ベートーヴェンを聴きながら


                                 おわり
             TOPへ戻る