旅のアルバム  伊豆下田4人旅  5/20-22
伊豆下田4人旅 5/20-22
下田出身で川崎市在住の近藤さんが、下田に別邸があるから泊まりがけで黒船祭に来ないかと誘ってくれたので、2泊の旅を楽しんできた。

初対面の1人は古美術探訪の「英道塾」のメンバーで近藤さんの仲間小泉さん。も1人は元東大助教授で、専攻の数学のほか、科学ライター、翻訳家、歌人その他のマルチ人間本田成親氏。氏は奥の細道文学賞受賞者であり、日本の隅々まで旅で走り回っている旅の達人でもあった。

何でも知っている本田さんのお話は、すべて「学問的・学際的?」とでも言ってしまいたい趣き。しかし氏は、それら万般を、易しく・分かりやすく・ムダなく、しかもおもしろく話してくれるので、2泊3日の間、愉しくて愉しくてたまらなかった。

伊豆下田駅には近藤さんと本田さんが出迎えてくれた。小泉さんも鴻巣から間もなく到着。挨拶もそこそこに、まずは「吉田松陰寓寄処」へ行く。案内女性の要を得た説明に感心。2階の隠し部屋に昇り、外を眺めた。新緑が清々しかった。

夜は下田港の花火大会。いい場所で見上げた((どこから見ると良いか、テントの中の米兵士に教えてもらったのは本田さんの英語―MITに研究留学)。

内外の水兵さんや外人観光客が、縦・横の夜店通りを歩いていた。地元の仮装した若い男女明治人もかっこつけてそぞろ歩き。

翌日は下田公園の黒船祭記念式典の会場から山を登り、降りては川沿いの風情あるペリーロードを歩いた。
通行禁止の、吊り橋でつながる島に渡り、本田さんと小泉さんは、急な崖を降り、カラス貝を採り、その夜の料理に。  →
本田さんは甑島育ちということか身が軽く、スイスイ降りとんとんと上がるが、こちらは冷や冷や。

順序もでたらめになるが、長楽寺、ジャスミンの了仙寺、弓ヶ浜や白浜大浜の海岸・海水浴場の砂浜など。
水族館のイルカや悠然とした大海亀も見た。

駆け足で書くと、お昼の手作り弁当は展望と日当たりのよいベンチで。いっぺんに日焼けした。
夜は蓮台寺温泉の「千人風呂」に入りに行った。ここは2度目だが、良かった。

翌日は伊豆半島の真ん中を縦断するようなドライヴ。

またも通行禁止の、大規模な「ジャングルパーク」の廃墟を経て、石廊崎の最先端まで歩いた。私には階段がきつかったが、厳しい海の景色が良かった。

近藤さんの女学校同期の方がいる土産物店でワサビ(茎は3杯酢に、葉は醤油漬けにした)とサバのみりん干しを買った。
小泉さんはその同級生みずからが採って干した天草などを大量に買っていた。

天城越えの旧道伊豆の踊り子コースへ。
500メートルのトンネルは歩いて通った。そこだけは歩くという人が多く、声をかけあい情報交換など。

どちらも81歳のドライヴご夫婦も元気だった。18才のサイクリストとシャッターを押し合った。

竜宮窟や浄蓮の滝は駐車場が混んでいた。
階段がまたきつかった。


       竜宮窟              浄蓮の滝
 

近藤さんと小泉さんの手作り弁当は、またも近藤さんの女学校同期の方のお座敷に上げてもらっていただいた。
遅い昼めしに、お茶や蕗の煮物やそら豆を振舞われ、素敵なお屋敷でゆっくりせていただいた。

近藤さんと小泉さんは樹の下に脚立を立て、大ぶりの枇杷の葉をもいだ。

その2日間はお寺巡りもしていた。とても書き切れない。

願成就寺の国宝、運慶の仏像5体はさすがだった。若い時期の作品ではないかと言われ、どれもその通りの「美少年」の面持ち。焼けた数点が惜しまれる。        

3年ばかり前にようやく運慶作とされ、国宝に指定されたが、間違いはなく、しかも、これらは中でも秀作・優品に入ると、私は勝手に判定した。

仏の里美術館の実慶は劣る。また、十二神将立像は、鎌倉美術としては頑張っているが、本家筋の奈良京都品には敵わないと見た。

6時40何分かの日没を見ようと、杓子峠に佇った。20分以上いたろうか。富士の左裾野に沈むまでの夕陽を飽かず見詰めていた。

      
沈む寸前に太陽の中に何かの影が入った。月のウサギのようなものかと思った。本田さんに、南アルプスの山並みだと教えてもらった。知らなければ不思議な現象のまま記憶したに違いない。

本田さんは日本の隅ずみまで走り回っているので、どこも詳しい。運転も見事だから、安心して任せ切り。

帰りは川崎駅、近藤さん宅、最後は私のマンションまで、送ってくださった。帰着10時。あくまでも謙虚に、とことん親切に扱ってくれたことに感謝感謝。

     *****      *****      *****      *****

氏にいただいた著書「甑島再見紀行」の奥書を読み(本文はこれから)、ネットで検索したら、業績は多岐にわたっていた。ここでは簡単な紹介記事を貼り付けることにしよう。私たち!?は何も知らずにお付き合いいただいていた!!

本田成親(ほんだしげちか)プロフィール
本田成親 南勢社

1942年横浜に生まれ、幼児期から高校卒業時まで鹿児島にて育つ。大学教員や学術研究生活を経て文筆家となり、1997年「佐分利谷の奇遇」で第2回奥の細道文学賞受賞。評論、紀行、随筆、短歌、ノンフィクション、小説とその仕事の範囲は多岐にわたり、執筆対象領域も数理科学分野から社会学、文学、文芸分野にまで及ぶ。広い学識や実体験に基づく深く鋭い論考と重厚な文体で知られる。
著書に、「星闇の旅路」(自由国民社)、「宇宙の不思議がわかる本」(三笠書房)、「甑島再見紀行」(南勢出版)、「超辞苑(訳書)」(新曜社)、「確率の悪魔」、「図説・宇宙科学発展史」「図説・創造の魔術師たち(訳書)」、「人工知能のパラドックス(訳書)」(以上工学図書)、「還りなき旅路にて」、「ある奇人の生涯」(以上木耳社)などがある。

新著「ある奇人の生涯」(木耳社)刊行のご案内

この度、本田成親氏執筆の新著「ある奇人の生涯」(木耳社)が出版の運びとなりました。この南勢出版のホームページにもウエッブ版として収録済みの原稿用紙1800枚にも及ぶ長大な作品を完全書籍化したものです。A5750ページの大型本ですが、文字も大きく、2段組にしてあり、高齢の方々にも大変読みやすい仕上げになっております。波瀾万丈の興味深い伝記小説としてばかりでなく、明治・大正・昭和期の歴史資料としても大変に意義ある作品にもなっており、さらにまた、実名で登場する数々の各界著名人らの姿が見事に活写されているのも他書にない本書の特長だと申し上げてよいでしょう。 本書の装画や挿絵は筆者の本田氏と長年親交のある若狭の画家・渡辺淳氏の筆になるもので、それらを含めた重厚な装丁と充実した内容のゆえに、永久保存版の書籍として皆様方の書架を飾ることもできるかと存じます。是非ともご高覧のほどお願い申し上げてやみません。なお、本書の内容の概要につきましては、「本田成親氏よりの案内」のほうをご参照ください。

                             おわり
           TOPへ戻る