16-05-18(2016年 第24号 )   
丸の内朝飯会「第4回オープン講座 特別講演」 5/12 東京グリーンパレス宴会場
「小布施 まちづくりの軌跡」講師:小布施堂・枡一市村酒造社長・市村次夫氏

早朝7時開始のこのイベントに102名が参加(初参加39名)。会場の定員96名のところ椅子を増やし、ほぼ満席となった(キャンセルは僅か2名)。

長野県の小さな町が、町並み修景を含めた民間主体の「まちづくり」によって、いかに変貌したか―今では年間110万人の観光客が訪れる―を具体的に詳しく話してくださった。
                                 撮影:小原芳郎(会員)
 
   
      受付             バイキング方式            司会・世話人
  
      講師・市村次夫氏                会場風景1
  
         会場風景2                 会場風景3          
  
    左から講師紹介の会員、会員、講師夫人         若い男女―ほかにもいました 

講演が素晴らしいので、皆さんによろこんでもらえたと思う。詳しくは、出席者全員にその場で書いていただいた「感想」(ひと言メモ)をまとめた「丸の内朝飯会だより」(5/19発行)に任せることとし、レジュメの項目だけ挙げておこう。

1 信州・小布施
2 栗の町
3 北斎の町
4 町並み修景
5 イベント
6 若手経営者・若者の活躍
7 「稼ぐ」が認知

運営もスムーズにいったと思う。以下は裏事情のいくつか。
講師選定は昨年から始まった。メンバーから候補者を推薦してもらい、多数決でしぼり、交渉し、テーマを決めた。
チラシを作成し参加者の勧誘を始めたが、間もなく満員札止め―ストップ。動員力は大きい。
細かい役割は、事前・当日・事後とも自己申告で割り当てていく。ダブル人もいる。毎週出席の常連20数名のほとんどが何らかの働きを受け持った(私は数少ない無役)。
撮った写真はメールで流された。51枚あった。
今回は若手の活躍も大きかった。若いメンバーが増えている。
当日、全員に書いてもらった「ひと言メモ(名刺大のペーパー)」の回収担当は2才!の最年少会員。
参加会員の中には浜松から前夜都心に泊まって出席した人や前日富山から戻ったばかりの人もいた。

事後というか、今回は6/20にメンバー有志で小布施に旅行(視察会)することにまで発展した。

上記を含め、ここで私が書くのも変だが、会員間に流れた感想を拾ってみる。自画自賛ではないつもり。
☆「元祖:異業種交流・勉強会」として相応しいイベントになった。☆丸の内朝飯会に恥じない催し。☆ボランティア精神が発揮できた。☆結束力が示された。☆臨機応変にできた。☆さすが、と言える。☆まことに喜ばしいetc.

      ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇

横浜朝飯会 5/10
講師は小野寺満憲さん。タイトル「孫達に伝えたい日本・日本人の素晴らしさ―日本人に生まれて良かった、と思えるものを心にもたせてやるには、まず自分に確信を」。

大川半左衛門著「世界の奇跡ニッポン」の章立てに合わせ、天皇、江戸時代、日露戦争・大東亜戦争、武士道、モノづくり日本、恵まれた自然など、幅広い分野の「奇跡」的な素晴らしさを取り上げた。8名参加。

パワーポイントで大量の資料を映しながらの講義。ただ、「大日本帝国憲法と『ホツマツタエ』」辺りになると、次第に独自の歴史観となり、「万世一系の天皇制」を肯定的に話されては違和感が出てくる。以前、メンバーのKさんから「ホツマツタエ」は教えてもらっていたが、私は信じられなかった。記紀時代の神話までも事実とする―漢字以前に神代文字で書かれた写本が発見されたという説―受け取りは無理だと思っていた。もひとつ―ほかにもあるのだが―「良いとこ取りの一面性」とでも言おうか。孫たちにとっても「奇跡」的素晴らしさばかり強調するのは良し悪しだろう。下手すると最悪の「皇国史観」。思わず熱くなってしまった。食事のあとの話し合い=質疑応答で、私は私の考えをちょっとだけ出した。
以下は私のひと言メモ。

一つのご意見としてお聞きすればいいのでしょうが、いまどき珍しいと思える歴史観にとまどった。信念というより信仰に近い歴史認識ではないかと思った。江戸期の偽書とも言われる「ホツマツタエ」を基に「万世一系の天皇制」や記・紀の天照大神など神話部分まで事実とする見解は行き過ぎではないか。歴史学の成果を取り込まない歴史観は、私は孫たちに伝えたくないと思ってしまった。日本と日本人の素晴らしさはいろいろあろうが、「良いとこ取り」は誤解も生みやすい。良い悪いではなく、また、意見でなく、できるだけ事実に拠る歴史学から歴史を学びたいと思う。

たまたま、翌11日の新聞に大江健三郎の講演概要が出ていた。加藤周一の「天皇制を論ず」を引用して「現憲法の大切さ訴え」「論議を禁忌とする社会 気がかり」という見出し(5/11 朝日)。
私の意見はこちらのほうだから、まるで反対側。隔たりを感じ、さあ、どうなる、と苦笑した。

同席したMさんからのメールにはこうあった。

意見は意見としてはっきり言うのは良いことですよね。今朝の大江の講演記事に天皇制のことが載っていたので、グッドタイミングだと思いました」。

あと、横浜を歩いた。元町通りから山下公園、海岸通り、ランドマークタワー(69階の展望台はエレベーターで!)、馬車道(ちょうど「馬車道マルシェ」―露天販売開催中)。そして「十番館」で食事。クラシックという瓶ビール2本とステーキランチ。

オペラ映画「蝶々夫人」 5/12 東劇
ミンゲラ(映画監督でもある由)の演出が、他の(私の観た限りの)オペラに比し「突出」というと変だが、すばらしい。10年間もこの演出による上演が続いているのもムベなるかなと思わせた。一言で「アイデア」といっては足りない見事な演出。

主役マダム・バタフライはほぼ出ずっぱり。ソプラノ・オポライスは、長い正座の姿勢も、人形で登場する子どもとの演技も、2重唱も3重奏も、とにかく美声で情熱的に精力的に歌い、合わせて美人であることもアッピールした現在屈指のオペラ歌手だった。

また、損な役とか言われるらしいピンカートンはテノール・アラーニャ。第1幕では2人とも好きで好きで、それが一方的ではないと歌い上げたし、蝶々夫人を捨て!? 3年後に妻と戻った第3幕では後悔の気持を説得的に歌うことができたと思う(両主役に対し好意的すぎる解釈か)。

この2人は、前回見た「マノンレスコー」でも主役(アラーニャは急遽出演―代役みたいなもの)を演じたので続けて見ることができ、馴染み感が出、惚れたかもしれない。いずれにしても、奇縁で幸運と言える。

侍女スズキ役のジフチャックが、名演かつ当時の侍女の衣装や恥じらいの巧みな仕草だけでなく、悲劇的状況を伝えるとともに蝶々夫人の絶望の心情―死ぬしかない―までも説得的に表現していたのに感心した。 

蝶々夫人の子どもは人形。文楽から学び取ったとかいう何人もの黒子の動きが上手かった。
幕間のインタビューが済んで引っ込むとき、オポライスは特に出身国ラトヴィアの皆さまにと言い足し、笑顔で投げキッスした。

プッチーニは初めに日本のことをいろいろ上手く説明し分かりやすくしていた(脚本のせいかも。くどくないのもいい)
最初は愛し合っていたものの、立場―15才の芸者と一時滞在の米軍士官―と当時の国情(男女関係や結婚観など)の違いなどで救われない悲劇となるストーリーだから、現在では分かりにくいことが多く、それらの説明が欠かせないだろう。初めのほうで説明したのがよかった。日本家屋の紹介も巧み。その襖を使った場面転換も上手く運べたと思う。

唯一、最後の最後、蝶々夫人が自決した直後、ピンカートンが舞台に現われるのはどうだったか。姿を見せるのではリアリティがない。せめて声だけでよかったのではないか、というのが私の…?!

全体に情緒的過ぎたか。また、日本人だから分かりがよかったかもしれない。

ここで、長くなるが、日本の鑑賞=批評にいいのが見付からないので、ニューヨークの現地評を転載しよう。

@プッチーニの濃密なオーケストレーションに埋もれることなく、オポライスの艶やかで表現力豊かな歌声が劇場内に響き渡った。純真でうら若い蝶々さんが、内気で恋に盲目な少女から、悲嘆に暮れ、夫への信頼を粉々に打ち砕かれ、怒りが滲む母親へと変貌を遂げていくさまを、オポライスが歌い演じる姿に何度も見入ってしまう自分がいた。華麗な衣裳や斬新な舞台照明、紗幕や舞台天井の鏡など、本作の演出は見た目にも驚くほど美しい瞬間に満ちている。―The New York Times

Aさりげない演出、スマートで無駄のない舞台デザインの輝かしい功績により、ごくありふれた、アメリカ人の夫に捨てられる年若い日本人の花嫁のメロドラマが、痛切に胸を打つ悲劇へと進化した。METの蝶々さんとして
クリスティーヌ・オポライスは、20年程前に同役を歌ったダイアナ・ソビエロ以来、最も説得力のある蝶々さんだ。オポライスがいわゆる歌う女優と呼ばれているのも、彼女のパフォーマンスは、歌唱と演技がしっかりと一体化されているからだ。歌手としてだけ考えても、オポライスは本当に素晴らしいアーティストだ。特に中音域では、楽々と本能的にポルタメントを用い、優しく音程を変えることによりイタリア・オペラ独特の温かみと親密さを引き出す。彼女はなんとも大胆なアーティストであり、オペラ鑑賞を人生観が変わるほどの喜びにしてくれる歌手だ―The New York Observer

Bクリスティーヌ・オポライスは、アラーニャという実に素晴らしい相手役に恵まれた。彼の代名詞たる快活なパワーとここぞの集中力を余すことなく発揮し、ピンカートン役として最高の演唱を披露していた。彼の歌声を聴くたびにぞくぞくと気持ちが昂り、米軍士官という役どころに、その人物が抱える複雑さを巧みに表現していた。アンソニー・ミンゲラの演出は、観るたびにその抗いがたい魅力がさらに増していくように思う。洗練された象徴的な踊りや、脳裏に焼き付くあまりにも人間的な文楽人形を演出に用いることによって、《蝶々夫人》を物語る難しさに独創的でわかりやすい解決策を見出している。New York Classical Review

N響定期公演 5/14 NHKホール
指揮尾高忠明。曲目は武満徹「波の盆」、モーツァルト「2台のピアノのための協奏曲 K365」チック・コリアと小曽根真、エルガー「変奏曲『謎』」。

ピアニストはどちらも、ジャズもクラシックもで有名な2人。人気も高く、拍手が一段と大きかった。1941年生まれと1961年生まれだからだろうが、若いほうの音が若かった!
正指揮者尾高も良かった、と思う(私は札響でよく聴いていた)。温かい拍手が長かった。

ナマはいい。当り前だが口から出てしまう。Aプロだけだが、毎回聴くことができて幸せ。

渋谷はあの名物交差点も辺りの路上の混雑ぶりも、何とも激しい。腹を立てて歩く人がいて、そ奴の荷物がぶつかって痛い。

終わって、駅に近い「玉久」でMさんと刺身2、ぎんなん、そら豆、おむすびなど。ビール2、日本酒1。  おわり
                                   
                TOPへ戻る