16-05-04(2016年 第23号 )   
丸の内朝飯会 4/28 
各人の3分間スピーチの週。この「インプット」に20人は多いほうか。今月もいい話がいっぱい。
熊本震災で、母上の介護に行って体験した避難の生々しい様子。状況把握のむずかしさ、行政のまずい対応、被災者同士の助け合いetc.
中学時代の典型的なワルが一念発起、苦労して学問の道に入り、憲法を教える大学教授になった話。いまは同窓会で突き上げられからかわれる人気者とか。
機会がなく気にかかっていた墓参りがひょんな縁からできた話は、この会のメンバーさんのこと。数分だがみんなでその場で偲んだ。
地質学専攻を決めたのは実物の地層1枚を見せてもらったから。10cmほどのそれが1000年かけた層だと知って。周りは学生運動の真っただ中で、セクト間の不毛な論議と行動が渦巻いていた。
評判の近未来小説「消滅世界」を笑わせながら上手く紹介し、考えさせた話のワザも大したものだった。
20人もの佳話はとても書き切れない。私は考えがまとめ切れなかったのでパス。3分スピーチはむずかしくもある。

☆熊本地震関連では、ほかにもスピーチがあり、この際、丸の内朝飯会として義援金を提供しようということになり、東北大震災に続き、いくばくかの額を出席者全員の賛成で取り決めた。翌日、熊本県東京事務所に納めたとのメール報告があった。

映画「スポットライト」 4/28 日比谷・みゆき座
実話を映画化したという。カトリック神父の児童への性的虐待を新聞が暴くという勇気の要る過激なテーマ。地道に、入念に取材を重ねる記者数人の行動はスリリング。

被害者の口は固いが、神父たちの卑劣なやり方が少しずつ明らかになっていく。録音するときは同意の上。特に被害者の取材は内容が具体的でなければならず、証拠も欲しい。突っ込んだ質問には記者のほうでその言葉を使って同意させる―なるほど。
以前にもみ消された訴訟のこと。相手側のかつての弁護士も怪しい。追究は困難を極める。

俳優の顔が本当の記者になっている。記者を演じているというより、記者そのもの。あの女記者が女優とは、信じられない…不思議でならない。新任部長の視野の広さと大きい戦略。デスクの指揮ぶり。個性的な一人ひとり。

さらに、9.11が発生し、発表を遅らせることになり、特ダネを他社に抜かれるおそれが出てくる。テーマも神父たちから組織へと向けられる。ヴァチカン相手では大ごと。執念とも言える調査が続く。

大々的な記事が輪転機にかけられ、配送され、読んだ被害者たちが自分の事情を告白し訴えてくる。休日出勤した記者へ鳴り止まない電話のコール。その音が響いてthe end.
アカデミー作品賞…なるほど。骨太で柔軟でひたむきな姿勢が納得できるいい映画。

 今回も雨の中を歩いて展覧会を一つ見た。

「美の祝典―開館50周年記念」展 4/28 出光美術館
Tやまと絵の四季、U水墨の壮美、V江戸絵画の華やぎと7月まで続く展示の内のT。目玉は国宝「伴大納言絵巻」。

たしかにいいものが多かった。屏風だけでも奈良・鎌倉・室町・桃山・江戸時代の重要文化財がたくさん。しょっぱなから六曲一双の大作が並ぶ。保存のいいのがあるのもありがたいこと。
「伴大納言絵巻」は、本物を見る前に拡大写真で登場人物の表情が見られるのもいい。絵では読みとれない。それから本物をゆっくり追う。仏像や扇や蒔絵硯箱もある。

私が気に入る絵葉書は(どの展覧会も)ないのが普通。乾山の「梅・撫子・萩・雪図」もなく、仕方なく「十王地獄図―双幅」2枚組を買った。聖書の「最後の審判」と比べるわけではなく、素朴・稚拙な因果応報の教訓だろうが、微笑ましいので…。

「しづの源氏語り」友家しづ 東京女子大学同窓会園遊会公演 4/29

東女へ初めて入った。予め本人(丸の内朝飯会メンバー、東女卒)から元女子大生しか見られませんよと言われていたが、それでも期待するもの…。
               本館 →

Mさんと西荻窪で落ち合った。強風で電車が遅れた。キャンパスのテント張りの「こけしや」で焼鳥とポテトフライを買った。外で食べていたら、風で鶏の串1本が飛ばされた。

大体の解釈をしてからの原文朗読はとうとうとなめらか。早い。何しろ45分という制限。しかし、時折挿し込まれる鋭くも深い解釈・研究はさすが。

正面にスクリーン。彼女は左手の舞台に当時の(男の)装束を着けて正座。横にパソコンを置き、パワーポイントを駆使しながら熱演。
100人ほどの聴講生の許しを得て少し延長したが、1時間余りでの源氏紹介は生易しいものではない。ものの見事にこなした。

終わって、しづさんとちょっとおしゃべりしていたら、丸の内朝飯会のメンバーJさんが現われたので、やあやあとなった。氏とも少しおしゃべり。描きかけの本館のスケッチを見せてもらった。氏はそのあとまた描くと言っていた。

Mさんが母親を呼び出し、西荻の老舗「こけしや」で待ち合わせ。私はサンドウィッチとビール中瓶2本。久しぶりにお会いした母上と2時間近くおしゃべり。ローマや大沼プリンスホテルコテージの思い出など。

5万分の1 5/3
主催者発表で5万人が参加した「護憲派」集会に行ってきた。
5万人が集まった広場は歩きづらかった。どこまで行っても人人人。腰を下ろすのがつらくなっているので、居場所がない。
共産党の志位委員長、社民党の誰か、なんとか党の小沢一郎らの演説を聞きながら、とぼとぼと!?歩いた(遅刻したので民進党岡田党首の演説は聞かず)。

その前にチラシなどを受け取り、署名運動の幾つかに署名し、カンパ≒資金援助をし、雑誌やキーホルダーを買った。右は机の上の新聞と一緒に撮ったもの。
金子兜太筆の「アベ政治を許さない」のキーホルダー →

結局、座り込み抗議!?はせず、Mさんと2人デモで歩いただけで会場を後に…。通りすがりに近い参加とは情けない。

駅で見かけた一人。杖を強く使って歩くお年寄りはもう必死の面持ち。いのちがかかっているように見えた。年代が近い人だろう。新憲法を教えてもらった元祖・戦後民主主義者の1人というところか。筋金が入っているはず。9条は護る―私も同意見。いまの流れの中で「改憲」は言わない―金子兜太と同意見。

大勢の女性が、幾つもの簡易トイレに長い行列を作っていた。その一画は縦・横のひと模様。男は並びにくい雰囲気。失礼ながら、壮観といいたい光景―なんとかしてよ、が聞こえた!?

そこで買った「ビッグイッシュー」5月1日号は「特集 憲法のあした」。
表紙の人物写真を見て「野坂昭如ですか、これ」と訊いたら、売っている人が「いえ、エルトン・ジョンです」。
似たような妙なサングラスをかけていた。見まちがえた。教えてもらっても知らない人だった。Mさんが大笑い。
この雑誌を見るのも、じつは初めて。相当な時代遅れを意識。内容はいい。
「知りたい! 海外の憲法と改憲のいま」「自民党『改憲草案』を英訳」「もう一度憲法 基本の基」など充実の記事。また、サポーターの寄付を基金にした3本目のドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」が紹介されていて、見たくなった(5/21〜渋谷シネパレスほか)。

5/4の新聞投書欄に「東京」と題した声が載り、「東京駅は『魔界の森』のようだと聞いています」とあった。以前、東京都庁を「伏魔殿」と評して乗り込んだ知事がいたと思うが、駅にも「魔」がつくのか。
「魔界の森」は私は永田町周辺と思うが「伏魔殿」も似たようなものか。いっそ、東京全部としてもいいか。

というのも、ゆりかもめに初めて乗って車外を見て、私はおどろいてしまった。新しい光景。「新」というよりは「別」東京。「魔」がつくほどではなかったが、いずれ廃墟と化したとき!?には「魔」がつくと想像した。「声」では自らを「田舎者」と称していたが、私も同じ。ま、いい刺激、ま、カッコいい建造物。ま、耐えられるのだろう。

戻りもゆりかもめで。新橋から歩いて7丁目ライオンへ。満員なので2階へ。そこも中国人がいっぱい。ここも「新・別」東京。黒生3杯。

「奇才」といわれる憲法学者 5/2、3 毎日、朝日
憲法学者もいろいろ。改憲学者もいるが、政府高官がしばらく前に言ったあと調べて答えた人数はいかにも少なかった(忘れたが)。

この2日間に新聞に登場した学者3人の主張が目についた。大学教授ばかりだが、石川健治―東大、井上達夫―東大大学院、木村草太―首都大東京。その1人石川健治は2紙に出ていた。氏が奇才と評されている人。

たまたまだろうが、その井上達夫と木村草太の対談が掲載され(5/3 毎日)、同じ日にその奇才が朝日の「寄稿」にこう書いている―
「…(加えて)本来まともだったはずの論者からも、いかにも『軽い』改憲発言が繰り出される傾向も目立つ。実際には全く論点にもなっていない、9条削減論を提唱してかきまわしてみたりするのは、その一例である…」とあり、そのかきまわし論者が井上達夫なのである(他紙の見出し「『9条削減』で発展的議論を」)。
快哉を叫びたくなった。私は奇才大好き。

しかし、奇才だろうか…。氏については前日のインタビューの聞き手がこう説明している―
メディアの取材にほとんど出なかった理由は「師と仰ぐ樋口陽一から受け継いだ『一門』の戒め」として「憲法学者は助平根性を出してはならない」「メディアなどで政治的な発言をするようになると、学問の自律性が損なわれかねないという意味」からだが、も一つ、樋口氏から聞かされた「『いざ』という時が来れば、立ち上がらねばならん」とある。で、氏は約3年前、「立ち上がる決意を固め」「市民団体『立憲デモクラシーの会』の呼びかけ人の1人」にもなったと。

まとも。奇才でまとも。紹介できなかったが、生き生きした言葉が奇才と言わせたか(一つだけ―あの戦争法案閣議決定を「法学的にはクーデターです」と)。
どうあれ、私は石川健治がいい学者だと決めた。

読者のお便り
「高島野十郎―光と闇 魂の軌跡」展のご紹介、ありがとうございました。「御苑の春」はとても魅力的な作品のようですね。私は恥ずかしながら、うとくて魅力をご教示いただいた気分です。雄大さに圧倒されました。拝見したいものです。
「砂の器」は懐かしい作品です。再見したらどんな印象を持つか、自分自身に興味を持っています。いろいろ沢山の内容で、今回も楽しませていただきました。感謝申し上げます。

                              おわり
                TOPへ戻る