16-04-27(2016年 第21号 )   
ライオン雑談会 4/25 銀座7丁目ライオン
黒生を飲みながらOさんの話しを聞く月1の会。今回は主として継体天皇のこと。
そもそもなぜ継体天皇に興味を持ったのかと彼に訊かれて、私は単純に、正統な後継者であるかが最も問題視される継体天皇についてちょっと知りたいだけだったと答える程度。彼はかつて古事記の勉強会に参加して学んでいたと知り、恥ずかしい限り。

継体天皇についは古事記にも日本書紀にも書かれていて、古代史研究は進んでいるのだろうが、その進み具合も知らない。私の無知かげんはひどいもので、フラットと言うかゼロというか…たとえば、天皇の幾人かは明治になって確定されたということも知らなかった。壬申の乱の大友皇子は弘文天皇に、承久の乱の廃帝は仲恭天皇に、南朝の後村上・後亀山天皇・長慶天皇も明治天皇によっておくり名=諡号されたことを知らなかった。

明治維新とはそういうことまで、と私が言うと、Oさんは、だから革命なんですよ。そうか。日本史という教科がなかった私の年代―敗戦翌年に中学1年―の情けなさを恨みたくなった。
Oさんの話しは、天武天皇の古事記と日本書紀の修史編纂の狙いから、資料の蒐集・選択・利用法まで推理するのでおどろいた。

参考書は沢山あった。私がパラパラと目を通したのは「謎の大王 継体天皇」(水谷千秋)「継体天皇と朝鮮半島の謎」(水谷千秋)「継体天皇」(篠川賢)「ヤマト政権」(吉村武彦)「日本史の中の天皇」(村上重良)など。中では水谷書の、継体天皇の朝鮮との関わりの深さを論じていたのが目新しいようだった。
3月に亡くなった古代史の上田正昭が河内王朝論を論じたことも知らなかったし、多元王朝論―出雲・三輪・河内・継体―も、また、いくつかの2朝併立説があることなどなにも知らない…。天皇の歴史を、いや、日本史をまるごと・まるで知らないのである。
そのくせ、どの本も楽しかった。おもしろい話しだった。しかし、初心者にはややこしかった。

お互いに黒のジョッキ中2、小1を飲みながら、4時間もしゃべった。始まりや一段落したあとの話題はいろいろあって書き切れない。ただ、退職後、忙しいほどにも遊び呆けている!?とは共通の言葉で、人によって何をしていいか分からないとかいう人たちとはちがう老後であるのも共通していた。貧乏性なんだろうね、と2人で苦笑。同席したMさんは途中、眠気をもよおしたようだった。

次回はOさんが今月に続いて来月も海外旅行をするので6月。話題は明治・大正・昭和・平成天皇について、漠然とおしゃべりすることにした。

横浜朝飯会 4/26 
テーマは「日本に魅せられた西洋の知性」。今回担当はTさん。主として新聞夕刊に連載された保守派言論人の記事の紹介・要約で、米国から日本に帰化したドナルド・キーン、英の歴史学者アーノルド・J・トインビー、仏の政治家作家マルロー、露の親日家エリセーエフ、そして小泉八雲ことハーンが取り上げられた。

内容の個々については間接的引用なので正確には分からなかったが、日本国をよく見聞きし知っていた欧米の「知性」には学ぶところが多かった。しかし、中には部分的引用のために真意をつかみきれない箇所もあった(例えばマルローの「特攻隊員を高貴な自己犠牲を実践した者として絶賛している…」)。

鎌倉の寺巡り 4/26    別稿「アルバム 鎌倉の寺巡り」参照
足を延ばし、ぶらりと鎌倉に行ってきた。北鎌倉に近い観光コースの寺を幾つか訪れた。漱石の「門」再連載が影響したかもしれない。
円覚寺の洪川和尚の洪の字にちなむ「洪鐘」(国宝)への階段を登った。140段はきつかった。それから東慶寺で32段、浄智寺で62段を数えたが、もっとあったはずだから合計すると往復で500段に近い。
建長寺からはバスで鎌倉に行き、八幡宮も若宮大路も省略。

東慶寺は有名人の墓が多いのでも有名だが見きれなかった。新しいもので「赤瀬川」とあったが、原平氏の「墓活論」は読んでいない。私は墓は造らず入らず、のつもり。

京都・奈良の寺院仏閣と比較しても意味はないが、見るほどの上物はない。鎌倉は別の歴史を考えるところだろう。

同行のMさんと小町通りの「八倉」で食事。生しらすは売り切れだった。ジョッキ2杯。

下の挿絵をクリックするとアルバムに進みます。
                                おわり
                 アルバム 鎌倉の寺巡りへ