16-04-24(2016年 第20号 )  
金子兜太「俳句と人生 平和を語る」 4/17  深谷市民会館 
                           2016年4月20 朝日 
     
記事にあるように、戦争はまっぴら=平和=反戦=安保関連法反対の人。まだまだお元気。

クリニックで超音波検査 4/19
心臓と腹部(肝臓)を診てもらった。心臓の音を初めて聞いた、と言ったら、正確には血流の音ですと言われ、なるほど。ちゃんと流れていますか、と訊いたら、流れていなけりゃ生きていないと言われ、なるほど。その心房細動は相変わらず。そして、心臓は壁が厚くなっていると。つまり、心臓肥大。順調な加齢だろう。

肝臓にがんらしいものはない。そして、左葉がないと言われた。肝細胞がんで、たしか5か所9個の癌を切除したと言った。手術は河北病院で、と言ったら、私もあそこにいたことがあると。昔は「死に来た」と言われていてね、そうですそうです、などと問答。

問診でも特に問題なし。総合検査報告書によると、数値が高いのがɤGTPで88、低いのがヘモグロビンで11.9とヘマトリットで35.8。処方箋は従来通り。

前日は夕食抜きだったので、2食分まとめて食べようと、そばを多めに茹でた。5目ならぬ4目そばとなった。ベランダで食べた。天気もいいし体調もいいし、で、チーズやペッパーサラミなどを並べてビールを飲んだ。籐椅子に背をもたせ、辺りを眺めながら、のんびりした。

丸の内朝飯会 4/21 
講演は「テレビの仕事に携わって良かったこと悪かったこと」丸 公代さん(日本テレビディレクター)。
主として「思いっきりテレビ」のディレクター時代のこと。番組の企画から出演者選び、出演依頼、スタッフとの打ち合わせ、準備、リハーサル、本番まで、実際のあれこれを、そのオモテとウラを、終わったあとまでを、具体的かつおもしろく話してくれた。
人気番組はその影響も大きいから慎重にことを運ばなくてはいけない―クレームをつけられないよう気を遣う。一方、良い影響で喜ばれたり世間に流行ったりもする。ハプニングもある。食事、健康問題などのエピソードもたくさん聞かせてもらった。

私はテレビを見ないので―みのもんた氏の顔は知っているし何回かは見たが―一緒に笑えないので済まない思い。忙しさには同情した。仕事をして良かったことも分かった。しかし、私にテレビを買う予定はなく、これからも見ないつもり。

例会のあと、銀座まで歩こうかと思ったら近くにバス停があり、間もなく来る時間だったので4丁目まで無料パスで乗ることにした。
映画のあと、Мさんが一緒だったので夏ものを見立ててもらい、三越でジャケット、パンツ、シャツを買った。それから7丁目ライオンで黒生を3杯飲んだ。

映画「グランドフィナーレ」 4/21 シネスィッチ銀座
宣伝通りの映像美。美しくも贅沢な時間―たっぷり流れる時間―を見せてもらった。たとえば、引退した指揮者が牧場の切り株に腰かけ、カウベルを着けた乳牛を指揮すると、牛たちが鈴を鳴らして奏でる場面がゆっくりと続く…。盛り上がっていくのもいい。
老いにも付きものの「性」を、鋭くあっさり、色を使って見せたり。ミスユニバースが、指揮者と映画監督2人が入っている温泉プールに全裸で堂々と入ってくるし、水着姿の美しい娘役女優が、男のウィンク―目を開けたままの―に大きい瞳で応えたりもする。

老いというより死に近い生を取り上げたと言おうか。人生の成功や栄光と、死に近いいまをどう扱ったらいいものか。言葉はもう言い尽くされているかもしれない。だから、インテリにならない努力をしてそれに成功した、と言ったストラヴィンスキーの言葉を台詞に挟んだ。

ストーリーを追うのはつまらない。知的会話の断片、つまりは詩を、映像とともに味わい、抒情的、ある場合は幻想的な映像美を、こちらも悠然と愉しむのがいい。

ラストシーンはソプラノのスミ・ジョーがオケをバックに、指揮者作曲のいわれのある主題歌「シンプルソング」を歌うが、これはやや凝り過ぎだったかも。

舞台はセレブたちがバカンスを過ごすアルプスの高級ホテル。多才な有名人たちが何人も出てくる。私などには別世界。予告編の一つはヴィスコンティの「山猫」。こちらはセレブでも貴族のほう。

職場OB3人会 4/22
月例3人会を今回は鳥居坂分館で。12時から2時。予約できないので早めに現地集合。

2人は松花堂弁当を選び、1人はビール2杯、1人はジュース。私は刺身の盛り合せ、神戸牛のフィレ200㌘、サラダと香の物を注文して笑われた―苦笑と言うか、呆れられ笑いと言うか。しかも、ビール5杯(小)。

それぞれ数か月ずつしか離れていない年齢(私が真ん中)にしては元気なほうだろう。2時間はすぐ経った。いつもの四方山話で、何をしゃべったかも忘れた。それでも楽しいから友はいいもの。私が見たばかりの映画「グランドフィナーレ」を簡単に紹介したのは確か。

今回は飲み過ぎたので六本木駅で分かれた。次回からは美術館などに行くことにしたので、それほど飲めないだろう。彼らは国立新美術館へ行った。
                               おわり
             TOPへ戻る