16-04-18(2016年 第19号 )  
●「高島野十郎―光と闇、魂の軌跡」展 4/14 目黒区美術館
名前も知らず作品も見たことがない画家だったが、新聞の小さい記事(1/17 毎日)を切り抜いておいて見に行った。

写実であり細密画であり、静的であり精神的であり…とでも言おうか。
静物、風景、自画像。静物と言ってもさまざま、風景と言っても同様にいろいろ。同じ構図の連作「蝋燭」は1室に18点(他に1点)もあった。月は11点。全体で140点以上。ゆっくり見た。

写実的で細密画風の上手い画家は沢山いる。この画家もその一人と言えば言えるが、どこかちがう魅力がある。「精神的」と簡単に片づけられない何か。       

思いついた言葉が、堅牢な肌合いとバランス――ピントはずれの答えだが。

いわゆる写真みたいな絵とは大いにちがう。「月」の連作には中空に浮かぶ月だけの絵もあるが、それらも写真とはちがう。写実といっても、当然ながら創作された絵。

また、細部の人物の形も動きも、ルーペで見なければならない程小さいのに惚れ惚れと見てしまう(例えば「セーヌ河畔」の対岸の数人、「御苑の春」の中景の数人、廃屋の障子の染み)。                     「御苑の春」 ↑
「割れた皿」の砕けたかけらを見ると、あまりにそっくりなので笑いたくなるが、それを克明に描いている=創っている姿を想像し、すぐに背筋が伸びた。

矯めつ眇めつ、首を左右に動かして見る絵の数々。見るのがたのしい絵。考えるのがたのしい絵。
もう一回あるいは何度も見たくなる絵。めずらしい。

燕子花図屏風展 4/14 根津美術館
正式には「特別展 国宝 燕子花図屏風」
ともあれ、脇見もせず一直線に国宝に向かった。正面に腰かける場があったので、そこで数分、じっと見ていた。上手いものだと思った。 しかし、「紅白梅図屏風」ほどの迫力はなかった。どちらも、ドンピシャの傑作ではなかった。ま、梅のほうがウマイか。
すぐ隣りの「白楽天図屏風」の構図のほうが面白味があった。
どれを見ても、光琳は大胆な装飾画家と言っていいだろう(第2室)。

中国の殷時代から春秋・戦国・秦時代の青銅器、更に古い新石器時代の壺とやきもの、以後の時代を追って漢・晋・唐・宋時代の陶器などもそれぞれによかった。この4、5室が見応えがあった。

小堀遠州の竹の「一重切花入」(6室)がよかった。クセがあるが、古田織部のそれよりはマシか。茶道にはからっきし疎いので、言うも恥ずかしいことだが…。(デタラメの言い放題というクセ)

展示品もさることながら、初めてのこの美術館の庭の広さ、凝り方、贅沢さにおどろいた。いい庭だけど、立派だけど、あまりの金持ちって何となくイヤなところがあるものだと思った…。(貧乏人のひがみ)
悪口のバチが当たったか、傘を忘れてきた。

買った絵葉書は、「白楽天図屏風」と乾山の「薄に鶉図」―余白は和歌―の2枚。

●眼の検査 4/15 稲城市立病院
視力検査。問診で、どうですかと訊かれ、段々悪くなっているようです、と言ったら、医師が無言で納得のにっこり。白内障が進んでいるとのこと。何もせず、従来通り緑内障の片目用の薬を処方してもらった。2か月後に視野検査。

薬局で40分も待たされ、頭に来、次は薬局を変える、と捨て台詞を吐いて出てきた。帰途、念のため家の近くの薬局に寄って在庫を確かめた。同じ薬になるかどうか分からないが、こっちの薬局にすることにした。

N響公演 4/16  NHKホール
バッハ6曲とプロコフィエフ5番
第1曲は無伴奏ヴァイオリン・パルティ−タ第3番。指揮者はソリストのほうを見ているだけ。ソロコンサートマスターの音はきれいだった。

第2曲はパイプオルガンの出番。指揮者スラットキンが右上方向を指したので気がついた。荘厳というのだろうが壮大と言ってもいい音が響く、いや、鳴り響いた。あちこちの教会で聴いたことを思い出す。

第3曲は管楽器が活躍する番。終わって拍手すると、管楽器奏者だけが一斉に起立。プログラム編成の妙に感心。

そこからは大編成。コンマスがマロさんに代わった。最後はストコフスキーの大編成版でトッカータとフーガニ単調。バッハ演奏の最後に相応しい管弦楽。

そして、ふと、思った。その夜のバッハ演奏の全体がバッハ「大交響曲」だったのではないかと。そういう狙いがあったのではないかと。
バッハがいい、指揮もいい、N響は特に弦の音がいい。バッハに酔った。

プロコフィエフの5番は、それほどは使われない楽器が登場し、リズムも旋律もいろいろ変化され、工夫=思考があり、高まりがあり、とてもいい曲だと思った―何も知らないで書いている。

食事は、道玄坂の横丁を歩いていて、ずっと前に一度行ったことのある「麗郷」に行き当たったので台湾料理とした。コブクロがあった。青野菜と春巻きを食べた。

●映画2本 4/17 新文芸座 
「砂の器」と「ゼロの焦点」。名画と言われているのに見損なっていたので、いい機会と、池袋に出かけた。入れ替えなしの2本で、シニアは1050円。
3階までエレベーターで行ったが、行列が長い。並ぶために階段を降りたら1階に近かった。260席余りが満席、後ろに立ち見の人も出た。(近ごろは男性の進出!?が目立ってきたのではないか。展覧会なども―よく見ておかなくちゃ)

松本清張は社会派推理小説と言われるが、改めて、なるほど―。私の年代にはよく分かる時代を描いているから、おもしろかった、よかった。

懐かしい出演者がぞろぞろ。中でも観客が一番笑ったのは渥美清―砂の器。また、丹波哲郎と加藤剛の犯人・刑事が逆とも思える設定―両者に失礼かな。刑事たちの追跡、執念。いい原作、たっぷり描いた野村監督(後半はやや抒情過多か)。感想はまだあるが、観た方が多いだろうから省略。

懐かしい脇役とは、例えばこんな男優。加藤嘉、佐分利信、緒方拳、松山省二、内藤武敏、稲葉義男、花沢徳衛、笠智衆、殿山泰司(砂の器)。「ゼロの焦点」では有馬稲子、沢村貞子、桜むつ子、西村晃、十朱久雄、小田政雄、永井達郎etc.

清張が調べ・書き・訴えたテーマは多岐に亘る。前者はライ病だけではない。後者はパンパンだけではない。時代と問題はいっぱい盛り込まれている。

新文芸座の5月は成瀬己喜男監督特集らしい。高峰秀子の出演が多いので、猛烈に見たい。
                              おわり
            TOPへ戻る