16-04-13(2016年 第18号 )  
◎横浜朝飯会 4/12 横浜国際ホテル 
8名参加。千葉氏のテーマは「中国の問題と日本」。堂々たるレジュメと論陣。
内容はT、中華人民共和国の成立と歴史過程 U、リーマンショック後の中国 V、中国の軍事状況 W、習近平の抱える国内問題 X、中国の今後の政策 Y、日本の取るべき政策。

私は「中国」にまるっきり弱く、何も知らないので、聞くだけ。終って、質問やいろいろな話しが出た。朝食をとりながらも話しは続いた。

話は全体にけっこう右寄りだったので、まず私は、けっこう左寄りの考えの持ち主だと言っておいた。しかし、ちがう意見を聞くのはいいことで、おもしろいとも。賛成してもらったと思う。

また、私でよければ、丸の内朝飯会でしゃべったことの二番煎じだが、ここで繰り返してもいいと提案。幾つかの希望テーマが出た。次回は4/26。

◎「100年目に出会う 夏目漱石展」 4/12 神奈川近代文学館
なかなかに充実した展示品だったので大いに愉しんだ。
私は「文豪・夏目漱石−そのこころとまなざし」展(2007926日〜江戸東京博物館)は見なかったが、単なるファンの1人としてはこの展覧会でも充分。

自筆原稿には目を近づけて見入った。「猫…」から「明暗」までいろいろあった。迫力さえ感じたものがあった。小説の冒頭の一枚などにはさまざまな想像が可能だろう。

ペンによる手紙は几帳面に細かく、筆の手紙は伸び伸びと巻紙に書かれていた。多忙と余裕の激しい一生を想像した。

見慣れたあの肖像写真でなく、見合い用の若い写真を見た。やや平凡な感じ!?

本人の絵―「あかざと黒猫」―三代目の猫。割りに大きい軸だった―、ほかに、草花写生、あひる三羽、書斎図など―。
また、本人の作品ではないが、漱石唯一の? 色っぽい場面がある「草枕」の「湯煙」(松岡映丘)もあった。書もあった。ほかにもいろいろ。
漱石研究は詳細を極めているのだろうが、なお、汲めども尽きぬ魅力がある。

文庫本を1冊買った。夏目鏡子述「漱石の思い出」。
「猫…」連載当時のエピソードもあり、モデルの1人と言われた寺田寅彦が、書かれて迷惑していると苦情を言うところなどはおもしろい。

漱石のサロン「木曜会」も出てくる。死後は命日に因んで「九日会」となり、ずっと続く。
内田百(けん)が木曜会に出てくるのは、漱石研究年表によれば1911(明治44)年4月で「内田榮造(百)、たびたび木曜会に訪れる」とあり、次は同年6月2日の項に、彼が来て「書を書いてくれとのことで応じる」とある。また、同年同月15日の項には、彼が来て「短冊を書いて欲しいとのことで書く」。続けて「耳動くと云い、実際に動かして見せる」とあって、なんともおかしい。

そして上の「九日会」について、鏡子は、死後今に至るまで「百数十回を重ねておりますが…木曜会の続きとみて差し支えないでありましょう」といい、別のところでも「大正6(1917)年1月9日に第一回を書斎で開き」「ご参考までに」とあげたメンバーの中に内田百閧フ名前がある。

私は内田百閧ェ好きで、その変わり者ぶりがおもしろくてたまらないので書いた。漱石展は私をそんなことまで思い出させたのであった。

新宿区は「漱石山房記念館」(仮称。早稲田南町)の起工式を4/11に行なった。のんびりしたものだが、予算の都合かもしれない。いや、漱石人気は22世紀までもつと考えてのことだろう?
新聞見出しは「全国初の漱石文学館」(4/13 毎日)という。そうだったのか。完成は区切りのいい2017年9月が目標。いまある資料は僅か100点ほど。何かずれている。

◎大佛次郎記念館 4/12
一度入った記憶はあるが、中の様子はすっかり忘れた。何も思い出せない昔。

猫9匹が一斉に食事をしている写真があったと思ったが見当たらなかった。

館の前面のチューリップ花壇が見ごろだった。      →

帰途は階段のあるコースを降りた(往きはなだらかな坂道)。

昼食は中華街の「海員閣」で。朝も食べていたのでビールは1本半―半分残した。

◎送り状転載
前号で触れた「黒田清輝」展について、美術評論家・高階秀爾が朝日新聞に2回にわたって長い記事を書いていた(4/12 朝・夕刊)。
中に「雲」についても触れていたのでうれしくなり、尻馬に乗って、下に私の「送り状」(郵送する方宛 4/10付)を転載することにした。ご参考まで。

黒田清輝に、雲だけの小さい絵があった。連作6枚。絵になる雲だった。写真ならいいものがたくさんある。また、雲のある絵もめずらしくない。しかし、雲だけの絵はマグリットを見たくらいか。世の中広いから雲画家もいるにちがいないが。
実物の雲を見るのが好きだ。大きいのがいい。私はときどき雲塊という言葉を使う。巨塊というときもある。動かない巨雲もある。そのときはこちらも動かない。動けない。今度の部屋は割りに空が広い。大きい雲も見やすい。楽しんでいる。お元気で。


                                  おわり
            TOPへ戻る