16-04-09(2016年 第17号 )  
🌸🌸  花びらがベランダに舞い上がって来る。可憐というか、哀れ、いや、来てくれたのかも。
♪♪   鳥は何を伝えているのだろう。分からないけれど何か言っている。
花も鳥も天然の美。

◎民芸公演「二人だけの芝居―クレアとフェリース」 4/6 東京芸術劇場
原作テネシー・ウィリアムス。2人とは奈良岡朋子と岡本健一のこと。日本初演。
ずっと後ろの席だったのでよく聞こえず、表情は持参した双眼鏡で時々見たが、全体によく分からない芝居だった。

出演者2人と演出丹野郁弓の鼎談記事の中に(公演前)、奈良岡が台本をもらって「正直『何これ?!』という感じでしたね」と言い、続けて「この台本に限ってはとにかくわけが分からなくて…」とも言っているくらいだから、耳も目も良くない私に分かるはずはない。

大分経ってから、「あ、そうか」と大筋が見えてきたが、細かいところまでは見えず、それでもなぜか最後に抱き合う場面では「いいなぁ」と思ったから、何か感銘を受けたような、身の締まりはあった。

虚実が入り混じっているから、よほどの芝居好きでないと理解できない、というか、相当の芝居好きのための芝居ではないかと思って、私はお手上げ。理解する努力から逃げてしまった。

上の鼎談で丹野が「やっぱり『演劇から逃れられない人たちの話』ですからね」と言い、奈良岡が続けて最後に「観た人がどう思うかにはまったく気をとられない、そうはっきり言えるくらいいつもの普通の芝居を観ている側にはこの芝居は難解です…」というのだから無理もない、と自分を慰めた。

昔から私は奈良岡が好きだが、彼女はおそろしい境地にまで登ったと思った。出色の女優=表現者と言える。民芸を、瀧澤修、宇野重吉と(大瀧秀治、米倉斉加年らもいて)観てきて奈良岡朋子へ。私はいい時代に生きた。

◎丸の内朝飯会 4/7
「仏教の経典を俯瞰して② 『法華経の智恵』」とタイトルして竹岡誠治氏のリポート。
釈迦誕生の前日、「妙法蓮華経方便品第二」と「同無量品第十六」を名調子で読みながら説いてくれた。
釈尊の第一声として「諸仏の智慧は甚深無量なり。其の智慧の門は難解難入なり」とあるように難しい。簡単には入れないことが分かる…。

なお、私は3月の定例のインプット(3分スピーチ 3/31)で日銀のマイナス金利に触れ、簡単に言えば、数字を追いかけ、人の心=気持ちを見誤っているとしたところ、4月8日の新聞に、私より過激とも言えそうな意見=主張が出て、うれしくなった。

日銀のマイナス金利政策は失敗―

日銀出身で現早稲田大学院教授岩村充氏は言う(インタビュー「貨幣が滅ぶとき」 4/8 朝日)。

「日銀が人の心の中まで操縦できるわけがないし、やるべきでもありません。中央銀行が自在に人々の心を操れると思うのは不遜です」

「インフレ期待そのものに消費抑制効果があることを忘れてはいけない」

ビットコインや通貨価値減少策にも触れ、終わりのほうでは、中央銀行の存在価値に及んだ。
「政府に都合良く無理やりインフレ期待をあおるのではなく、人々の自然な期待にあわせて基盤を作る金融政策」が仕事だとし、「エリートが世界を指導するモデルではなく、エリートが世界に奉仕するモデルと言ってもいい。景気浮揚にばかり気を取られている今の金融政策では、未来はありません」と。
スカーッとした。必読の記事。

その日、丸の内朝飯会は新宿御苑の桜の観察会を企画していたが、雨のため中止。
で、大降りの中、タクシーを使ったりして展覧会を3つ見て回った。
◎「黒田清輝展」 4/7 国立博物館平成館
正式には「生誕150年 黒田清輝―日本近代絵画の巨匠」展

右の3点は、上から順に情・感・智と名付けられているが(じっさいは横1列に展示されている―下方の画像参照)、以前から議論はあったらしい。
で、多くの人がどう名付けようかとあれこれ考えたであろうが、私としては―と、いろいろ当て嵌めようとしたがうまくいかない。

そのうちつまらなくなった。結局、世に沢山ある「無題」。このほうがいい。せいぜい「女 3態」でいい。
そんなことより、この絵たちはどうだ。 →

私の感想は「素晴らしい」。

前を向いた立ち姿を堂々と、しかも3点も描いた。偉業と言っていいかと思う。
官能美を昇華し、その上の段階に至った女の美。

師コランの裸体画は美しくもまぶしい作品だが、黒田のこの裸体もまぶしい。快いまぶしさ。

或る新聞見出しの「情熱で描いた理想美」は、意味を曖昧にしている。

清輝が辿ったコースとしては、留学し、模写し=倣い、良き師と出会い、技を習得し、考えながら学び、勉め、悩みにも考えて対処し、帰国しては、日本の自然に手こずり(湿気と色と私は思う)、しかし模索、試みを続け、しだいに認められ、美術のアカデミズムを築き、名声と地位を確立した。官僚画家と批判する人もいるが、一面に過ぎるだろう。

展示は第1章 フランスで画家となる 第2章 日本洋画の模索  第3章 日本洋画のアカデミズム形成。

裸体画は、ほかに裸体婦人像、春、秋、木かげなど。
サロン入選作「読書」は迫真的。ブリヂストンで何度も見た「プレハの少女」。肖像画は松方公、桂公、寺尾寿博士像、婦人肖像など、どれも目、視線がいい。風景も温室花壇、山つつじ、つつじ、秋景色など、後期のほうがいいと思った。何かの反動か「切手の絵」!?(湖畔)は平凡な感じ。
やっぱり、そしてたしかに、黒田清輝は巨匠として残ったと言えよう。全体としては、「上手い」というより「巧い」か。

師コランの裸婦の大作「花月」やミレーの「羊飼いの少女」などオルセーの所蔵品やシャヴァンヌなどもあり、また、同時代の日本洋画壇の、例えば浅井忠、青木繁(日本武尊)、藤島武二などもあって、出会う度、小躍りする思いだった。

大展覧会。いい展覧会だった。   

◎「細密工芸の華 根付と提げ物」展 4/7 たばこと塩の博物館
笑ってしまったのがある。思わず声を出したのもある。芸が細かいのだ。ええっ、と見直したのもある。からくり根付にはエロティックなのがある。おもしろい。

根付は海外に流出し、大英博物館には2000点もあるとか聞いていたので、国内には極上物は少ないのではないか、数も限られているのではないかと思っていたが、私が心配することはなかった! (私はローマの東洋美術館で見ていた)。 
            鶴の舞 高さ5.2cm

新聞にも出ていたこの「鶴の舞」は「たいこもちと見られる男性が扇子を手に体をかがめる」「影絵遊びの一種で、障子の向こうからは鶴に見える」―よくよく見るとそうなっている。
展示の中にはじっさいルーペで拡大して見せている作品がいくつもあった(鶯の鳥籠、松茸狩りetc.)。
「たらいは駕籠にあらず 大久保彦左衛門」は、男がたらいの駕籠に入っている格好で、前後を駕籠かきが担ぎ、お伴が1人付き添っていて、高さ3.4cmである。 
「竹筒の中の桶屋」は桶づくりの人物像が筒の中に入っていて2.4cm。
「按摩」は煙管に刻み煙草を詰めようとしてい、後ろ姿は腰に印籠を差しているから呆れる。3.8cm。     →

展示は古典根付、近代根付、現代根付とに分かれていた。
江戸時代「町人文化が爛熟し、一般庶民も上層階級の人々に劣らず…贅を凝らしたものを求めるようになり…入手しにくい素材…手の込んだ…意表をつく意匠」の根付などが作られるようになったという。

一見の価値あり。根付を知らない人にはお勧め。入場料は65才以上150円。

◎「人間国宝展―工芸・KOGEIの創造」 4/7 和光ホール
「総勢40名の人間国宝による作品が春の銀座に集います。…美の競演、心ゆくまでご堪能ください」。

売れ行き好調のようだった。ン百万円のあれこれが…。値ごろのもの!?は赤い印だらけ。場違い。たしかにいいが。

◎盲人とおしゃべり 4/7
おしゃべりというほどではないが、手を添えて乗り換えを案内し、ひと駅だが車内で話し合ったので。

昔、盲人の観劇などを世話していた日銀先輩のお手伝いをしていて、並んで歩くことを教えてもらった。利き腕でないほうの腕を支えるのがコツ。その人は私がそのやり方を知っているのを察知した。

観劇の話をしたら、健常者と一緒に舞台に立っている人がいると言った。
本人はいまパソコンを組み立てたりしているという。パソコンを使って速記を起こしているとも。
過不足ない、というか、無駄のない話し合いで、しかも、途切れない会話が続いた。

ホームの一番前から乗るというので1号車の前にいたら、ここは一番前の扉ではないでしようと言われた。
降りるとき彼は、次にまたお会いしたら、よろしくお願いします、と言った。
大きなことを幾つも教えてもらい、うれしく、恐縮した。
                               おわり
               TOPへ戻る