16-04-05(2016年 第16号 )  
金子兜太の句碑建立  4/3 朝日埼玉版から転載させてもらいました
4個所いっぺんに、とはまた氏らしいというべきか。句碑も本人もシャンと立っている。
なるべく早く見に行こう。お会いできるかな。
  
 念のため句を書き留めておこう。記事の最後の文がまたいい。

 利根川と 荒川の(あい) (らい)遊ぶ          熊谷市中央公園
 草莽(そうもう)(しん) 友山(ゆうざん)に 春筑波嶺(はるつくばね)          旧大里町根岸家長屋門前
 荻野吟子の 生命とありぬ 冬の利根      旧妻沼町荻野吟子記念史跡公園
 行雲流水 蛍訪なう 文殊の地         旧江南町文殊寺

ベランダ花見  前号「いい気なもの」のつづき  4/1

   
マンションに沿った小公園の数本の桜が咲いた。枝は4階の床の高さに達し、5メートルほど離れたところで微かに揺れたり…。つましい、しかし、考えようでぜいたくな花見。
下の写真は逆に小公園から見上げたもの。私の部屋は左方中ほどで見えない。 4/2 

満開になると、ある人は引用する。梶井基次郎の「桜の樹の下には」の冒頭の一文を。

「桜の樹の下には屍体が埋まっている!/これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか…」(青空文庫から)

ある人は坂口安吾「桜の森の満開の下」(タイトルが妙)の中の一文を。

「男は満開の花の下へ歩きこみました。あたりはひっそりと、だんだん冷めたくなるようでした。彼はふと女の手が冷めたくなっているのに気がつきました。俄に不安になりました。とっさに彼は分りました。女が鬼であることを。突然どッという冷めたい風が花の下の四方の涯から吹きよせていました」(青空文庫から)。

2日からは映画「桜の樹の下」が公開される予告の記事。
どれも「樹の下」だが、今年の私は「樹の上」または「樹の横」!

懐旧談を一つ。
高校生のとき、新任の娘のような先生が、代理授業だったか、藤村の「桜の実の熟する時」を熱っぽく話してくれた。それを聞いてその先生に惚れたクラスメイトがいた。一つ年上で同期のませた彼は、ひと時毎朝のように先生と何か話しながら歩いていた(同じ電車で
通学していた)。彼が憎たらしかった…

私は長じては花より団子。桜の樹の上中下! とも宴会の場。

読者の便り
どのご文も、拝読するごとに、いつも驚嘆します。筆者は、何に接しても、何を観ても聴いても、何を読んでも、発せられる感想が一流だ。筆者ご自身が「素人の感想だが」と前置きしても、続いて述べられる言葉の数々の中に、他のどの素人にも恐らく発することのできない、個性の匂う観点が自然に生み出されている。これが〈素人〉であるなら〈素人〉になるとは、なんと困難な道程なのか。もちろんわたしには不可能だ
このたびは、3号分をまとめ読みさせて戴き、ことさらそう感じました。ご文全部がそうですが、一驚の例。
彫刻、版画に、こう感字を当て嵌めてみるなんて!

表情も形も「喜怒哀楽」とはちがう。じゃ、何だろう。デタラメに並べてみる。
/悩、苦、辛、考、想、呆、憧、説、叱、抑、妬、睨、迷、誇etc

志功は、美しいが、軽くないか。人間みな生き仏、と言った捉え方か。決して悟ってはいない態。素晴らしいことだ。
/こんな漢字が浮かんだ。凝、仰、驚、優、決、喝、悦、慈、奇、畏、疑>。


オペラ映画「マノン・レスコー」 4/4 新宿ピカデリー
舞台装置が堂々としていて、しかも細かい演技に適していた、と思う。演出の巧さか。ウーンと言わされる場面が幾つも。
一つだけ挙げれば、娼婦たちがまとめて乗船させられる点呼で、次々と現れる彼女たちの寸劇とその前後の緊迫感はおもしろかった。オペラの余裕というか、いい加減さ。

休憩時、そのまま映される舞台裏での舞台装置の転換作業は映画でなければ見られないもの。今回は衣装部へのインタビューにも、へーえ。

また、主役など登場人物へのインタビューにも、いつも学ばされる、と言ってはヘンだが、歌手の思慮・思考、理解・解釈、知性・根性などが立ち話で出てくるので驚く。

1941年のドイツ占領下のフランスという設定。2人の最後は砂漠(映画「情婦マノン」)ではなく廃墟だった。
ファム・ファタルと言われるマノンはオポライス、デ・グリューはアラーニャ。2人とも熱演以上で? 情感たっぷり。過剰なくらい。官能的でもあるので、どちらもくたくたになったよう。歌は文句なしにいい。
                                 おわり
             TOPへ戻る