多摩・稲城だより     16-04-04(2016年 第15号
  丸の内朝飯会のあと(最終木曜日は全員の3分スピーチ)、展覧会を一つ見た。
はじまり、美の饗宴展 3/31 国立新美術館

       

      

      

      「二菩薩十大弟子板画柵」棟方志功 (12体が一列に並んでいるが3分割して転載)

棟方志功の10大弟子は、表情が豊かでおもしろい(ユーモラス)が、清凉寺の像 はちがう。
志功は、美しいが、軽くないか。人間みな生き仏、と言った捉え方か。決して悟ってはいない態。素晴らしいことだ。

こんな漢字が浮かんだ。凝、仰、驚、優、決、喝、悦、慈、奇、畏、疑…。

      清凉寺(参考)

12神将の次は10大弟子か、12使徒もあるぞ…。
いや、10大弟子は、たまたまこの展覧会で見たから。それだけ、のはず。それにしても、この10大弟子は見もの、ミゴト、お見事。
人物がセットだから比較することができ、かえって広がり、面白味が増すのだろうか。

人間の多面性が、「つくづく」という感じで迫ってくる。興味が尽きない。特に最近は人間も天然も、面白くてたまらない。分からないのにおもしろい。あるいは分からないから面白い。

      ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

西洋近現代絵画の、ルノワール、ゴーギャン、ロートレック、マティス。モジリアニなどがある部屋で腰をおろした。ほかにもお馴染みのセザンヌ、モロー、マネ、ドガ、モネ、ピサロ、キリコ、ピカソなどなど。

「すばらしき大原美術館コレクション展」ともあるように、そのデモンストレーション展だが、さすがに良いモノが多い。ただ、中には傷みが進んでいる絵があるように見えたが、素人目だから分からない、言い切れない。青春時代からの数々の思い出が出てきて、その場で半生を早回しで回想した。
 
   檜町公園の桜 ↑   ミッドタウンとホテルと桜 →

展示は西洋絵画から日本の洋画へ進んだ。そこでは日本人洋画家の苦闘の歴史がひと目で見て取れた。
次いで20世紀、21世紀の絵画へと続いたが、それ以前の作品群と(その場で比べたからか)「汚い」感じがして、申し訳ないような…。

横長の変形絵葉書をもう1枚買った。三瀬夏之介の「君主論」。わけもなく東北大震災の災害を思ってあれこれ想像していた。世界各地にいまも続く戦争による無残な破壊(例えばパルミラ遺跡が破壊途中で奪還されたという「明るい」ニュースのギクシャク。例えば師岡カリーマ・エルサム二は、シリア戦争を内戦とは呼べないとする)。
(いま、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」が重く響いている。FM 4/1 8時30分)

ついでにミッドタウンという建物を見上げ、中をキョロキョロ歩き、庭に出、檜町公園の桜を見、リッツなんとかホテルを仰ぎ、すると、頭が複雑、というより困惑状態となり、「脳動」停止=東京変貌にまだついていけないアタマ。  
       ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇  ◇

  

昼飯はステーキにした。神戸牛のロース300cをペロリと食べた。食べ始めの3連写の「いい気なもの」を!?お笑いください。

           

とうとう新聞に自民党の憲法改悪―あえて改悪という―草案の前文が出てきた。草案だから、手直しの余地はあるというのだろうが、「よくもこうまで」と呆れ返った。(4/1〜 朝日)。
前文は、私も、翻訳調だし「恵沢」なんて日本語は、めったに見ないし使ったこともないからここを「押しつけ論者」が突っつくのは分かる。しかし、ここでは私は現実主義で行く(机上論が多いかもしれないから)。この個所だけを改正するならオーケーだが、ついでに9条も、と言えばノーである。正論のようで便乗論だから、しかも9条は憲法の根本に係わるから。ずるい人間が私は大嫌いだ。                        おわり
                 TOPへ戻る