16-03-30(2016年 第14号 )   
マイム公演「マイム・ロマン劇場」 3/27 
日本マイム研究所3月公演は3月26日と27日の2日、駒沢のアトリエで開催された。
演目は「打ち勝つべき敵」「奇跡の帽子」「或る作家」「待つ女」「夢幻境」など。

何もない舞台と、ベニヤ板1枚だけを上手く使った舞台。簡素だが、いろいろ―何でも―できるものだと思った。アイデアがおもしろい。「打ち勝つべき敵」もその1つで、今回の新機軸かもしれない。心の動き・変化をどう出せるか、難しいところだが、熱演。黒子を使ったり、幾つかは若手の微笑ましい演技もあったが、主宰佐々木博康氏の「夢幻境」は圧巻だった。毎度ながら、氏の身体表現の見事なことは他の追随を許さない。大きく、しなやかで、しかも切れがいい。足の表情さえよく見えた。日本一、と声をかけたいほどだった。

恒例の夏公演は7月12日、6時30分から江戸東京博物館ホールで開催される。足を運んでくださると、応援の1人としてうれしい。

室生寺十二神将のカレンダーから 3/27

            

三好和義の写真展「室生寺 十二神将」のポスターと見た感想を前号に記したが、撮影禁止だったし、カタログ・チラシもなかったので、家でパソコンで見ていた。その後カレンダーが手に入ったので、これはいいと机に置いて12点を見ている。芸術写真もいいが、被写体がいい。じっくり見ている(上は部分)。

陳腐な感想だが、ミケランジェロやベルニーニ(上は部分)の大理石像も見事だが、日本の木彫も大したものだ。
飽きっぽいから一時的だろうが、いまは憑りつかれたよう。

読者のお便り 3/27
あいかわらずの内容の濃さ、迫力に驚きます。パワーの源泉はどこから生まれるのでしょうか。毎回驚くとともに、多くの快い刺激をいただいた気分で、感謝しております。本の紹介「遺言 斃れてのち元まる」鶴見和子著。優れた書評になっているのにも驚きました。思わず背筋が伸びました。いろいろご教示いただいたことに、今回もまた感動しております。
     
「風のホール」でピアノ練習を見る・聴く 3/29
三鷹の「風のホール」で田中真知子さんのピアノ練習を聴いた。芸術文化センター内のこのコンサートホールは、ベーゼンドルファーも備えつけていて、抽選で1時間ずつ貸してくれる仕組み。運よくそれに当たったので、私は1人許された立会人として入ることができた。

なにしろたったの1時間。しかも、初めての舞台(客席625)、初めて触れるピアノ。彼女は緊張していた。

指馴らしというか、初めはブラームスのインテルメッツォ、メンデルスゾーンの無言歌から1曲、ショパンの2曲。そしてベートーヴェンのソナタに入って行った。14番「月光」と18番は全曲を、しかし31番はもう時間切れで途中まで。

何ということだ。1時間はアッという間、時間厳守といわれていたのできっちり終わらせたが、次も、私たちの前も、ホールを使う人を見かけなかった!!

     

よく続けていると思う。ベトソナタの半分ぐらいは食いついたろうか。「ベートーヴェン弾き」でもない限り「アマチュア」でここまではなかなか…と私は思うが。

世田谷の「サローネ・フォンタナ」でベーゼンドルファーを使用しての練習がてらCD録音したときや、函館市公民館の古いスタインウェイ、札幌のヤマハ教室・別のピアノ教室でのヤマハでも聴いてきたが、上手くなっていると言えよう。応援の1人としてうれしい。

ベランダで花見 3/30
 
まだ満開でないし、樹もひょろひょろしているが、ベランダで居ながらにして花見。予報は晴だが事実は曇で花冷えに近かった。ポカポカしてきたらビールでも…。
                                 おわり
            TOPへ戻る