16-03-26(2016年 第13号 )  
 このところよく自分の写真を載せているが、なにか…虫の知らせかもしれない!?

横浜朝飯会でスピーチ 3/22 横浜国際ホテル 
「物語風に読む旧約聖書」のタイトルでしゃべらせてもらった。13名出席。この話は2/18の丸の内、2/25の大阪・梅田朝飯会に続き3度目。

中味は毎回同じだが、たまたまその日の朝刊に漱石「夢十夜」の10夜目が掲載され、それが新約聖書の中の「ガダラの豚の奇跡」の話で、絵にも描かれ、留学中の漱石がその絵を見た記憶があって、ある夜の「夢」に出てきたと言われているので紹介した。その絵は「漱石の美術世界展」に出品されていたので気がついた。
(マタイ8-28、マルコ5-11、ルカ8-26)。

横浜駅から会場に向かって歩いていると後ろから近藤さんが追いついた。白髪で見当がついたという。何年振りか、それすら忘れていたが、立ち止まることもなく話が始まり、すぐに昔に戻った。

話が始まる前、世話人の1人山崎さんが皆さんに私を紹介してくれたが、名刺代わりにと、全員に配ってくれたのが私のホームページのコピーで、そこには金子兜太の私宛の葉書が載っていた。住所が書いてある面も掲載していたので、なるほど…。

彼はまた、「土佐一」の字が入ったぐい飲みを2個くださった。初めて見たが、日本酒「土佐一」のラベルは、昔私が書いた文字―よく憶えていてくれたものと感謝。

 
質疑応答のあと、ヴァイキングスタイルの食事をし、なお、おしゃべりしようと10人が喫茶室に移り、そこでまたおしゃべり。

金子兜太の葉書の文言を、いい文章ですね、あのように言える人はほかにいないでしょう、という人がいたので、改めてここに披露することとする。

「新居おちつきましたかな。(もっとも貴公の場合はそんな月並みを越えて、旅先即定住なんですよなあ)。貴公の〈漂泊者〉の表情が〈美〉、行動が〈遊〉。まったく羨ましいよ。近くなったから、そのうち会えるでしょう…」。

なお、横浜朝飯会の世話役八木さんから例会報告がメールにより送られてきた。出席者名、感想などいろいろあるが、省略。

横浜散歩
みなさんと分かれ、久しぶりだったので散歩することにした。山下公園で海を見、大桟橋などをバックに、同行のMさんに撮ってもらった。 

 

山下公園は、多分77年前に花見に来たところ。入学前、5才だった。近くの水飲み場へ何度か往復しているうちに迷ってしまい、べそをかいたが、両親は直ぐ近くにいるのであった。私の2番目に古い記憶かもしれない。

ニューグランドホテルの旧館に入って懐かしみ、新館は物珍しさで覗き、ぶらぶら歩いて中華街へ。海員閣が臨時休業でがっかり。揚州飯店で食事。黒ビールがあったが味がよくないので「白」に戻したり。

シェラトンホテルで「近くに床屋ありませんか」と訊き、教えてもらい、理容室で散髪。さっばりしたところで横須賀線経由で帰宅。意外に簡単なので―丸の内朝飯会へ行くより早い―これからも務めて出席しようと思った。

のらぼう菜 3/22
部屋から見下ろすと、マンション棟に沿って小公園があり、その隣りにまた沿って横長の畑がある。見えないが左手に無人直売所があり、100円の野菜を置いている。そこに、聞いたことのない菜っ葉があったので買ってみた。何も知らないまま茹で、お浸しにして食べた。

翌日の新聞に「のらぼう菜 限定発売」と出ていた。
「…川崎市とJR東日本は川崎の伝統野菜『のらぼう菜』を使った期間限定メニューを発売した。…いずれも収穫が終わり次第、販売終了」とあった。

ネットで検索したら、うれしくなるような記事に当たった(要旨)
「西多摩地方と飯能市付近で多く栽培されるアブラナ科アブラナ属野菜江戸時代初期には、すでに各地で栽培されていたと伝えられる。耐寒性に優れ、天明の大飢饉1782 - 1788年)及び天保の大飢饉1833 - 1839年)の際に人々を飢餓から救ったという記録が残る。

西多摩地方ではこの食用なばなを「のらぼう」または「のらぼう菜」と呼んでいる。「のらぼう」には「野良坊」という漢字表記がしばしば見られるが、この名で呼ばれるようになった経緯は定かではない。

しおれやすいため生産地付近でのみ消費される地方野菜として受け継がれてきた。近年は苦みやくせのないのらぼう菜の味わいが再度注目されるようになって…品種改良を進めている。

収穫したての花茎は甘くて雑味がなくて柔らかいが、のらぼう菜を初めて食べる人の中には、美味しい茎の部分を捨てて葉だけを食べてしまう人もいるという。

茹でてもぺそっとせず、また全部食べられるとあり、読む前にそのとおり思い、茎も食べていた。新鮮だし旨かった。

丸の内朝飯会 第2445回 3/24
タイトル「創作者はメモ魔である」 講師・渡辺起知夫氏。
ベテラン編集者が、作家のあれこれを、エピソードにくるんだりしながらも本質に迫ったおもしろいお話の数々。
作家という人間像、その多面性。メモの取り方もさまざま(トイレットペーパーも出てくる)。
作家の名前だけでも、渡辺淳一、吉行淳之介、森村誠一、松本清張、星新一、半村良、立原正秋、城山三郎etc.
淡谷のり子の失敗談による成功の話とか、田好胤、松原泰道、秋山駿なども取り上げられた。たくさんの興味深い内容はここには書き切れない。

村上春樹は言っている。「ぼくが見るところをごく率直に言わせていただきますと、小説家の多くは―もちろんすべてではありませんが―円満な人格と公正な視野を持ち合わせているいるとは言いがたい人々です。…特殊な性向や奇妙な生活習慣や行動様式…」(「職業としての小説家」の冒頭)。通じる点もあるような…。

 展覧会2つ 3/24
モランディ―終わりなき変奏 東京ステーションギャラリー
大きく分けて3つのモチーフ。静物、風景、花。
「変奏」だからどれも似ていて、特に私のような素人には楽しみ方がむずかしいと思った。
悪くはないが同じような感じ。強いてちがいを探すなどはつまらないし(だまし絵みたいに見える工夫!?があったりして―)。

それぞれにいい作品があり、すばらしいと言ってもいいが―ここで「が」がつくのだ―静物で1点、風景で1点、花で1点を選び、合計3点で小展示会を催したら、成功し、客が興奮するのではないかと、突飛なことを考えた。1点ずつでは、いかにも可哀相だから、2、3点としてもいいが。
私の「感字」―感じた文字?―としては、現代-簡素、静謐-充溢、抗議-屹立。

改修後のギャラリー運営は、または今回の展示は、JRらしく下手だと思った!

三好和義写真展「室生寺 十二神将」 ノエビア銀座ギャラリー

いろいろな撮り方の12枚と全体の1枚。簡素というか、これしかないぎりぎりの選択結果というか…。
いい写真ばかりだった。惚れ惚れと見た。ゆっくりと見た。

十二神将像はいろいろあり、これまで私が観たのは僅かだが、いまのところ、室生寺の彫刻が一番いいと思っている。
先月の京都・奈良見物でも幾つか観たが、室生寺へは行けず、実物を見たのは、もう昔の一度だけ。今回の写真でその憂さは晴れた。なにしろ実物よりよく見えたのだから!?(普通の拝観では観られない)。

1点ずつというのが惜しいというか、残念。モランディとは逆という皮肉。

表情も形も「喜怒哀楽」とはちがう。じゃ、何だろう。デタラメに並べてみる。
悩、苦、辛、考、想、呆、憧、説、叱、抑、妬、睨、迷、誇etc.

―自分の感情あるいは過去までを思っていた。
―十二神将が何か、まだ分からない。

(ご参考)
下の写真はネットにあったもので、三好氏の作品ではありません。念のため。
        

          

矢野口クリニックへ  3/25
稲城市立病院の主治医が転勤になったので、マンションに近いクリニックを紹介してくれた。紹介状を受け取ったその足で「矢野口クリニック」へ行った。個人経営だが、受付に2人、看護師も2人だったか3人いた。予想通り、レントゲン、心電図、採尿、採血となり、次回は超音波検査。薬は従来通り。

2度の癌は完治ですかと訊かれ、そうだと答えた。心房細動は20代からだと申告した。いまは糖尿っ気がイヤだと訴えた。返事はなかった。受付係のうっかりで、支払い済みとなったが、まだです、と言って払った。全体に感じはいい。

「北海道新幹線 開業」(朝日・毎日の見出し)。 3/26
あの渡島大野(新函館北斗)が起点・終点。思い出すなあ、いろいろ。

朝日夕刊の「素粒子」は「北への旅は哀愁や傷心を秘めて。南への旅は希望と不安を抱えて。北海道新幹線。速さが情緒を追い抜いていく」と、前半はよく分からないコメント。毎日夕刊のコラムはつまらない。私はノーコメント。

河北春秋のコラムは別の新駅開業のこと。「…JR仙石線にきょう「石巻あゆみ野駅」が開業する。列車に手を振る人もいるかな。集団移転した被災者が、地域と溶け合う機会になればいい」。

山陽新聞のコラムは「はるばるきたぜ、はやめなきゃいけない。『あっという間にきたぜ、函館へ』だ」。歌手の北島三郎さんが持ち歌の「函館の女(ひと)」に引っかけて、インタビューで冗談を飛ばしていた…きょう、北海道新幹線が開業した…」。

一方の地元北海道新聞はいろいろ書いているが、読むべき記事はなかった。目についた見出しは「東京で安保法反対集会、脱原発も」「戦争できる国はダメ」。

29日施行の安全保障関連法への反対と、脱原発を訴える集会が26日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれ、参加者が「戦争のできる国になってはいけない」「原発再稼働は許さない」などと訴えた。

                                おわり
           TOPへ戻る