16-03-19(2016年 第12号 ) 
●サクラ観察会 4/7  新宿御苑
        
               サクラ「一葉」    撮影:小原芳郎氏

丸の内朝飯会の第8回自然観察会として、来月7日は新宿御苑の桜を観察・鑑賞することとなった。ご案内は、会員の小原芳郎さん(日本自然保護協会 自然観察指導員)。この企画に私は初参加の予定。いよいよ、そして、久しぶりの、東京のサクラ、かぁ。

―最近、人としゃべっていて、気がつくと、ほとんどが昔のこと。こりゃ、まずい。花より団子の懐旧談はしないことにしよう。長田弘の「老年」はこう始まる。

 誰に話しているのか、
 それは問題ではないのだ。
 あなたは話しつづけている。
 もうずっと、話しつづけている
 話しつづけているが、あなたは
 誰にも話しかけてはいない。
 あなた自身に話しつづけているのだ。
 八十年前に桜の木の下で夢みたこと。
 …                最後の2行は
 そして、いま、あなたは
 上手に死ぬことをもとめられている。

●飲み会の1人からファックス 3/15
3/10、職場の後輩と飲んだときの1人から以下のファックスをもらったので、紹介します(もう1人からはメールをもらった)。

今日は!!
先日の飲み会は楽しかったです。ありがとうございました。
40数年ぶりの再会でしたので、お会いした瞬間は阿部さんだと判りませんでした(阿部さんも私を見て同じように思われたことでしょう)が、すぐに阿部さんの顔が当時に戻り、半世紀近くも時の隔たりがあったようには感じられませんでした。酒を酌み交わしながら話し合っていると、思い出深い場面が蘇って来て大変懐かしかったです。

ところで、頂いた「多摩・稲城だより」と「儚儚老随筆」、当日と翌日は雑用に追われて読めず、3日目に全部読ませて頂きました。
私にはオペラや芸術のことは分かりませんが、80才を過ぎても阿部さんの変わらぬ旺盛な好奇心と広範な行動力には唯々驚くだけです。恐らく多くの楽しみがあるからお元気なのだと思います。

今後、毎年春と秋に開く飲み会では、様々なことについて話し合い、楽しく過ごしたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。以下略。
  
第944回 梅田朝飯会だより  2/25
やや古くなったが、前号に続き梅田関連―「梅田朝飯会だより」を転載します。世話役の吉田幸伸さんから送っていただいた。

    「物語風に読む旧約聖書」 阿部審也(丸の内朝飯会 会員 東京在住)

    …ひと言メモです。私の切り貼りがまずく、読みにくいでしょうが、判読してください。阿部
 

                                 おわり 
             TOPへ戻る