16-03-14(2016年 第11号 ) 
●丸の内朝飯会  3/10
「健康の『とげ』抜く禁煙寺」と題して、高岩寺住職来馬明規氏が話をしてくれた。
高岩寺は「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨地域の「とげぬき地蔵尊」のお寺。菩薩に水を掛け、たわしでこする(いまは布で洗う)「洗い観音」もここ。

住職は禁煙運動をつづけ、AEDの普及などにも力を入れる「街おこし」のお坊さんで、循環器内科の医師でもある。
禁煙マークの袈裟を着、AED普及の袈裟を着、正規の袈裟も整え、スクリーンの映像を自在に操った。説得力があった。
医僧、異僧などと書き、いそうでいないとシャレていたが、私は偉僧だと思った。傑僧であり、熱僧でもあった。

●おしゃべり宴会  3/10  加賀屋八重洲口店
会うのはほぼ40年振りと20数年振りという職場の後輩2人と、初めての居酒屋で落ち合った。40年振りの彼は顔も分からなかったが、しかしすぐ、やあやあとなり、楽しく飲み食いした。ひと回り下と14才ちがい、70才と68才はまだ若い。
お互いの記憶がちがうと話がおもしろくなるようだ。

1人が、新橋のキャバレーに連れて行ってもらい勘定のときツケが利いたのには驚いたというが、私は憶えていない。彼はそこの経営者がパントマイムをやる人だということまで憶えていたが、私がいまも付き合っていて、マイムを見ているといったら「えっ」。

1人は、何かの会で、ヒラの私がエライ局長と、まるで友だち付き合いみたいな会話をしているので「おったまげた」。

彼は日記の1部をコピーして持ってきた。「平成5(1993)年8月13日、阿部審也さんの送別会(高城んと)、東京駅地下の居酒屋にて。将来はイタリアで暮らすとか。たしかに歳より若い」とあった。退職2、3か月前から送別会が始まっていた。

その他、クサヤが好きで有楽町ガード下の、煙もうもうの店で飲み食いしたこと、銀座和光裏の仙台酒場で…など、当然ながら飲んだ話が多かった。

昼の部の閉店時刻をオーバーし、3時間のおしゃべり。
春と秋ぐらい、また会ってしゃべろうということになった。若いほうが幹事。

●講演会「壇ノ浦 1185 平家滅亡と『無常』の物語」  
3/11 よみうりホール
3か月に一度の、やや程度の高い講演会「講座 歴史の歩き方 第74回」。
学習院大の兵藤教授は「『平家物語』における『語り』と鎮魂の思想」、早大の日下名誉教授は「回顧の視座から生まれるもの」。どちらも難しかったが、面白くもあった。

毎回1、100人でほぼ満員。いかにもこういう勉強会が好きそうなご老人が集まり、壮観と言いたい風景。

終わって、Oさんも私もそれぞれガ・フレと一杯やって帰った(翌日のメールで判明)。 

●大沼の風景写真と成子ちゃんの記事 3/10 
駒ヶ岳の朝焼けと大沼湖の薄氷の写真、それと、渡辺成子さんの新規開店ショップの新聞記事と写真を高瀬宣夫さんが送ってくれたので掲載させてもらった。目を近づけて見た。いろいろな思いで見た。

          駒ヶ岳の朝焼 大沼の薄氷 3/10   撮影:高瀬宣夫
      

              大沼の渡辺成子さんのお店 ↓
      

      「散策後 食器ちょっと買い物 大沼の渡辺さん」(見出し) 

大沼の友人・成子ちゃんが自宅隣接の駐車場を改修、海外有名ブランドの食器などを取り寄せ、洒落たレイアウトでオープン。北海道新聞に掲載されたその記事を高瀬さんが送ってくれたので転載させてもらった。右奥にいるのが本人。

●梅田朝飯会の記念写真  2/25
梅田朝飯会の世話役・吉田幸伸氏から送っていただいた。
来年の3月か4月にまたリポートさせてもらうかもしれない(―東京住まいになったのだから、寒くないもっといい季節にきてください、と)。

      
                                  おわり
              TOPへ戻る