16-03-09(2016年 第10号 )   
3/7は雨。外を眺めた。雨中横っ飛びの鳥の何用(「懸命」がいいか―未定!)。
3/8は暖かかった。20℃。セーター要らず。大洗濯。一日だけらしく、また寒さが…。
民主党と維新の会がくっつくので党名を公募しているとか。私なら立憲自由民主党とするね。現自民党には立憲(主義)がないとアピールできる!!
 
◯オペラ映画「トゥーランドット」
  3/3  新宿ピカデリー
丸の内朝飯会の有志10人(女5、男5)で観た。終わって、近くのタイ屋台料理店で、観たばかりの映画やオペラのあれこれをおしゃべりしながら飲み食い。楽しかった。
                           撮影・吉田勝昭
        

一瞬居眠りしたが、ほかの人も似たようなものだったらしい。退屈するシーンがあった。
オペラの醍醐味は批評感想が多岐に亘るところにもある。各人が勝手に、何でも・いくらでも言える。たとえは私はこうだ。

舞台装置は豪華だしよく考えられていたが、大げさに過ぎた。北京という場所と時代考証にやや違和感を覚えた。衣装も国籍不明。しかし、振り付けはよく考えられ、スムーズに流れた。これがよかった。歌手選びはオペラ全体の一番の難所だろう。ヒーローもヒロインも、声量・実力ともに優れていたが、それを発揮する場面が少なく、この作品の至らないところではないか。テノールもソプラノももっともっと歌いたかったような顔をしていた!? 女奴隷リュー(奴隷という日本語は説明が必要だろう)は上手だったし役どころにぴったりだった。ピンポンパンの3人は馴れたもの。王の左右に侍る脇侍の白い面がよくできていて、動かない表情なのに印象に残った。そうそう、全体に色彩効果がよかった。

まだまだあるが、このように、勝手なことが言える=言いたくなるのが総合芸術オペラの人気の衰えないところではなかろうか。

世話役・案内役の吉田さんはその朝、ご自分のレポート=スピーチ(「私の履歴書」Ⅱのいろいろ事典)を済ませたばかりだった。ひと仕事終えて、ビールも美味しかったよう。

吉田さんはメールで上の写真を送ってくれたとき、こういう感想を添えていた―「ときおり眠気が襲ってきましたが…。あの舞台装置には驚きました。また、舞台うらのインタビューは新鮮で楽しいものでした」。

オペラが初めてという美谷島さんの感想は次の通り―「オペラに関しては『食わず嫌い』でしたが、今日は大変面白かったです。正直、面白がっている自分に驚きました。多分、実際の生オペラを大きな劇場で観たら、もっと感激するのかもしれないと思いました。齢を取るにしたがって、新しいことに興味が無くなりつつある自分を反省した1日でもありました。お誘いいただき、本当に有難うございました」。

大下さんは吉田さん宛てのメールにこう書いた―「オペラ鑑賞、見事な企画を有難うございました。
これが、オペラだ! という強烈なメッセージを受け、圧倒されました。王子を愛する女性(召使か)が自刃する場面、凄い台詞(?)のやりとりが圧巻でした。音楽と言葉の共演が、こうまで強い表現力で迫ってくるとは、驚きでした。道化師役ふうの
3人が、「笑わないで人の死を見たのは初めてだ」という意味の事を言った後、舞台の群衆が引き下がり、姫と王子と主人公二人の場面になったとき、私は会場を後にしました(所用により―㊟阿部)。この感動、しばらく消えそうにありません」。

また、(ピア二スト)田中さんの感想は次の通り―「本場のオペラを鑑賞したことがないし、詳しくもないので、あれこれ言えませんが…
このビューイングの良さは、字幕が出て歌詞の内容がわかること、歌い手の表情が細かいところまで良くわかること。今日は二幕目辺りで少々睡魔に襲われました。気持ちよい歌声をバックに―ちょっと間延び?三幕目はテンポ良く進んだように思えましたが。あの有名な「誰も寝てはならぬ」のアリアは、もっとドラマテイックな、感動的な歌を聴いたことがある気がしました。もちろん、良い歌もたくさんありましたけど。

幕間のインタビューはいつも興味深い。出演者たちが、その演目の音楽、自分の役作り等について自分の言葉で、自分の考えをはっきり語るのを聞くのが気持ちよく、私にとっては勉強になります。舞台裏のこと―支えている色々な役割の人々のことや舞台美術等についても知ることが出来て面白い。インタビュアーの質問の仕方がうまい。

追伸 姫君のことを皆であれこれ言いましたが、考えてみると大写し、顔のアップなどがあるせいですね。本当の舞台なら少々齢をとった姫でも「美しい姫」が、実際にはそれほど美しくなくても、問題にならないでしょう!お化粧して舞台に上がれば、ルックスなんかとやかく言わず、歌と演技で勝負ですよね。映画でアップで映されるなんて酷な話
!」。

MOA美術館   3/5  熱海・桃山町
リニューアルによる閉館の前日、駆け込みのように出かけて見てきた。良かった。

光琳の「紅白梅図屏風(紅梅図)」は見慣れた作品のような気がしていたが、やはり本物はよかった。そして、やはり初めてだった。以前に行ったときは貸出中で見られず、仁清の壺が記憶に残ったが、今回はこの屏風の前で10分間は立ち尽くした、という感。飽きなかった。ここで私の評言など意味がない。
そのほかワンサと名品が並んでいて、どうにも、たまらなかった? 上記国宝2点以外にも国宝はあり、そのうえ、重要文化財65点、重要美術品46点があるのだから参ってしまう。

惚れ惚れと見たその中のいくつかの、タイトルだけでも挙げさせていただくと、順不同に、
絵は、唐時代の「樹下美人図」、梁楷「寒山拾得図」、牧谿「蓮に鶺鴒」と「葦に翡翠図」―この水面の良さは実際に見なければ分からない(コピーや写真ではダメの意)、岩佐又兵衛の「柿本人麻呂」「紀貫之」図ほかの作品、宗達「軍鶏図」、光琳「寒山拾得図」「琴高仙人図」。重文 北方天眷属像 康円 鎌倉時代 長靴?  

書は、紀貫之の「高野切」その他名人連―小野道風・藤原行成ら―の各「…切」、無準師範「帰雲」の二大字、夢想疎石書「万般存此道」、一休書「薫風自南来」、
陶芸・工芸品では乾山「十二カ月絵皿」、本阿弥光悦「樵夫蒔絵硯箱」を挙げておこう。
江戸時代の絵としては、勝川春章「婦女風俗十二カ月図」の内「5月 蛍火」「9月 重陽」「12月 節分」(3点だけ出展)、作者不詳「湯女図」、北斎の1点「二美人図」は色彩が独特。

仏像「群(と言いたい)」は、例えば「聖徳太子立像」「阿弥陀如来及両脇侍坐像」など、奈良・京都などの一部名刹を除けば顔色なしの名品が数々。それぞれに唸った。その他その他その他。
ただ、良さが分からないというか、「下手だなぁ」と思ったのは歌麿の「入浴美人図」!

思わず図録を買ってしまった。
見終わって外に出、振り返って建物と建物間の階段を見上げた。豪華・贅沢・独特の美術館である。ま、長生きして2度も見たから「良し」―「創世記 1-4」の神の言葉でもあるが!―としよう。海を見下ろせば、初島が近くに見えた。

◯雑談会 3/7 銀座7丁目ライオン
会ということはないが、大橋さんと軽く飲みながら、3時間ばかり、ただおしゃべりする昼のひとときをいう。話題も何も決まりはないが、何となく話は進むまたは弾む。といっても、私はほとんど聞き役で、もう1人のMさんももっぱら聞き役。それでも楽しい。しかも、大いに勉強になる。彼は万般に通じている稀有な碩学。

7日は開店の11時半から黒生を飲みながら4時間余り(中2、小2-阿部は3杯)。
前々日に見たMOAの紅白梅図の枝ぶりのことから始まり、氏のキューバ旅行の話へ。
モノカルチャーの問題、当時の米ソの思惑、先進国の経済成長と幸せ度、未発展国の経済重視以外の選択の可能性など。

現天皇の戦争観と摂関時代以来の象徴天皇制、ときに出てくる異形の天皇や即位式もままならなかった貧乏天皇のこと。公明党と共産党の党勢拡張策や宮本顯治色共産党=票集め党からの脱皮、名称変更のこと、小選挙区制と町村議員選挙の微細な票読みのこと。戦後の「民主主義」の学び方、育て方、定着化に私たちは何か迂闊だったのではないか。憲法9条は理想というより、新思想ではなかったのかなど。

井上ひさしの芝居や家庭のこと、米原昶の娘ユリとの結婚、ユリの姉・エッセイスト米原万里のこと、DV、離婚、こまつ座のことなど―氏は64年から69年までの「ひょっこりひょうたん島」以来のファンで、テレビやその後の芝居のほとんど全部を見たこと、未完の「木の上の兵隊」のこと、日時も劇場も決まったのに肝心の台本がないかったエピソードなども話してくれた。ひさしはますます輝くような予感。

医師の誤診・医療ミスとその対処法、墓や遺言・公正証書遺言のこと、法務局に行ったときは決して怒らないことと助言されたこと。日本仏教と神道とアニミズムのこと。寺社で手を合わせるか―どちらも原則合わせない―。
話題は自在に動き、新約・旧約聖書の中のサタン=悪魔のことなども…。あれっ、また宗教のほうへ行ったか、と2人で苦笑? することがあった。ただ、アベ政治と改憲については、どちらも口が重かったよう。

◯映画「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」 2/20 新宿ピカデリー
黒人と白人のいい夫婦 暖かい思いやりと本音の意思的・論理的口論 名優にかかると台詞が生き生きして、暮らしのドラマが現実と化して立ち上がるといったような―。名優2人の演技が際立つ作品。おもしろかった。よかった。やや古くなったのでひと言だけ。

(蛇足) 新しいところの楽しみは「長田弘全詩集」を買ったことか。読むのが楽しみ。例えば、任意に開くと、

  言葉を不用意に信じない。
  泣き言は言葉とはちがう。
  神を知らないので、
  神にむかっては祈らない。(部分 p434)

も一つは、日比谷の「かごしま遊楽館」でさつま揚げを買ったので、食べるのが楽しみ! ―3/8昼
                                    おわり
              TOPへ戻る