16-03-02(2016年 第 9号) 
◯丸の内朝飯会と梅田朝飯会でおしゃべり  2/18 2/25   
「物語風に読む旧約聖書」という途方もないタイトルで1時間しゃべらせてもらった。
翌週大阪に行き、梅田朝飯会で同じテーマでしゃべったときの録音を聞いて、がっくりきた。
のろのろだらだら、しかも、あーうーと睡眠促進語を連発し、レジュメを用意したのに話はあらぬ方向に飛んでは跳ね、筋道の前後も歴史の前後も出入り自由!?な滅茶苦茶さで、自分でも呆れるしゃべりよう。丸の内でも同じだったにちがいない。恥ずかしくて書きようがない。
で、別項にレジュメを掲載(第8号B)したので、ここでは話の内容その他すべてを省略することにした。

3/22に横浜朝飯会でまた同じテーマでしゃべるが、少しは整理し、分かりやすく、出来ればあーうーを入れずに話すつもり!? そんなこと、急には…。 呵々。

       
丸の内朝飯会の様子             撮影:市原 実
   

  
              

▽京都・奈良の観光少々  2/22〜2/28
ついでに京都2泊、大阪1泊、奈良3泊の旅。Mさんが同行(介護士見習兼秘書見習??)してくれた。老いが順調に進んでいる中、あれこれ助けられた。以下、簡単に報告を―

京都 2泊
1日目 ロイヤルホテル&スパに夕方到着。夜は先斗町のくわ焼き「ぽんと」へ行ったが休業日。ぶらぶら歩いてから同じ並びの居酒屋でトロの刺身とおでんで一杯。
 写真のキャプションは以下すべて省略】
2日目 まず高野川と賀茂川の合流点に行き、2つの川を飛び石伝いに渡った。初めてのこと。


次は下鴨神社から糺の森を経、河合神社へ行き、境内の鴨長明「方丈庵跡」(復元イメージ)を見た。感興特に催さず。

寺町通りを歩き古本屋を冷かしたりし、四条河原から南座、祇園通り、一力茶屋を経、建仁寺を通り抜け、六波羅蜜寺の彫刻を見た。
全部いいと言える。以前にも書いたことがある「空也上人像」は相変わらず素敵だったし、そのほかの像(湛慶・運慶坐像、地蔵菩薩坐像・立像等々)もよかった。絵葉書でなくパンフレットを買った。
その日はずいぶん歩いた。

夜は紹介してもらった焼肉屋が休みだったので、錦小路に近い「焼肉・北山 四条東洞院店」で食べた。お勧めのミノポンはお代わりした。

大阪 1泊
大阪へ向かう前、京都駅に近い枳殻邸=渉成園と東本願寺に寄った。
私は広くて瀟洒なこの庭が好きで何回か遊んでいる。その日は芝生で遊んでいる幼稚園児らの動きを追って笑った。いいものだ、幼子は。
鯉が集まり、私を見詰め、大口開けて話しかけてきた。

東本願寺の阿弥陀堂は修復中だったので御影堂の畳座敷だけ見てきた。
門前にいた案内人らしい人が老爺を見て寄って来て、残念ですが拝観は3月からです、と教えてくれた。てっきり阿弥陀堂を見に来たと思ったのか、そう私に思わせたのか…その言い口? は微妙なところというべきか。そのとき私は、畳座敷を見に来たんですが…と妙な返事をしたのであった。関係ないが、売れ行きが好調らしい「京都ぎらい」(書評を読んだだけ)に想像を馳せたか。

着いた夜は梅田朝飯会の有志5人が例会場のホテルで歓迎の宴を開いてくれた。私のおしゃべりに関係ない話題がいっぱい出て楽しかった。黒生を飲み、たくさんご馳走になった。2日目 朝のおしゃべりのあと(話でなく、幾つもの質問がよかった)、「あべのハルカス」―日本で1番の高層ビルとか―16階の美術館で「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」展を見た。長谷寺式十一面観音がいくつも展示されていてそれぞれに良かった。絵葉書を2枚買った―「難陀龍王立像」「如意輪観音半跏像(岡寺蔵)」。

そこは天王寺だったのにタクシーで「ジャンジャン横丁」へ行った。あれほど近いとは思わなかった。懐かしかったが、すっかり変わっていた。50年以上も前は、何の肉か分からないと言って、半分冗談で!? 犬・猫・鼠の話が通っていた。キャベツの千切りはサービスだったが。
通天閣を仰ぎ見、間違って入ったお店、元祖「ホルモン道場」で、名物の串カツでなく、鉄板焼肉をいろいろ食べた。
盛り合わせはマメ・キモ・ツラ・チョウ・ココロ・ミノ・タン。単品で上ミノ・ハラミ・生セン。食べなかったが、看板にはほかにコメカミ・ハチノス・赤セン・マルチョウ―丸朝(丸の内朝飯会!?)―など、初めて知る肉の名前がいろいろあった。そして、生ビールが、私にも分かるほどに旨かった(水がいいのかサーバーの掃除がいいのか―スゴイこと言うなぁ―奈良で飲んだ生も旨かったと思う。不思議)。濁りも飲んだ。

奈良
 3泊
1日目 夕方、ロイヤルホテルに到着。ホテルの温泉に入り、夜はホテルの料理屋で軽く食事(酒盗と山芋、野菜のてんぷら、漬け物盛り合わせ)。
 
2日目 初めて元興寺を見た。読み方も知らなかった。見どころが多かった。どれも素晴らしかった。最古の寺の国宝本堂・禅室も、沢山の仏像も、自由な雰囲気も一番だった。文化財研究所があるからか資料も豊富、説明も懇切。
私は国宝「五重小塔」の存在も知らなかった。ただ、十二神将はいかにも古く、そして小さいものだった。内緒で何枚か写真を撮った。

見物人が少なく、休憩所には1人もいなかったが、ストーヴで温められていた。Mさんがそこにあった「りん」を叩いたら良い音が響き、余韻が永かった。なぜかありがたくなった。建物と仏像と2種の絵葉書セットを買った。

次には新薬師寺の国宝十二神将を見た。これも初めて。等身大の全神将に圧倒された。ぐるぐると何周か回りながら、一つ一つに唸っていた。なんというものを彫り上げたのだろう。珍というか妙というか、考えても分からない(ロクに考えてもいないが)。
旧約聖書と言い十二神将と言い、世にはけったいなものがいくらもある。その想像力・創造力が強烈、そして、宗教の大力を知らされる。 →

興福寺の東金堂と国宝館を見た。名前の通り国宝だらけ。贅沢な見もの。ただ、東金堂の十二神将は見にくく、しかも全部は見えない。薬師如来中心だから仕方がないという配置か(新薬師寺とちがう)。また、国宝館の板彫りの十二神将も初めて見た。

幾つかの十二神将像を見て、いよいよ、塚本邦雄の小説「十二神将変」を読まなくてはいけないような気になった。私にとっては事変と言っていいかもしれない。昔、読みかけて中止した代物。おそろしい気持ち。神将像に似て、とんでもない作品という予感は変わらない。

夜の食事は新大宮のフグ料理店「ふくふく」。まあ、旨かった。最上とは言えないだろうが、テッサを追加し、白子を別注文。雑炊もきれいに食べた。ヒレ酒も旨かったので1杯では足りなかった。

3日目 唐招提寺と薬師寺へ行った。
前者はたしか3度目。金堂の形も惚れ惚れするし、内陣の3つの仏像も四天王もそれぞれグッとくる。建物の配置も好き。校倉造りの経蔵2棟は現在も趣きがある。
境内をゆっくり歩いた。鑑真廟の辺りの掃除人はみな挨拶してくれた。そして、ここでも池の鯉が話しかけてきた。
崩れかけた築地塀も、なだらかな坂道の箒目も、いい色の苔庭も、みな静寂を表わしていた。 ←

後者は2度目か初めて(記憶不明瞭)―俗っぽくて嫌いなせいで、忘れたかったからではないか、まさか―。大した寺だが、好き嫌いは致し方ない。

たまたまというか、新築の西塔はまだ味が出ないし、東塔は改築中だし、食堂も工事中だし、壁画展も休みなのに拝観料が一番高かったし(800円)、と悪条件は重なっていた。さらに、団体客案内僧侶の大声の俗論までが耳に障った(説明が長いので彼と大きく離れるまで、嫌でも聞こえてきた)。冴えない梅の小花が咲いていた。
東院堂の菩薩像は良かった、とだけ断っておこうか。

西の京駅に近いだんご屋? で山菜うどんとぜんざいを食べた。山菜の蕨は自然の苦みがあった。小上がりの壁の絵に金子兜太の句が添えられてあった―「酒止めようかどの本能と遊ぼうか」。「ヱビスビール」とあったので1杯飲んだ。

明るいうちにタクシーで戻り、温泉に入り、浴槽の脇で20分ばかり体操し、夜はホテルのシャトルバスで近鉄奈良駅に行き、アーケードの商店街を散歩してから、或るビル2階の居酒屋で飲み食いした。


今回は観光と飲み食いが半々というところか。以前より見物=拝観が少なくなった。これからの旅は飲み食いのほうが主になりそう。
                                  おわり
            

            
リンク付け不調―左上矢印でTOPへ戻ってください