ご参考              「多摩・稲城だより」NO.8 参照
  レジュメ 例会用     2016-2-18  丸の内朝飯会  阿部審也

 物語風に読む旧約聖書

「信仰は魂に属するが、宗教は知識である」         池澤夏樹
「旧約聖書はどこもおもしろい。いや、考えさせられる」   松岡正剛
「旧約聖書は清く正しくないどころか、人間のあらゆる面が描かれているし、1つのス トーリーを期待して読むと、平気で矛盾した記述が出てくる」 秋吉輝雄

はじめに―お断り 信者の方がいたら失礼になるか 私は不可知論I’m agnostic. 消化不良 常識以下 (参考資料 聖書歴史年表2種 聖書地図2枚 旧約聖書目次と構成)

概 論
1     旧約聖書って何だ   ユダヤ教の正典 旧い契約―神のモーセとの契約 新約との関係 

2    
何が書かれているか イスラエル・ユダヤ民族の歴史 その宗教文学の集成 構成はモーセ5(律法)、歴史書、預言書、諸書等39文書―ユダヤ教の分類は別 

3
 いつ頃のものか、舞台は― 
b.c1500年頃パレスチナ=カナンの地へ 一部がエジプトへ. 出エジプト記b.c.1200

4
 誰が書いたか 
王国宮廷の公的記録編集書記 預言者 
  言語・翻訳 ヘブル語 ギリシャ語へ翻訳 ルターのドイツ語訳 42行聖書 

5 聖書の文化的影響―新・旧約含め文化に限定  絵画・彫刻・建築・音楽・映画・哲学思想・文学 略。

6 宗教について 一神教と多神教 イスラム教 仏教 道徳 信仰心 死と死後 現代宗教 IS

各 論  
1 旧約聖書って何だ ユダヤ教の正典はヘブライ語聖書(ギリシャ語訳は放棄) 324巻 タルムード 「雅歌」選定の議論 キリスト教=ローマカトリックの正典は旧約と新約 プロテスタントは後代の勢力 イスラム教の正典は旧約とコーラン
2 何が書かれているか
構 成 
モーセ
5書 律法(トーラー)とも言う―朗誦されるものの意。
歴史書 6ヨシュア記〜列王記下 
預言書15 (ネビーム)=イザヤ書〜マラキ書 (うち小預言書12=ホセア書〜マラキ書)
諸 書13 (ケトゥビーム)=上記を除く詩篇ほか  
    39文書  (新約は27)  

ポピュラーな言葉 アダムとエバ エデンの園 ノアの箱舟 バベルの塔 十戒 ダビデ像 ソロモン 復讐するは我にありetc. 

3
 いつ頃のものか、舞台は

創世記から列王記下まで 内容要約
創世記(965450)―天地創造 洪水 アブラハム、イサク、ヤコブの族長物語、ヤコブとその息子たちのエジプト下り
出エジプト記〜申命記―モーセに率いられたイスラエルの民のエジプト脱出と荒野の放浪

ヨシュア記―約束の土地への侵入

士師記〜サミュエル記下―王制の成立(bc.1004)に至る経過 士師=裁く人、軍事指導者
列王記上―南北王朝の分裂
(bc.1004)
列王記下―アッシリアによる北王国の滅亡
(bc.722)、南王国ユダのバビロン捕囚による.滅亡(bc.587)

実際の歴史は、  ―年表参照
@古代イスラエルの族長たちが遊牧生活を送っていたのは前1500年ごろ−1説
A1200年ごろパレスチナに居住
B部族の連合体を形成。リーダーは士師たち
C1003年、ダビデが統一王国樹立。その子ソロモンの死(926)後、南北に分裂
Dそれぞれで王家が存続・交替した後、北は前722(721?)年、アッシリアに、南は前587(586?)年、バビロニア帝国により滅亡。
E南の要人はバビロニアに移送される。バビロンの捕囚。  

「聖書時代史」山我哲雄  (岩波現代文庫 目次から)
乳と蜜の流れる地 カナンの地 パレスチナ 古代イスラエル人とは何者か 族長時代 出エジプト  
1 イスラエル民族の成立 エジプトのカナン支配 イスラエル人=定着した遊牧民? 部族連合
2 統一王国 王制導入 サムエル記 初代王サウル ダビデ ソロモン エルサレム宮殿 文化的繁栄
3 王国分裂 北のイスラエルと南のユダ 北の王朝交替 
4 南北王国 アッシリアの属国ユダ 北の滅亡
5 ユダ王国の滅亡とバビロンの捕囚 第一次、第二次  b.c.6世紀は疾風怒濤時代 アッシリア滅亡b.c.609 エジプトとバビロニアの狭間で 
申命記史書―ヨシュア記、士師記、サミュエル記、列王記 預言書編集 バビロニアの盛衰6 ペルシアの支配 パレスチナ帰還 
7 ハスモン王朝樹立 外典「マカバイ記」 b.c.14037ユダヤ人王朝 ヨナタン、シモン兄弟

4 誰が書いたか
☆ユダ宮廷で公的記録の編纂に携わっていた役人(書記)
イスラエルのカナン定着から王国滅亡に至るひと続きの長大な歴史書―ヨシュア記、士師記、サムエル記、列王記―を編集。申命記史書と呼ばれる。
☆預言者の言葉の伝承者
原典にはヘブライ語、ギリシャ語(70人訳聖書)、サマリタン版(サマリヤ人=ユダヤ教グループ)3種類がある。すべて写本。
言語 翻訳
ヘブライ語聖書とその翻訳とされているギリシャ語聖書とではまるで内容がちがう―過去・現在・未来の区別がない―天地創造の物語も…いままさに眼前で行われている感じ―矛盾があっても気にしない。まだ結末が確定していない現在の話だから―秋吉輝雄
ユダヤ教はすべてがいまも現在形か 天地創造も過去のことではなく、いまだに終わっていない。「光があった」は「光がある」。神が食べてはいけないと言ったら、いまでも食べてはいけない。
ルターのドイツ語訳の意義 1455ルターがA5版の聖書を作り普及した―プロテスタント信徒増大
日本語訳 1888明治訳=文語訳 口語訳1955 1987新共同訳個人訳―関根正雄、秦剛平、田川建三

5 聖書の文化的影響―文化に限定 新旧含め 西洋の精神文明の基礎etc. 
  絵画・彫刻・建築・音楽・映画・哲学思想・文学 (儀式 歌―祝婚と喪)

6 宗教について 一神教と多神教 イスラム教 人間と宗教 仏教 信仰心 道徳 死と死後 教団 宗教戦争 異端 いまなぜ旧約聖書か 現代のカトリックとイスラム教 IS 


お勧めの書 創世記、出エジプト記、レビ記―食の禁忌、ヨブ記―神の試み 論争(影響 カラマーゾフの兄弟 ファウストなど)、コヘレトの言葉―空の空なるかな、雅歌―恋愛詩、イザヤ書―大予言7-14 乙女の身ごもりと処女懐胎 へりくだりと平和、サムエル記―ダビデとソロモン、ダニエル書―黙示・終末論、ヨナ記―魚に呑まれる話(短い)
(1)創世記
冒頭 「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。」

項目と要約―原初の混沌 光あれ 天地創造 神にかたどり男と女を創造 7日で完成 7日目は安息日 エデンの園を設ける 4つの川 第3がチグリス、第4がユーフラテス 塵で=アダムを創り息を吹き込む 人が独りでいるのはよくない 助けるモノを創ろう 人のあばら骨からを創る 男は父母を離れ、女と結ばれ、2人は一体となる 生き物のうち最も賢い蛇が言う 蛇の誘惑 木の実を食べてはいけないと神は言ったか 言葉巧みに… 2人は目を開け 裸でいると知る いちじくの葉で覆う 恥ずかしさを知る 善悪を知る 蛇は呪われるものに 女に産みの苦しみを 女は男を求め男は女を支配 男は食べ物を得るのに苦しむ エデンの園から追放 カインとアベル―弟殺し アダムの系図―超長寿 ノアの洪水 箱舟 鳩がオリーブの葉を持ち帰る ノアは950歳で死ぬ ノアの子孫 バベルの塔 言葉を混乱させる アブラム(後アブラハム)の召命、ロトと旅立つ エジプト滞在 滅亡前のソドムとゴモラでロトと別れる サライ(後サラ)と女奴隷ハガル ハガルの子イシュマイル 契約と割礼=神との契約 ソドムの滅亡 神がサラに子が生まれるという サラひそかに笑う 笑い問答18 サラの子イサク(笑い)誕生21 イスラエルの子ユダとタマル(夫婦) 神殿娼婦という言葉38 ヤコブ 主と共にいるヨセフ 獄中にいる ファラオの夢を解く エジプトを支配 飢饉 穀物のあるエジプトへ ヤコブの死 ヨセフの死110歳。(「ヨセフとその兄弟」トーマス・マン 旧約聖書のヨセフの物語を大長編に仕立てた作品。『ヤコブ物語』(1933年)『若いヨセフ』(1934年)『エジプトのヨセフ』(1936年)『養う人ヨセフ』(1943年)の4)

(2)出エジプト記 
十戒 20-1主が唯一の神であること 偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止 ) 神の名をみだりに唱えてはならないこと 安息日を守ること を敬うこと 殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ) 姦淫をしてはいけないこと 盗んではいけないこと 偽証してはいけないこと 隣人の家をむさぼってはいけないこと(隣人の妻を欲してはならない 隣人の財産を欲してはならない―カトリック教会) (性的十戒 レビ記18)
(3)コヘレトの言葉
文語訳―ダビデの子 ヱルサレムの王 傳道者の言 傳道者言く 空の空 空の空なる哉 都て空なり 日の下に人の勞して爲ところの諸の動作はその身に何の益かあらん 世は去り世は來る 地は永久に長存(たもつ)なり  日は出で日は入り またその出し處に喘ぎゆくなり 風は南に行き又轉(まわ)りて北にむかひ 旋轉(めぐり)に旋(めぐ)りて行き 風復その旋轉(めぐ)る處にかへる 。 cf.堀田善衛 「創世記と伝道の書」
(4)雅歌
7-1 「君の娘よ なんじの足は靴の中にありて いかに美しきかな 汝の腿はまろらかにして玉のごとく 匠の手にて作りたるが如し 汝の臍は よき酒の欠くることあらざる丸き盃のごとく なんじの腹は積み重ねたる麦の周りを百合の花もて囲めるがごとし…」文語訳

「気高いおとめよ サンダルをはいたあなたの足は美しい ふっくらとしたももは たくみの手に磨かれた彫り物 秘められたところは丸い杯 かぐわしい酒に満ちている 腹は百合に囲まれた小麦の山 乳房は二匹の小鹿 双子のかもしか 首は象牙の塔 目は…」新共同訳
「…お臍はかぐわしい酒を絶えず満たした丸い杯…」秋吉訳
(5)ヨナ記
検索―アミタイの子ヨナに「主の言葉が臨んで」、「立って、あの大きな町ニネヴェに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである。」と言われた。しかし、ニネヴェは当時のイスラエルの敵であったアッシリアの首都であったため、ヨナはこれを拒否。逃げようとして別方向の地中海の彼方のタルシシュへ向かう船にのる。しかし船が嵐に襲われたことからヨナの事情が他の船員の知るところとなり、海に放り込まれる。海はしずまった。ヨナは巨大な魚にのまれて33晩腹の中で祈っていた(1 - 2章)。ヨナは魚に吐き出されて陸地にでるとニネヴェに向かい、「あと40日したらニネヴェは滅びる」と預言した。意外なことに異教徒であるニネヴェの民はそろって改心したため、神は災いを下すのをやめた(3章)。この成り行きに怒ったヨナはニネヴェの成り行きを見極めようとして町の東に小屋を建ててすわっていた。

神が暑さに苦しむヨナのためにとうごまの木を育ててヨナに日陰を作った。ヨナはとうごまを非常に喜んだが、神は翌日にこのとうごまを枯らした。とうごまの木のことで「生きるよりも死ぬ方がましです。」と怒るヨナに対し、神は「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。ましてわたしは12万あまりの、右左をわきまえない人々と、多くの家畜とのいるこの大きな町ニネヴェを、惜しまないでいられようか。」と教える(4章)。
                                    以 上

             TOPへ戻る