16-02-19(2016年 第 8号 )  
◯民芸公演「光の国から 僕らのために―金城哲夫伝」 2/13 紀伊國屋サザンシアター
ウルトラマンを知らないから、全体に、そういうものか、と簡単に片づけて観たにすぎない。芝居関係者のみなさんには済まないような気分。でも、それなりに面白かった。
出ずっぱりの若い主演俳優さんにはお疲れさまと言いたい。女性群の沖縄の踊りはよかった。上手いものだ。役者ともなるといろいろできるようになるもんだと思った。昔の芝居より進行がスムーズで要領よく、うまくさばく。台本に無駄がないのだろう。
オキナワという言葉=台詞が多かった。それが訴えるべきテーマだからやむを得ないが、ちょっと多すぎたかと。
ウルトラマンを知っている人は当時を思い出したりして、もっと楽しめたにちがいない。

戦争には終わりがない。大きな大きな問題だ。戦争はなくならないし、終わらない、となったら、どう生きたらいいんだろう。想像力はなくしたくない。追体験を続けられるのは広く芸術の力によるところが大きいか。小説、絵画、映画を思う。演劇に無知な爺のひと言。

新宿駅南口から少し歩いたが、その変わりよう! 日本国または東京は大企業天国。大会社が儲ける。豊かになる。庶民をほったらかしにする。それにくっついていける人は一緒に喜べるかもしれないが、そうでない人は貧しいまま一生を終えるしかない。大雑把に言うとそうなる。その点は変わらないみたい。

◯由比の会  2/14
雅子ママの25周忌。10人参集。  →
日仏会館のフレンチ・レストラン「レスパス」で。
20数年ぶりに会う人もいて、顔すら分からなかった。齢の取り方がいろいろだからおもしろいのかも。

この会は今回でひと区切りとし、あとは別の女性主体の「大口会」に合流し、同じメンバーで交流を続けることになった。

銀座のバーの常連客とママ一族のつながりという不思議というか妙な集まりだが、法要であっても25年も続くと味が出て、誰とでも話ができ、たのしい。それぞれの個性=魅力が出やすくなるのだろう。

近くの写真美術館へ行った人もいたが、私は翌日も宴会なので失礼した。

◯「つばき会」 2/15 赤坂見附の某所
高校部活の同窓会。8人参集―83才1人、81才1人、82才6人。幼稚園から付き合っている2人は78年間、人生のほとんどを占めると言って笑わせた。私も70年+−1年という付き合い。

鉄板焼きコースを全員が完食し、目の前の板前さんが驚き悦んだ。海老の踊り焼きも、太刀魚の焼き物も、米沢牛のステーキも、その旨かったこと―ほかにもいろいろ出、デザートまで全員ペロリ。
老爺の楽しみはもう、食べることに絞られたと言ってよさそう。もちろん、海外旅行を続ける人もいるし、療養中の人もいるし、それぞれがなんとかやっていると言いながら、全体にもうよろよろしている高齢人。しかし、頭を使っているから―話で分かる―ぼけはいない。みんなボケないタイプ、と見たがどうだろう。女性の出席を慮って時期を変え、来年もやることに決めた。

◯閑話
日本が進む方向のおかしさに多くの人が憂慮している、と思う。世の中がぐいっと曲げられているのがよく見えてきた。まず、情報が危ない。これは大きい。もう始まっている。こんなに簡単に政権寄りにカーヴできるのか、そうなのか、ナーンだ、そんな程度か―ラジオニュースでさえそう思う。テレビはもっと明確だろうと推察。

傍観していてはいけない。余生いくばくもないから「反対」も急がないといけない。やれることを一つでもやるしかない。

国全体を考えるなんて、柄にないが、大きい方向転換だから、動き始めた勢いをいい方向に直す力をつくらないと、曲がったまま進んでしまう。そのほんの一助に…。

おもしろいと言っては語弊があるが、ヘンな流れが袖に触れながら私の歩きより早く進んで行く感覚とでも言おうか。好奇心が出てくる。大事なときだ。

こんな言い方もできそう…旧い勢力あるいは考えの足りない連中が、ぞろぞろ、そしてどんどん、流れに棹さして漕いでいる光景が見えてきた…と。
(流れに)棹させば流されるとはこういうことか。
反戦、反権力という言葉がまた必要になってきた時代か。使いたくない言葉だが。

澪標の意味は身を尽くすことも含むだろう。流れに抗することは角が立つか。周りの世間次第か。デモに行ってみよう。隣りに大学生とか高校生とか…袖触れ合うも他生の縁で。

◯「物語風に読む旧約聖書」 2/18 丸の内朝飯会
1年ぶりのおしゃべり。1500ページの本は厖大すぎてとても1時間やそこらで話せる代物ではない。調べの途中で分かったが、もう引き戻せない。で、ごく大雑把に基礎的なことをしゃべって済ませた。
30部用意したレジュメはなくなった。最年少の2歳の会員・芙実ちゃんを含めると女性メンバーは7名。
ご興味のある方は末尾のリンク先をクリックしてレジュメをみてください。

◯映画「ロイヤルコンセルトへボウオーケストラがやってくる」 2/18 ユーロスペース
楽団というか、楽員の人間味がよく出たクラシック音楽の記録映画。ワールドツアーで訪れたいくつもの都市の公演に合わせ、その土地土地での聴衆とのさまざまな触れ合いを描き出した。
例えば、アルゼンチンの子ども楽団員の天性の身のこなし方・聴く喜びを表わす笑顔、ロシアの老人の過酷な人生―旧ソ連のラーゲリに入れられ、更にはナチの強制収容所に入れられた"生き残り"が「これが私の人生」と言って口を閉ざしたときの表情と、公演を聴いて涙をぬぐう一瞬、都合で公演を聴くことができなかったパン屋さん? に出向いた馴染のバイオリニスト2人がその店内でにわか演奏し、女店主が涙ながらに聴くシーン、南アの黒人バイオリン教師が、往時のアパルトヘイトで白人には教えてもらえなかった思い出など、印象的なエピソードがいろいろある。
マリス・ヤンソンスの練習、本番の指揮も見応え充分。独奏者を迎えたピアノコンチェルトやバイオリン協奏曲、コーラスのあるマーラーの交響曲など。
また、個別楽器奏者の苦労話やユーモラスなエピソード、それら奏者の楽曲解釈の深さなども分からせてくれる。まだまだあるが…。短い映画と感じさせる98分の、地味かもしれないがとてもいい映画。

                                   おわり
    レジュメ「物語風に読む旧約聖書」へ      TOPへ戻る