16-02-12(2016年 第 7号 )  
◯金子兜太からお葉書  2/9
今年もうれしい賀状をいただいた。元気が出た。
氏の1月は「朝日賞」受賞もあり、特別お忙しかったと思われる。しかし、いのち天とひとしく傾かん、とはまたすごい。

受賞の言葉が据わっている。見出しは「『存在者』に徹する」。
「存在者とは『そのまま』で生きている人間。いわば生の人間。率直にものを言う人たち。存在者として魅力のない者はダメだ―」(1/30 朝日)。

東京新聞一面左上の「平和の俳句」の選評も、ひと言であれ、ほとんど毎日。金子兜太の見事なそれを待つ人が多いから欠かせないのだと思う。お忙しいはず。

比べるわけではないが、私も、私としては忙しかったせいか、多分、少しずつでも、溜まった疲れから(自己診断)、9日は午前0時頃から腹具合が悪く、10時からのオペラ映画の途中でもトイレに駆け込んだほど。その日はずっと下痢に悩まされ、夜中もトイレ通い。10日も午前中まで苦しんだが、ようやく収まった(この話題恐縮)。

外出はこのたよりに全部書いているが、4日、5日、6日、8日、9日と出ている。出かけなくても、パソコンにかじりついていると疲れるものである(ホームページ更新 2/5、2/10、2/12)。
これからの予定もある。13日は民芸公演、14日は由比の会、15日は同窓会、18日はスピーチ、25日は大阪でスピーチ。用心が必要。

◯オペラ映画「真珠採り」  2/9  新宿ピカデリー
自慢じゃないが、これもはじめて見る(聴く、もかも)オペラ(しかも映画で)。だが、とてもいいオペラだった。METとしては100年ぶりの公演とか。
ネットで検索すると、私の言いたいところは全部出ていて、加えるものはない。知っている方には噴飯ものだが、あえて書き留めておくと…、

第1幕のテノールのアリア―高音で終わるラストの見事なことは、映画休憩中のインタビューで、インタビュアーが同じことを言っていた(私が同じ感想を持ったの意。なお、毎回のこのインタビューが、見どころ・聴きどころのひとつ)。
男声二重唱もその通り。そのほか、リリックソプラノの歌の数々もよかったし、大合唱の響き、静かな合唱のアピール、主役たちの演技力もよく(男2人は仲良し―インタビューで知った)、ストーリーにも惹き込まれた。全体を夢中で見ていた。

舞台装置も、もちろん演出も。特に水中を上下に泳ぐ真珠採りの姿、水の泡、その色まで、舞台内幕の秘話? にも感心した。
指揮者ジャナンドレア・ノセダのインタビューの答え方もすばらしかった。
他は演出:ペニー・ウールコック、
出演:ディアナ・ダムラウ(レイラ)、マシュー・ポレンザーニ(ナディール)、マリウシュ・クヴィエチェン(ズルガ)その他。

私はいま「オペキチ(狂)」になってもいいくらいの気
でいる。へんなの!?
しかし、似たような人はいるもので、上映前、ロビーで隣り合わせたご婦人は、米子から長距離バスで今朝やってきたという。そうやって全部見ているみたい。その夜からは、たしかブルックナーの交響曲全曲連続演奏のうち、3夜は聴いて帰るとか。杖を曳く彼女はクラシックキチであろうか。
                              おわり
           TOpへ戻る