16-02-10(2016年 第 6号 ) 
◯「丸の内朝飯会」  2/4
上法さんのレポート「世界建築あれこれ デザイン篇・技術篇」。カラー写真いっぱいの、A3版裏表の大判資料だけでも値打ちもの。
それを1点ずつ説明してくれた。建築はデザイン芸術と科学技術の酔を集めた事業と言えるだろう。設計のアイデアはまだまだいくらでも…。それを実現する技術もますます…。おもしろいというか、興味が尽きないテーマ。比べると、クルマはさっぱり変わらないように見える(叱られそうだなぁ)。

下の項に「フォスター+パートナーズ展―都市と建築のイノベーション」のことを書いています。


◯五百羅漢図展 村上隆 森美術館  2/4 森美術館 森タワー53階
丸の内朝飯会の市原さんに招待券をいただき、一緒に見に行った―Mさんと3人。
大規模だった。お金がかかっていた。しかし、私の心身には響かなかった。
「図」の展示会だった。絵画展ではなかった。ポスターの原画展と言ってもいいか。

以前、目黒の羅漢寺へ行ったときを思い出した。あの静謐さが私は好き。連想したのは、羅漢ではないが化野念仏寺の石像。それと三十三間堂の"仏像の森"。どれもが醸し出す静謐さがいい。
    
              目黒の五百羅漢寺
      
         化野の念仏寺            狩野一信の羅漢図 

私は、春樹とちがって、村上隆にはいい印象を持っていないようだ。アメリカ(の好事家?)向きで、私向きではないかららしい。製作のビヘイヴィアが私の好みではない。(大雑把な言い方で失礼します。右と下の画像から想像してください)
私が時代遅れと感じるが、もうどうにもならないだろう。
             My Lonesome CowBoy 
競売会社サザビーズがニューヨークで行ったオークションにて、現代美術家の村上隆氏の制作したフィギュアが1516万ドル(16億円)で落札されました。作品は1998年に制作された「マイ・ロンサム・カウボーイ(My Lonesome CowBoy)」で、高さ254cm。予想落札価格は300万〜400万ドル(3億〜4億円)と考えられていたため、この高値に拍手がわき起こったそうです。これが作品の全体像。裸の青年のフィギュアで、飛んでいる白いものは精液だそうです。検索 2008/5/15 


 miss ko2 こちらの白いものはミルクか

◯森タワーから都心を俯瞰  2/4
展覧会のあと、市原さんご紹介の森美術館・森アーツセンターの役員・西村氏の案内で(以下サービスで)、屋上スカイデッキに上り、360度の展望を愉しんだ。東京湾が丸見え、その向う側も見えるし、あちらこちらの高層ビル群もほぼ直下に見える。細い塔がニョキニョキぎっしりという感じ。
見ていて、何か心配になるから妙な心理。旧約聖書「創世記」にある「バベルの塔」を考えちゃったりして…。

見下ろしたものはいろいろあるが、広尾の高級マンション「ガーデンヒルズ」が目を引いた。
たまたま新聞連載小説にモデルとして、いま登場しているところ。
「…広尾の有栖川公園の近くにある。…高齢者マンションを建てるという計画を立ち上げた時、『都心の一等地に老人ホームが!』と週刊誌が書きたてたものだ」「建ったら建ったで,その豪華さが記事になった」などとある(林真理子「我らがパラダイス」朝日)。
            53階の屋上デッキ→

それから52階の屋内展望フロアからもう一度眺め下ろし、そこで開催中の「フォスター+パートナーズ展―都市と建築のイノベーション」を見た。

上記の通り、その日の朝、丸の内朝飯会で上法さんのレポート「世界建築あれこれ デザイン篇と技術篇」を、沢山の写真を見ながら聴いたばかりだったので、いいタイミング。

建築中のアップルの新社屋の写真は、朝の講義でも、そこでも見ることができた。
また、月面の砂を素材に3Dプリンターで制作する月面住宅にはおどろいたり呆れたり。
◯N響定期演奏会  2/6  NHKホール
ブルックナーの第5番がすばらしかった。ブルックナーを生で聴くのは初めて。指揮・パーヴォ・ヤルヴィ。
特に全楽器がこれでもか、というように鳴り響くラストは圧巻。緊張し興奮し、感動で動けなかったほど。肩が凝った。拍手の勢いがちがった。
もちろん、途中の演奏も充分愉しんだ。独奏ティンパニーの活躍、パート毎の音の艶と輝き、合奏のうねりのような重なり具合etc.

これまではCDやラジオで聴いていて、ときには"退屈"したものだが、それが何番だったかは憶えていない―5番であっても退屈したかどうか―5番でなかったからか―あるいは今回は5番だから退屈しなかったのか―指揮者がヤルヴィだったからか―生だったからか―いずれにしても簡単には書けない。私はその夜、ブルックナーに目が覚めたよう。

もう1曲はマーラーの「亡き子をしのぶ歌」。バリトンはゲルネという人。私にはよさが分からなかった。

◯病院通い  2/5、2/8  稲城市立病院
眼科と内科の定検。眼科はあっさり。緑内障で、右目用の同じ薬を処方された。次回は4月。
8日の内科は、糖尿っけの数値が幾分―医師いわく「ほんのちょっぴり」―下がったが、まだ数値が上限以上なので薬を増やそうかという。あわてて私は、けっこうです、自分でなんとか6.0以下まで下げますからと答えた。(運動と食事で「勝負」!?)

先生は4月から大学に戻るので、近くのクリニックを紹介すると言ってくれた。次回からは家から歩いて5、6分のところへ通うことになりそう。

薬を出してくれた薬剤師は私の数値を聞いて、6台まで下がったのだから、もう大したことない、みたいなことを言った。もともと6台前半だから、ホント、大したことないのである。
                              おわり
            TOPへ戻る