16-02-03(2016年 第 5号 )  
◯丸の内朝飯会   1/28 
入れ歯を忘れて家を出た。戻る時間がない。で、噛めないので、バイキングの朝食もヨーグルトとジュースと水だけ。

毎月最終木曜は「インプット―全員の3分スピーチ」の日。私は、らしからぬスピーチ―朝飯会について、4項目の提案を説明した(プリント配付。略)。検討、討議してもらえるかどうかは…いずれ。

話の枕は「入れ歯を忘れたので発音不明瞭」「食べてないので話に力が入らない…」。
みなさんのいい話を、たっぷり、という感じで聴いた朝。

◯映画「スターウォーズ/フォースの覚醒」  1/28  TOHOシネマズ日劇
銀座に出、ちょっと買物し、京橋の明治屋でヨーグルトとチーズ、マツキヨで水を仕込み、1時から映画を見た。
1/14に見た「007…」と同じように、どんな人が見るのか、野次馬根性で見に行った。大きい映画館に相当な入りだった。目立つ中高年の男女!! 感心してしまった。

シリーズものだが、前作は1本も見ていない。予備知識ゼロ。当然、さっぱり分からなかった。途中で飽きてしまった。私向きの見せ場はないし―最後のほうの男女一対一のチャンバラは長々と日本刀のようなもので切り合うシーン―SFとしてはアンバランスで、荒唐無稽と言ったら褒め過ぎかも(もっとひどい)!? と思った。

ところが、検索してあれやこれや読んでみると、当然ながらちゃんとした筋があり、ああ、そうだったのかと、いくらか見当がついてきた。

また、日本映画「の・ようなもの のようなもの」を紹介したコラムの見出しが「日本の『スター・ウォーズ』のようなもの」とあったので、目が行った(朝日 1/15)。

「『スターウォーズ』シリーズの最新作『フォースの覚醒』は、ルークとレイアとハンが今回も物語の中核を占めている。1977~83年に製作された第1シリーズの主人公たちだ」「(上記日本映画は)…姿を消したルークを、若いヒロインが捜しに行く『スターウォーズ』の物語と偶然にも軌を一にしている。若者が年を取り、次代の若者に未来を託して去っていく。そんな人生の無常を見せられたような気がした」。へーぇ、そうなの?

もう一つ、ジャーナリスト・森健が主張欄で「(自民党改憲案の)『緊急事態条項』で連想されたのが、映画『スター・ウォーズ』の前半3部作だ」とあったので、こちらも、へぇ-と思って読んだ
(見出しは「改憲緊急事態条項 明治憲法と比べても問題」毎日 1/28)。

「…同作では、銀河の"平和維持"のため、銀河共和国の最高議長に『緊急事態条項』のような『非常時大権』という特権を与える。ところが、そこから銀河共和国は戦争に突入。共和国ははじめて軍も保有することになったあげく、最高議長が悪の皇帝に変貌。銀河共和国は銀河帝国へと変わる。もちろんこれは娯楽映画。しかし、ジョージ・ルーカス監督が皮肉で描いたのは非常時大権も帝国化も議員たちの満場一致と喝采の中で行われたことだった」。

そんなことは知らなかった。これがシリーズ7作目で、製作順は、4・5・6・1・2・3。見るとすればその順がいいとのこと(検索)。と言われても、私としては、前作も次作も見たいと思わない類の映画だ。ただ、こんなふうに引用・利用するところをみると(的確とは思えないが)、見た人が多いことは分かる。

◯おしゃべり宴会  1/31
職場の同期と1年上で同年生まれの2人が来宅―つまり、昭和8年の早生まれNさんと遅生まれの私と9年の早生まれYさんの3人―。手土産をいろいろいただいた。
60年来の付き合いだから、いきなり飲み食いが始まり、おおいにおしゃべりした。
ℕさんはアルコールが飲めないのでYさんと私とでビールと酒を少々。注ぎっこなしの自由飲み。食べるものは2人が全部持ってきてくれた。私はそれらをテーブルに並べただけ。

Nさんは旧外国局のとき庶務係にいて、金子兜太(係長)と一緒だった。そのときの話。そして、金子兜太が最近ノーベル賞を受賞した話。

☆金子兜太のノーベル賞
兜太の説明―「正式には下町人間庶民文化賞というのだけど、下町のノーベル賞で通っている。庶民の暮らしと文化、平和と民主主義を守るために貢献した人を庶民が選び顕彰するんです」。
ちばてつやとか吉永小百合らがもらっている市民グループ主催のもので、1986年の創設(「この人に聞きたい 金子兜太」―聞き手・文齋藤愼爾 「てんとう虫」2月号)。

「…ここ数年、金子さんの文化勲章受章が巷間、噂されてきた。例の『アベ政治を許さない』が影響しましたかね」という問いに兜太は「戦後70年で腹を括ってああいう発言をしましたからね。…そんなことで文化勲章をもらうことは絶対にない。笑われるかもしれないけど、可能性があるとすればノーベル賞の方が近いかもしれない。俳句の五七五は世界に冠たる卓越した形式です」。

また「昔の日記が白水社から刊行されると耳にしたんですが…」「そうなんだよ。昔、3年間つけた日記。東京に出てくる前だから、六十年安保闘争の始まる頃だね。担当者が、私の字が下手すぎて困っているみたいだな。」

(私は金子兜太が職場で日記をつけている姿を見ている(拙著小冊子「金子兜太の思い出」参照)。刊行されたら読みたいものである)

3人のおしゃべりは満州「事変」や最近の"台頭中国"などにも行く。2人が帰ったあとだが、たまたま読んだ「小林秀雄の流儀」(山本七平著)の書評に「…1939年8月、小林は日中戦争の新しさを論じていた。宣戦布告なしに中国と大戦争をし、文化工作と資源開発を同時に進める行為など史上誰も経験してこなかったはずだと。…この暗い明察を糧にして小林は戦中を生きたのだろう」(加藤陽子)。これだけでは意味がつかみにくい―意味深長。

私たちの話も満州事変前後のことや日露戦争後の不平等条約改正から、戦後70年のいまも続く日米不平等条約のことに広がった。
ドストエフスキーの話も出たが、小林が書いた「ドス…の生活」には触れず、川端康成のほうへ向かった。話題はなおも次々に変わり、参院選の野党大負けの予想(世論調査で内閣支持51% 2/1 毎日)。保守地盤の堅さと小選挙区制、テレビ的ミーハー族? とマスメディアのだらしなさ、大新聞の2極化、糖尿病etc. 

2人は小飲小食のほうで、私ばかり飲み食いして恥ずかしかったが、3時間半はあっという間。旨いものを食べに旅をしようかという話まで出たが、まぁ、3月もここでやろうということになった(2月は私の都合で延期)。
2人が帰ってすぐ、4時には寝てしまった(12時半に覚め、起きたが、よく眠るもの)。

◯おしゃべり宴会  2/1
前日に続いてのおしゃべり宴会。お昼にHさんが恵方巻と刺身の盛合わせに加え、菜の花のゴマ和え、おから煮、芋の煮っころがしなどを持ってきてくれたので、前日と同じようにそれらを並べただけで早速、飲み食いとおしゃべり。おっと、その前にテーブルに花を飾ってくれたのだった。
おしゃべりと言っても、まずは一方的に、いま私が準備をしている旧約聖書についてのおしゃべりの、あらすじみたいなものを聞いてもらったのだったが。

3時半、Tさんが和菓子やニューヨークMETのブックマークなどを持って、来てくれた。彼は仕事帰りなのでビール1杯だけにするという。で、また私1人で飲むことに…。
彼がかつて滞在したニューヨークの話から、なぜか歌麿、北斎のことなどへ、どんどん果てしなく。

  
 北斎  老人のスケッチ 「老人の滑稽さとあわれさとが追究されている…」フェロノサ  

彼とは2時間半、彼女とは合わせて6時間余りしゃべったことになる。
そして、だからか、なんと、7時には寝てしまった。

☆時間  1/30記
新聞川柳欄に、隣り合ってこんな2句があった。それがよく分からない。
* Eテレに目立つ化粧のおやじ達
 EテレはNHKの教育テレビだろう。真面目な番組に出る「男先生たち」が化粧している、と解釈していいのかな。
* お笑いが出ないチャンネル知りません?
どこに回してもお笑い番組ばかり、ということかな。どんな笑いが流行っているのやら?

地デジとかで、テレビを買い換えなけれはならなくなったとき、私はテレビを見ないことに決めた(2003/12)。もう13年近く経つ。いまでは、それがよかったと思っている。以前の経験から言って、つまらないものでも見てしまうだろうから。いい番組だけを見る、なんてことはできないから。
目を奪われると私は何もできない。せいぜいカウチポテト族で、煎餅でもかじるくらいだろう。のんびりしているというより、怠けていると自分を責めてしまいそう。

テレビを見ない代わりに新聞はていねいに読む。新聞の論調とテレビのそれとはちがうだろう。高浜原発3号機の再稼働について、新聞社説の見出しは「集中立地の危険直視を」(毎日)、「『福島』の教訓が見えぬ」(道新)、「信頼を結べぬままに」(東京)のほか、記事として「原発銀座 急いだ再稼働」(朝日)があった(1/30)。中では東京新聞の社説が一番鋭く、分かりやすい。
テレビ各社に「主張」は期待できないだろう。そもそもテレビ各社に「論調」なんてないんじゃないか、昔から。NHKの自民寄り調以外は。

福島以後最初の再稼働のとき、小出裕章は、たしか「狂っている」と言っていた。事故を考えれば私もそう思う。それが理屈をこねてまかり通っている。議論はすれちがっている。そして、ほかのあれこれも含め、国情が変わった感。言ってしまえば、狂い出したよう…。

時間としては、私はトクした思う。損得という言葉は嫌いだが、芸術鑑賞とか読書の面では―いいモノを見た・いい本を読んだ―トクをしたと言いたい。テレビがなくてよかった…。老い先短い身としては時間が特に貴重。

暮らしの一日の残り時間、家事などの時間を差し引いた残り時間が、いま貴重になっている。
かつて、そう、高校2、3年ころ、時間が惜しくて、やたらに勉強していた時期があった。夕食が済むと直ぐ、学校の勉強と課外の本読みに取りかかった。弟妹の相手などそっちのけ。母も黙認していた。ひと部屋の家だったから、電灯を遅くまで点けていたことで家族の睡眠も妨げていた。オーバーに言えば、周りでは腫れ物に触るような、ピリピリした青春の一時期だったかも。

いまがちょっとそれに似てきたので、おかしいと思っている。もちろん、ぼやーっとしている時間も多いが、何かというとパソコンの前に戻る。コーヒーを飲むのも、間食するときも机。思いつくと、何かの途中でも、メモるためにパソコンの前に来る。全体に心に余裕がない。朝からずっとCDやMDをかけていても、ながら族になっていて、パソコンは開いたまま。

長い期間、大酒飲みとして、だらしなく無駄に生きてきて、何をいまさら、と思う。
いまになって、時間が惜しいもないもんだ…。私もどこかが狂っているにちがいない。

                                おわり
               TOPへ戻る