16-01-27(2016年 第 4号 )   
◯稲城市中央図書館の公園側の雪  2016-1-26      
      
         ほとんど解けたのに、駐車場の上にだけきれいに残っていた

朝から快晴(のち次第に雲が出てきたが)。朝のうち(8時頃から午前中)家の中は暑いので、ベランダに出て体操。顔がほんとにベランダ焼けしたよう。これが東京の冬か…。
それから予約しておいた本を借りに出かけた。
帰途、城南信金に寄って介護保険料の払い込みと以後の自動振替手続き。これで終わりだろう。

☆ご参考まで、ここに「送り状―知り合いにコピーを送るとき添えるもの」を貼り付けておきます。

「引っ越し手続きの一部がまだ尾を引いている。後期高齢者保険の未払いで催告書が来たのは、結局、私の勘違いだったので遅れて払い込んだ。一方で、地方税は過払いで還付金が振り込まれてきた。介護保険料も払い過ぎでその分は還付された。通知書をよく見なかったからだが、払込通知書が来るとすぐ払い込んでしまうという「お上任せ」のせい。言われるままに払い込むと払い過ぎる仕組みになっているらしい。同じ市役所だから、還付金が来た後になって督促や催告が来るのは内部の連絡不十分ではないかと思っていた。ところが縦割りというのか、それぞれ課がちがうので―税金と保険料では種類もちがうので―別々に処理されるわけ。それにしても2度払いさせられ、それを戻されるというのは非効率的だと思うのだが。間もなく転居4か月。2016-1-25 阿部審也

◯清水 慰( やすえ)
2010年8月。惜しい人を亡くしたものである。まったく。いまもって残念。
下の3点は2004年8月に刊行された作品集「おんな」から転載させてもらった。
私はHさんから引っ越し祝いにいただいた絵を持っていて、トイレ出入りの度に見ることにしている―玄関廊下と言うより、トイレのドアの前だから。

忘れられない絵というものがある。銀座の個展ではじめて見て、本人とちょっとおしゃべりしたことがある。以来、何かと思い出すあれこれの作品。言葉にならない、したくないのかも。

存命だったらどのように進化または深化、変化あるいは発展して行ったろう。想像し、そして「待っている」。あの世で見ることにしよう。

  
     仮面            まわり道          木の葉に乗って

☆「過ぎ去ったものへの渇望―シルヴィ・ギエムの最終公演『バイ』」 1/23 毎日

 
引退は残念。ギエムの踊りは、一度は生で見ておきたかった。遅かった。
「ボレロ」が有名だが、この「バイ」もよかったらしい。音楽がベートーヴェン最後のピアノソナタ「第32番」というのもにくい。

ベジャール振付のボレロは映画で見た。何か別物になっていた。
ベジャールも踊りの世界を新しくした振付師―私がいまさら何を…!!  
  

 ネットで検索し、掲載させてもらった。 ボレロ↑                 おわり


              TOPへ戻る